ピクシブ百科事典

愛の戦士

あいのせんし

愛の戦士とはニコニコ動画やYouTubeで活動する男性実況プレイヤー兼、生放送主である(この記事は一部ニコニコ大百科から引用)。
目次[非表示]

曖昧さ回避

もしかして蒼沼キリハ
もしかしなくても愛の戦士レインボーマン

概要

愛の戦士とはニコニコ動画YouTubeで活動する男性実況プレイヤー兼、生放送主である。
2012年8月24日に実況者デビュー。

特徴

煽り実況に定評がある。散々煽り倒した後に酷い目にあったり負けそうになって謝り倒したり卑屈な態度を取ったりするまでが定番の流れで、一種の芸風である。
ダークソウルスプラトゥーンマリオカート8などのゲーム実況のほかに、シルバニアファミリーで遊ぶ様子や料理動画やカードゲームの対戦風景といった実写作品も多数投稿するなど異色の実況者である。

マリオカート8の実況で自ら課した賭けに負けた結果、好きでも無いドンキーコングの使用を強制される羽目になり(本人はロゼッタ好き)、自棄糞で「愛のゴリラ」と名乗って以降、一部のファンや他実況者からゴリラ呼ばわりされている。
略称「愛ゴリ」。「愛戦」と言われた事は無い。元々「愛の戦士」という名が人名として呼び難い事もあって、他の動画配信者から話題にされる際は余り絡んだ事の無い人からも「愛ゴリ」呼びされる事がよくあり、大体それで通じている。
当人も最初はネタで「ゴリラとのシンクロ率」とか「ふたりはゴリキュア」とかやっていたが、ドンキーコング愛好家との親交を深める事でゴリラ愛を強めていき、現在では自身の属性の一つと認めている。……のかもしれない。

テンションが高いが決して他人を陥れたり、一線を踏み越えたりといった行為は絶対にしなかったために、実況者としては息の長い活動を行っている。共演する実況者も当然煽るのだが、あくまでも芸風による表向きの話できちんと空気を読んで対応しており、相手に対するリスペクトを忘れずさりげないフォローを入れたりもしているなど根の優しさが時折見え隠れしている。

実況中に多様なキャラの声真似をする事がある(似てない、似せる気が無いなどとよく言われている)が、ハム太郎の声真似をする際はやたらと腹黒いキャラ付けをする傾向がある。「隻狼」プレイ後はフロムゲーでは珍しく主人公も日本語でよく喋るゲームであった為印象が強かったのか、各キャラの名言や作中に出てくる「忍の掟」等をよくネタにしている。

本当の意味で面白い実況者としては最後の砦であり、実況文化の末期の象徴と希望でもある。

ちなみに自身のリスナーを啓蒙度で選別しており、自身の啓蒙高いトークについてこれないキッズはいらないとまで言い切っている。

成人男性(23)がシルバニアファミリーを開封してみた

利きバナナができる。台湾産のバナナが好き。

この動画で、ゲーム実況者であるうばまろと親戚であることを報告した。
実は親戚だった二人がドンキーコングリターンズを実況プレイ part1

エクゾディア


『エクゾディアデッキ』
それはポケモンカードと遊戯王カードを組み合わせた全く新しいデッキである!

所謂「ドローカード」「サーチカード」系のカードや能力が多いポケモンカードの特性を利用して、手元に揃えれば問答無用で勝利が確定する「封印されしエクゾディア」のパーツ5枚をドローして勝利するという愛の戦士以外に誰も思いつかなかったデッキコンセプト。
幾つかバリエーションがある。
その威力は絶大で、毎回試し打ちの相手にされた被験者は他の人との対戦でもデッキの要であるメタグロスGXやエルフーンGX(及びそれらの進化前)を見ると「封印されしエクゾディア」を警戒するようになるほどのトラウマを植えつけられた……らしい。

TCGは遊戯王やバトスピやデュエマなどをやっていたらしく、高火力で相手を薙ぎ倒す浪漫デッキを好む傾向があるものの、手の込んだコンボデッキを組んで使いこなすデッキ構築力やプレイスキルも少なからず持っており、舐めてかかってきた相手を返り討ちにする事もある。

ポケカではエルフーンGXがお気に入り。「好きなカード(≠好きなポケモンカード)を5枚までデッキから引ける」エクゾディアデッキ御用達のGX技・付けたエネルギー分火力ブースト出来る「エナジーブロー」・どれほどの高火力だろうが弱点を突かれようが、コイントスで二分の一の確率で全て無効化する運ゲーを強いる特性「ふわふわコットン」など、愛の戦士好みの要素がふんだんに詰まっている性能ゆえだと思われる。ただ、本人はエルフーンが登場した第5世代から第7世代までのゲームはプレイしておらず、ソードプレイ中に初めてエルフーンを手持ちに加えている(その際、名前を「エクゾディア」にしており、「にほんばれ」「ソーラービーム」を搭載して手間はかかるものの本来制限がかかる高威力技を連射する型に仕上げている)。
あまりにもズルをする愛の戦士に対抗するためとりっぴぃがナーフしたエクゾディアのオリジナルポケカを仕掛けたりする。「ポケカで遊戯王使うよりマシだろ!」

所謂ガチ勢的な動画は配信していないが、地味にデュエマやポケカの公式番組にゲストとして出演依頼をされて応じた実績がある。

開封デスマッチ

「助けて、愛の戦士さーん!」
「愛の戦士君!助けたければ開封デスマッチでレアを当てるがいい!」
リカの命を懸けた開封デスマッチの幕が今開ける!

一言でいえば『愛の戦士版サイコパストイストーリーシルバニアの動画を極めた境地である。
リカちゃん人形を使った一人寸劇付きTCGパック開封動画なのだが、常人はおろか奇人でも思いつかない様なあるまじき開封動画。
具体的な流れと設定を順を追って説明すると、

  • 愛の戦士の愛人リカが何者かの手によって囚われの身になる(ボーイフレンドのハルト君もとらわれることもある)
  • さらった犯人は大抵リカの父親、香山ピエール(ヤべー奴)が現れる。
  • リカ(ハルト)を返せ→返してほしければ開封デスマッチで勝負だ!(大抵はポケカか遊戯王である)
  • レアの数や目的のカードで勝敗を決め、一人二役で交互に開封開始。
  • 負けたほうはにはねられたり、扇風機に回されたり、カビの粉に付けられる等の罰ゲームを受ける。

という進行。大の大人がリカちゃん人形でデスマッチ寸劇している時点でヤバイと思う。ちなみに愛の戦士にはお咎め罰ゲームが無かったり、すごいレアが出て素が出たり、自分で罰を与えたリカを愛の戦士自ら悲しむ等、ツッコミどころ満載。次の回ではちゃんと手入れがしてあり、人形を傷つけるようなことはないためある程度は健全だったりする。
本人もまともな企画ではない事は承知しており再生数の伸び等は気にしていないと言っているが、よく訓練されたリスナーにはこれでも刺激が足りないらしく、生放送のコメントで新作の催促をされた際には流石の愛の戦士も若干引いていた
最近は対人戦もしている。
そもそもリスナーの多くがリカちゃん人形に触れる機会など無く、父・ピエールやボーイフレンド・ハルトの設定を知らない為、「こういうキャラ」だと刷り込まれてしまう二次被害・風評被害も起きてしまっている・・・例も見られる。

ちなみにデスマッチ動画以外の愛の戦士はリカと一緒に旅行したり、本物の美容師にヘアカットさせたりと、本物の恋人のように振舞っている……ようにみえる実写動画も投稿している。まあ他にも愛人がいたりするが。

愉快な仲間たち


とり之内君:メジャー作品の実況プレイを多数配信する一方でマイナーなインディーゲームやアナログゲームのプレイ動画も多数配信する一風変わったゲーム実況者。
いじわるなデッキを組んでは愛の戦士をサンドバッグ代わりに苛めていたが、エルフーンとポリゴンZのツープラトン技を編み出した愛の戦士に敗北してポケカが出来ない身体にされた事で改心し、以降はインチキデッキやイカサマデュエルのサンドバッグ役を快く引き受けてくれる親友になった。「封印されしエクゾディア」がトラウマ。
自身の配信動画では「とりっぴぃ」という偽名を使っている。
混ぜメン・神殿花鳥の同志。

チオ之内君:地域最強デュエリスト。ボス。タラチオ様。ゲーム実況者……ではなく、独特な個性を持つ実力派歌い手。なまじ常識人なので一般常識にさよならバイバイしている愛の戦士やとりっぴぃからよくいじられる。
TCG全般の実力が高く、愛の戦士が仕掛けるインチキデッキやイカサマデュエルを常識や実力で叩きのめし企画倒れにする天敵。調子に乗りすぎてやられる事もあるが。
自身の配信動画では「タラチオ」という芸名で活動している。
混ぜメンの同志。

所属組織


混ぜるな危険人狼メンバー:他実況者との絡み実況がしたかった発起人の先端恐怖症に「絡んでみたい人」として声をかけられ加入した。詳細は混ぜメン参照。

神殿花鳥:「神」愛の戦士・「殿」はんじょう・「花」なな湖・「鳥」とりっぴぃの四人グループ。はんじょう以外は混ぜメンツでもある。

二神:正確には「マリカ二神」。互いの実力を「神」と讃えあった愛の戦士ととりっぴぃが名乗った称号。それを見ていたB!KZOに煽られて受けたレースでは揃って惨敗した。後に3人で組んだ際には「三神」を名乗っており、ニコ動出身のマリカガチ勢にはネタ的に扱われている。ちなみに3人で組んだ場合ガチ勢のB!KZOは元よりなんだかんだと言って4~7位辺りに食い込んでくる他の二人の活躍もあって、チーム得点では安定した成績を残すなど意外とあなどれない実力を持っている。チーム内での仲間割れを起こし、他メンバーの配信動画に文句コメントを残すなど撮れ高も抜かりない。

外部リンク

関連記事

親記事

実況者 じっきょうしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「愛の戦士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145570

コメント