ピクシブ百科事典

らっだぁ

らっだぁ

らっだぁとは、……誰だっけ?
目次[非表示]

概要

ニコニコ動画YouTube、Twichで活動している実況者(笑)。リスナーからは、「臭い」「無能」「青いゴミ」などと言われたり、さらには「らっだぁって誰?」等と基本弄られている。
実写でも、死んだ顔がネタとして使われている。
またエンディングを募集すると変なものが送りつけられることでも有名。
2018/09/23に『ちゃんね・ら<』にて、以前から同居していた彼女と結婚したと結婚報告の放送が行われた。末永く爆発しろ。
活動は今後もこれまでと変わらず続けると宣言する。
なお、前日YouTube配信にて奥さんの突然の体調不良で配信を途中終了し病院に行ったが、パパにはなっていないとのこと。
性格面では、「アスレ生主たる者、一番デカい壁を乗りこえてこそ」と言った後には難易度”normal”を選択していたり、リスナーやコラボ相手を盾にする、青鬼ごっこにて自分が4ぬと長い言い訳をする青逃でコラボ相手に鬼を誘導する等が目立つ。(最初はきょーさんに誘導しようとしていたが、たまたま近くにいた○○の主役は我々だ!のゾムが犠牲になった。)
また、物凄い飽き性である。
さらに、TheForestの実況ではサイコパスになる。
足だけもぎ取った死体を集めよういつか原住民の頭だけ干したいといった発言や、ご飯ご飯と言いながら殺した原住民の死体を担いでいく、陸に上がってきたウミガメの群れにダイナマイトを投げ込んで木端微塵にする串刺しになっている原住民に息の根があると判ると止めを刺す等の行動から。

forestシリーズが終わった後のGMODでも、大型の物体を薙ぎ払ったり叩きつけたりしてきょーさん、緑君、レウさんを攻撃したり、緑君に突然銃を連射したり、きょーさんを乗り物ごと地面に叩きつけるなど相変わらずである。
ただ、やっている企画の殆どがマルチ企画であるのと、コラボも時々することから、人脈はそこそこ広い。主なコラボ相手は、Z○○の主役は我々だ!ミナミノツドイなど。一回以上コラボした者はかなり多く、
あのM.S.SProjectともコラボしたことも。


動画、放送内容

主にマインクラフトで青鬼を元にしたゲーム「青鬼inMinecraft」をリスナーと共に行っている。
なお、青脱と青逃以外は、死ぬとロビーにリスポーンし、アスレチックをクリアすることで復活できる。また、殆どのゲームで走るためのスタミナを回復できるように焼き豚がチェストに入っている。(常にスタミナMAXの青逃は除く)

ゲームの種類

青鬼ごっこ:ver3.0の館で、テレポートする青鬼(走れない。パンチを食らうと即死)から逃げつつ脱出する。

青脱:ver5.0の館で、青鬼軍団(青鬼の姿をしたモンスター)をドロップするアイテムやチェストのアイテムを駆使して倒しながら脱出する。数の勝負。

「青隠」:ver6.23とver3.0の館で、隠れ玉(透明、無敵、鈍足などの効果がつく。)というアイテムを使ってフワッティー(走ることができる。青鬼ごっこの青鬼よりもテレポートの自由度は高い。)、通常の青鬼から逃れながら脱出する。ver3.0の館では、フワッティーは現れない。ver6.23では、普通鬼が時間経過でどんどん増えていく他、アスレをクリアしても青鬼復活となる場合もある。
ver3.0では、館の全てのチェストを開けると鍵が手に入るという仕様のため、最初から5階と地下室は解放されている。鬼は二匹。

「青糸」:ver6.23の館で、二匹のフワッティーから逃げつつ同じアイテムを持ったプレイヤーと共に脱出する。フワッティーも参加者を倒してアイテムを奪えるため、前までは鬼と一緒に脱出することもできた。

「青箱」:ver6.23の館で、コンパスで指定の部屋へ行き青鬼から逃れる。条件を満たせば鬼はどんどん増えていき、終盤にはフワッティーも投入される。

「青鬼ごっこ2」:青鬼2の学校でフワッティーから逃れつつ脱出する。鬼は青隠ver6.23と同じくアスレクリアや時間経過でも増える。

「青逃」:青鬼オンラインのオマージュ企画で、チェストで得られる特殊能力を駆使し、鬼(ゾンビを強化したもの)から逃げ、狭くなる逃走可能範囲内で最後の一人になるのを目指す。

「豆鬼」:節分の日限定企画。ひろしは豆(雪玉)を投げて鬼を倒せれば勝ち、逆に鬼は脱出すれば勝ちというもの。

等のゲームを開催している。


他のマイクラ企画

自己中クラフト:らっだぁから一定の距離を置くと死亡、即BAN、残った者にダメージといった理不尽な環境で、お題の達成を目指す企画。

増え鬼:配布ワールドや自分の生活鯖内で隠れ玉(これは透明だけ)を使い、増える鬼から逃げる。残り時間180秒で、鬼は近くに何人逃走者がいるのかが分かる。アスレ力が試されるステージになることも。

建築コンペ:30人が一つのお題を時間内に建築し、建築後、気に入った建築に投票して
一番票が多かった者の勝ちといったシンプルな企画。

RADAKE:きょーさん作のアスレワールドで行うアスレチック大会。faststage、secondstage、finalstageの3つがあり、fastから順に、クリアした者だけが次のステージに進むことができる。

「Biome relay」:昔はリレー形式だったアスレ大会。各バイオームを模したアスレチックとらっだぁ運営を模したアスレを攻略し、ラストのエリトラをクリアするまでのタイムを競い合う。現在は個人戦。年始にやる福男レースでもマップは使われている。

ちなみにアスレ大会では基本カメラマンをしている。(殆ど参加しない)
さらに、チャンネル会員は、生活鯖へ入ることができる。チャンネル会員は、らっだぁを社長として「ら民」という組織を結成している。

なにもしないんクラフト:らっだぁが生活鯖を飛び回ったりしながら雑談する。

それ以外にも、ら民内のリスナー主導企画(スキンコンテストや、夏祭り等)も放送する。
リスナー主導企画については、リスナーの企画で再生数を稼いでいるという意見もあるが、
「いい企画だからこそ、それを皆に伝えたくて放送している」とのこと。

マイクラ以外

青鬼:青鬼2016、2、3をプレイ。プレイヤー名は緑君のあだ名の一つであるミドリクソである。

スマブラ:スマブラX時代から愛用しているロボット一筋。
小学生の時、カールフレンドをボコしすぎて関係が自然消滅したらしい。1on1では二本先取で勝利というルールでやっているが、本人も無視して勝ち逃げすることもある。集中しすぎると黙ったりコメントを読まなくなるが、普通にやってる時だったらある程度コメントを読む。

GTA5:よく日常市民に暴力を振るっていたため、公式のTwichからあだ名をつけられた。
最近は日常市民に暴力は振るわず、自分のパーソナルカラーである青色のバイクで走り回ったりしている。きょーさんに喧嘩を吹っかけた際は、基本一瞬でボコボコにされる。

DeadbyDaylight:ハントレスで、本人も驚くようなスーパープレイを見せることがある。(山なりに斧を投擲したら命中した等)だが、リスナーからはハントレスとロボットの方が青鬼ごっこやアスレよりも上手いと煽られることも。

Human fall flat:スキンは肌が青く、らっだぁコスを着た人。黄色いマダムのきょーさん、宇宙飛行士の緑色、お馴染みのスキンのレウクラ、サイコパスのこんちゃんと攻略していく。

アンチャーテッド1:ネイトがよく落下死するため、「腕はゴリラで足は赤ちゃん」とネタにされていた。たまにグレネードを近くに投げて自滅する。

PUBG:最近はぐちつぼとタッグを組むことが多い。女性スキンだが、ズボンは穿かない。

TheForest:上記の通り、非常にヤバい行動、発言が多い。戦闘では弓矢でヘッドショットを狙う。

GMOD:スキンは二足歩行のウサギ。安定のサイコパス。レウさんに先手を取られたがFPS力で勝っているためらっだぁが勝つといった珍妙な結果になることも。



語録

らっだぁの配信中に見受けられるコメントや、らっだぁ自身が言ったものを指す。本記事ではよく使われるものと分かりにくいものの一部を解説。

まかセロリ(まかセロリ状態):らっだぁが「俺に任せろ」という意味で使う。さらに、進化形、上位互換で、「まかセロリ状態よりも任せろというのが2段階上」(本人談)の「スーパーまかセロリ状態」もある。
スーパーまかセロリ状態は、最近は「speed battle」という専用BGMが流れるようになった。

たすけろり:助けろに意味不明な言葉『けろり』をつけた語呂は良いが意味不明なワード。

つぶあん/こしあん:らっだぁが「あんこ!(驚)」と叫んだ時のリスナーの返答。つぶあん、こしあんが主流だが、稀にずんだあん、中村アン、あんあん、アン・ブーリンなどと言う者もいる。

呼んだ?:らっだぁが放送中に「アンチ!(驚)」と叫んだ時に返されるリスナーの返答。
この中の何割が本物のらっだぁアンチなのかは不明。

あくしろ天満宮:あくしろ(早くしろ)に天満宮をかけ合わせ、語呂を良くしたパワーワードである。

脱しろ証券取引所:青脱しろに証券取引所をかけ合わせ、語呂を良くしたパワーワードである。

ワロタンタンバリン:主に笑うという意味を持ち、語呂が良いためにパワーワードとして使われている。

:本来はイビツと読むが、らっだぁの放送では縦読みで不正と読む。

○○ってぶっちゃけ言うやろ?=言わない:らっだぁが発言することは、
皆にとって非常識であることを表している。

なんなんなんなん?:主にらっだぁがキレている場合に使う。ほんまなんなん?の進化形である。

言い訳マンション構築中:らっだぁが長い言い訳をしている際にリスナーが発言する。派生形として言い訳タワーマンション建築中等がある。

5ね:4ね(死ね)の隠語。

あっちそっちこっちぼっち:らっだぁが生活鯖放送等でリスナーに場所を尋ねると、リスナーは適当に「あっち」などと発言する。そこからあっち→そっち→こっちとなり、最終的に「ぼっち」に繋がることでできる一連である。

お前が穀した:らっだぁの行いによって、リスナー、コラボ相手を結果的に穀してしまった(盾にする、らっだぁが行けと命令した結果敵にやられてしまった、見殺しにした等)際に、リスナーが発言する言葉である。ちなみに穀すというのは殺すの隠語である。

歩く暴力犯罪:らっだぁが昔GTA5にて、理由も無く一般市民に暴力を振るっていたため、
公式のTwichからつけられたあだ名である。

お前ほんまそういうとこやぞ:らっだぁが善くないことをした際に(存在自体善くないが)リスナーから発言される言葉である。

デスカメラ:らっだぁが見物している際にリスナーが4んだ際に使われる。基本は青鬼ごっこでらっだぁが観ていたプレイヤーが青鬼に穀されたときに出るが、アスレ大会などでらっだぁが観ていたプレイヤーが失敗した際にも出る。
ちなみに青鬼ごっこの復活アスレがクリアできない際や、らっだぁがそもそも参加しない企画では基本見物している。らっだぁは復活アスレを6年やってるが、安定してクリアできない。

ビックリーロックリー:らっだぁがびっくりした際にふいに出た言葉である。また、うっかりミスをした際には、うっかりーロックリーと出る。

今更タウン:主にリスナーが今更かよという意味で用いる。ポケットモンスターファイアーレッドorリーフグリーンで出てくる町マサラタウンに、「今更かよ」という言葉をかけ合わせ、今更タウンという言葉ができた。

うますぎワロタンヌ2世:らっだぁ進出用語のはずなのだが、らっだぁ自身いつ言ったか憶えておらず、リスナーも憶えているのは少数派で、憶えている者も1回だけ使ってた気がしなくもないという感じだったり、どの放送で使ったかは憶えていないという謎のワード。

レウクラウド現象:元はキャラスキンや人外スキンだった人たちが少しずつ人間スキンへと擬人化していく現象。スキンで女子受けを狙っていた運営のレウクラウドが原点のためそう呼ばれるようになった。

20%/20:らっだぁがマインクラフトの放送内にて自身のスキンの顔を画面いっぱい映した際返されるコメント。以前Youtubeの動画にて視聴維持率を確認したところ、前述と同じ条件下で維持率が20%下がっていたことから。

40:らっだぁがくしゃみをした瞬間、Youtube liveの視聴者維持率が約40%下がったのが始まり。
20%/20の進化形である。

妖怪ネタ潰し:らっだぁが緑色の仕込んだネタを潰した(アスレのゴールにネタを仕込んだがそもそもクリアできない、何らかの行動でネタに引っかかるのを回避してしまった、スルーした、驚かなかったなど。)際にリスナーが発言する。

ドヤ顔マウンテン:らっだぁが対象にドヤ顔をかます際に使われる語呂の良いパワーワード。

・はい:らっだぁが4んだ時等にリスナーが発言する。らっだぁを煽る際に使う。

手のひらドリル:リスナーがらっだぁやゲーム内のキャラに手のひらを返すような態度をとられた際に発言する。手の平返しを極めた者の末路である。派生形に手のひらスクリュードライバーがある。

お前んちの冷蔵庫に入りに行くからな:らっだぁが憤りを覚えた際、あまりの苛立ちに相手の冷蔵庫へ入りに行こうと、自分の汚さを利用して怒りをぶつけるなかなか自虐的な言葉である。

えへ穀:らっだぁがミスをして「えへへ」と発言した際に、
「えへへじゃねぇ穀すぞ」を略してリスナーが発言する言葉である。

情けなく撒き散らせ:らっだぁが放送中にトイレに行きたくなった際に鬼畜リスナーが発言する。鬼畜。

ボトル:らっだぁが放送中にトイレに行きたくなった際にボトルで用をたせと鬼畜リスナーが発言する。情けなく撒き散らせとほぼ同じタイミングで出てくる。

魚「ありがとう…」:らっだぁが善い行いをした際にリスナーから発言される。元ネタは桃色の家からの脱出#2。言葉だけ見ても訳がわからないように汎用性は低い。しかし、いろいろ亜種が生まれたりするので、一定の支持を得ている。

you know:らっだぁやリスナーが有能なことをした人に対して発言する。I knowに繋げることもできる。

^1^ ^2^:らっだぁがアスレでミスった回数を数える際に使われる。

BAN/BIN/BEN:配信中にR-18的内容を扱った際、運営からBANされるのをネタにしてらっだぁが下ネタを発言した際返される。その中でも男性器に関することならBINかTIN。排泄物に関することはBENと返される。その他、BOINやS⚪X、FAX、SAXなどが存在する。リスナー発祥のネタということもあり、根強い人気がある。

PEN/WAN:上のBAN/BEN/BINの派生(?)らっだぁが放送中に、「インク!(驚)」と叫んだ時にはPEN、「わんこ!(驚)」と叫んだ時にはWANと返される。

ミュート:らっだぁが突然加工無しに歌うと不快なため、
リスナーははっきりミュートにしたことを示すためにこれを返す。

こy:配信中に怖いシーンがあった時に使われる。

きm:らっだぁがきもい発言をした時に使われる。

は?:らっだぁがリスナーが不快に思うようなことを言った際、約5割くらいは「は?」と返ってくる。
キレ気味な時にリスナーはよくこの単語を使う。

○○でも出来ます:青鬼ごっこに参加出来る機種を答える時に使われる。
ここに書くもの全て参加出来ないものです。真に受けないように。スマホ、タブレット、キーボードのみ、マウスのみ、PCディスプレイのみ、ワンダースワン、リモコン、ゲームギア、エアコン、掃除機、USB、コンセント、ワープロ、洗濯機、switch、たまごっち、車、PS4、Wii U、セガサターン、ドリームキャスト、ファミコン、電卓、イヤホン、果ては乾電池のみまである。

関連タグ

実況者 実況プレイヤー

関連リンク

Youtube

ニコニコ

ニコニコチャンネル(ちゃんね・ら<)

ニコニコミュニティ

Twitter

Twitch

らっだぁ検定

LINEスタンプ

LINE着せ替え

pixivに投稿された作品 pixivで「らっだぁ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 440917

コメント