ピクシブ百科事典

戦乙女(シグルリ)

いくさおとめ

アニメ『戦翼のシグルドリーヴァ』に登場する乙女たちのこと。
目次[非表示]

概要

アニメ『戦翼のシグルドリーヴァ』に登場する乙女たちのこと。

突如地球に出現した侵略者「ピラー」を迎え撃つため、「主神・オーディン」により力を授けられた乙女たちのことを言い、「いくさおとめ」と読む。別名「ワルキューレ」とも。
同じくオーディンが人類に与えたものとして戦乙女たちが登場して戦う「英霊機」と呼ばれる戦闘機がある。

ピラーには通常兵器による攻撃は効かないため、直接的に攻撃を与えることができるのはワルキューレだけである。
通常武装の部隊でも、ピラーが活動限界を迎えるまで遅滞戦闘を行う、またピラーの同士討ちを誘発することによって進行を阻むことは可能。ただし、前者の場合は多くの犠牲が、後者の場合は非常に高い操縦技術が必要となる。

戦乙女は「ファースト」「セカンド」「サード」に分類されるが、サード以降にも選り抜きの適性を持った精鋭の戦乙女が育成されている。

ファースト・ワルキューレと呼ばれる戦乙女は世界に唯一、オーディンに選ばれた「エイミー」のみであり、ピラーになす術のなかった人類のな戦大きな戦力となった。
オーディンとエイミーの出現を受けて軍隊内から選ばれたのがセカンド・ワルキューレである。元々軍に入っていた者の中で適正がある者が選ばれているため、軍人としての教育はなされているが、ワルキューレとしての適性はファースト、サードに大きく劣る。
そして戦力の不足を補うため急遽速成教育を中断して実戦に投入されたのがサード・ワルキューレである。彼女たちのワルキューレとしての高い適性、実力はピラーに苦戦する人類にとって非常に重要なものとなった。

戦乙女がピラーと戦うなか、さらに強力な戦乙女の捜索・育成が行われた。その実力はセカンドはおろかサード・ワルキューレをも凌駕するほどであり、かのファースト・ワルキューレにも届くほどと評されている。

英霊機

実在する航空機を模した「対ピラー戦用兵器」。それぞれに記章が描かれている。


  • フューリー Mk.Ⅰ
  • スピットファイア Mk.Ⅸ
  • ランカスター Mk.ⅠS
  • He219A-7

関連タグ

戦翼のシグルドリーヴァ
クラウディア・ブラフォード 六車・宮古 渡来・園香 駒込・アズズ

関連記事

親記事

戦翼のシグルドリーヴァ せんよくのしぐるどりーゔぁ

子記事

兄弟記事

コメント