ピクシブ百科事典

最終決戦奥義・無式

さいしゅうけっせんおうぎむしき

草薙京の超必殺技。別名『三神技の壱(三神技之壱)』※画像はイメージです
目次[非表示]

「ハアッ、ハアッ… 出来たみたいだな…。見たか、親父!」

概要

KOFシリーズに登場する草薙京超必殺技
京の祖先が、いずれ復活するだろうオロチとの最終決戦に向けて、三種の神器が揃わない事を想定し開発された秘技。

コントロールの難しい技で、京は過去に一度だけ無式を試みたが習得できなかった。
96大会前の野試合で、ゲーニッツに大敗を喫した(裏百八式・大蛇薙も通用しなかった)京は己の慢心を思い知り、再び無式を試みる。再修行の末、遂に無式を体得した。

無式は「三神技の壱」とされ、KOF97では「三神技は全て草薙流が持つ技である」と語られている。
神技は表の式、裏の式、外式とは別の次元の技である。

ネスツ編以降

オロチとの決戦直後、京はネスツに拉致されてしまう。
クローン実験等の影響から、一時的に全力でが出せず、無式は使えなくなっている。
以降アッシュ編まで使用していない。

アッシュ編ではちづるが、「三神技之弐」「三神技之参」と、それぞれに三神技の名を冠した技を使用。
このため、オロチ編での「三神技は全て草薙流の持つ技」という設定が変更されたのか?また別の技なのか?と、一部で議論になった。この辺は公式の詳細な言及がされていないため曖昧になっている。
「三神技之弐」は’97三種の神器チームEDで庵が暴走しながらもおそらく無意識の内に使った技なので、オロチ決戦後に庵が三神技として完成させたものと受け取れる(となると「三神技之参」も同様の経緯と思われる)。

最終決戦秘奥義・十拳

KOF13では「最終決戦秘奥義・十拳」という技が登場した。
十拳についても設定の言及がないため、技の詳しい詳細は現時点で不明である。(三種の神器のエンディングにて、草薙京がオロチに放った技に似ている。)


その他

  • ストーリー的にはKOF96の時点でしているものの、ゲーム上では制作の都合上、(開発中の技としてデータには有る)となっており、KOF97より正式実装された。そのため、’96では庵の裏百八式・八酒杯による援護の後に、無式を使わずに大蛇薙でゲーニッツを倒してしまったのはここだけの話である。
  • クローン人間という設定の草薙京-2が『無式』という名称で使用、またKUSANAGIは「最終決戦奥義・零式」という類似の技を使用する。
  • ゼロ・キャノンに無式のデータが使われている。
  • コマンドは236236パンチ、巨大な火柱を吹き上げた後、自身は火柱の中を通り抜け炎を身に纏い、拳による乱舞を繰り出す技。
    • 隠し要素として、通常版ヒット時にボタン連打をすると最後に「歴史が違うんだよ…!!」と、特殊な挑発をする。
    • 一方、「これが草薙の拳(こぶし)だ!!」 と熱いセリフも飛び出すのだが、いかんせん当時の音声環境とゲーセン特有の騒がしさも手伝って、「草薙の拳」がウナギの拳」という変な空耳ネタを生んでしまう。
      • その煽りなのか、「へへっ、燃えたろ?」の勝利ボイスも「燃え太郎」やら「萌え太郎」だのと芋づる式ネタにされてしまった。


関連タグ

奥義 三種の神器 KOF 草薙京
オロチ編 オロチ(KOF) 草薙柴舟

pixivに投稿された作品 pixivで「最終決戦奥義・無式」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100

コメント