ピクシブ百科事典

月亭可朝

つきていかちょう

大ヒット曲『嘆きのボイン』でも知られる上方落語家で漫談家(1938年 - 2018年)。

人物

1938年3月10日生まれ。神奈川県横浜市出身で兵庫県西宮市在住だった。本名は鈴木傑(すずき まさる)。
1958年に三代目林家染丸に入門し、「林家染奴」の高座名を頂くが女性問題で破門され、直後に三代目桂米朝に拾われて「二代目桂小米朝」となる。
米朝の二番弟子である(時に腹話術師の斎田憲志(後の三代目桂米紫)が米朝に入門を交渉していたが、米朝は斎田に「これまでの師匠方に挨拶をしてから来るように」と命じた。この間に可朝を預かった形となるが、これが「米朝の一番弟子」がどちらかの議論を生んだ。米朝の紫綬褒章受章に際する祝いの席で米紫が一番弟子となったが、可朝はそれでも「ホンマはわしが一番やねん」と言っていたようだ。)。
なお、可朝が多くの米朝一門と異なり長く吉本興業に籍を置き、弟子ら月亭一門が吉本に今も在籍する理由は何も他の米朝一門からハブられているわけではなく、当初三代目染丸(染丸一門も吉本所属)門下だったことに起因する。
その後1967年に「月亭可朝」を襲名する。これは吉本の林正之助会長が「うちの所属芸人に小のつく名前がついてるのが気に入らない」という理由から。後の五代目桂文枝である当時の三代目桂小文枝は「文枝を名乗るものが今はいないから」とこの時は固辞するが、桂小春団治が「二代目露の五郎」を、小米朝が可朝を襲名したという流れである。
襲名後は落語よりも漫談に力を入れて放送業界に進出。1969年にカンカン帽姿で歌った『嘆きのボイン』が大ヒット。氏の代名詞となった。

直弟子に月亭八方らがいる。孫弟子(全て八方の弟子)に月亭八光(八方の長男)や月亭方正山崎邦正)などを持ち、「月亭一門」を形成している。

また1971年一夫多妻制や銭湯の男子風呂・女子風呂の仕切り撤廃実現の公約を掲げて参議院議員選挙に出馬するも落選。2001年に再度出馬するも落選している。
さらには1979年に野球賭博で逮捕され謹慎、2008年に知人女性に対するストーカー行為で再度逮捕されるなどトラブルも経験している。

2018年3月28日、急性肺線維症のために兵庫県内の病院で死去。享年81(満80歳没)。

改名の際には棺桶に入って葬儀風に演出し、「『桂小米朝』は死んだので改めて『月亭可朝』が誕生する」という名目で棺桶から飛び出すという奇抜な披露を行った。参院選でも悪ふざけのような公約を出すなど、周囲には「破天荒」「やたけた」のイメージそのものを体現した人物として知られた。前述の二度の逮捕の際にも「暴力団を負けさせた、損させたのに逮捕される道理が無い」「女性は愛人やった」など不祥事そのものすらネタにしている。
その性格や行動から「米朝一門の異端児」として知られたが、一方で高座は米朝に基礎を叩きこまれたまさしく直系の本格的なものを見せていた。米朝曰く「可朝には30%教えたらギター持ってどっか飛んでった」らしいが、「怪談市川堤」など現代ではかける者の少ない噺も伝わっている。特に「算段の平兵衛」など自身の人生を髣髴とさせるような人間の噺においては米朝以上に「らしい」という評価も受けていた。

月日が経つにつれ、米朝一門でも孫弟子世代の若手との付き合いは薄れ、自身の孫弟子・曾孫弟子ですら直接会ったことの無いものも増えたという。自身も吉本を退所後、ケーエープロダクション等を経てフリーとなるなど、近年は他の落語家と関わりの無い時期も多かった。しかし師・米朝の葬儀に当たっては筆頭弟子として先頭に立って挨拶を行い、後に姫路市が建立した墓所の創設記念式典にも参加している。
米朝の葬儀の際にもカンカン帽は脱帽せず、ウィットに富んだ挨拶で思わず会場から笑いが漏れだすほどであったが、その中にさりげなく入れた「私みたいなムチャモンをよう育ててくれはった」という一言に、彼の師に対する思いが詰まっているとも言えよう。

自身の本当の葬儀をやるにあたってはかつての襲名披露や米朝のそれと打って変わって密葬の形式を取ったが、後日八方ら弟子・孫弟子一門が主催した「お別れの会」では場内BGMに「嘆きのボイン」を使うなど、しんみりする中どこか遊びを入れたものになった。

pixiv内では氏を直接描いたイラストは少なく、『嘆きのボイン』にちなんだイラストが多く投稿されている。

嘆きのボイン



関連タグ

落語家/漫談家 ボイン

pixivに投稿された作品 pixivで「月亭可朝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1779

コメント