ピクシブ百科事典

有刺鉄線

ゆうしてっせん

数10cmごとに刺のついた鉄線。敷地に人間や動物などが入ってこないよう用いられる。
目次[非表示]

概要

斜めに削いで尖らせた短い鉄線を数10cmごとに巻きつけた鉄線。刺(トゲ)のついた鉄線のため「有刺鉄線」と呼ばれる。
主に敷地に人間や動物などが入ってこないよう、周囲を囲ったりの上に渡したりして用いられる。

歴史

1865年、刺の生えた生垣の中には家畜が入ってこないのをヒントにフランスで発明された。
その後、アメリカで農民が開拓した土地を放牧中の牛に荒らされないよう囲うために大量に用いられ、ジョセフ・グリッデンにより改良が加えられて現在のような形になった。

1876年、グラハム・ベル電話を発明したが、農村に電話線を敷設するのは設備投資が大変で、最初期は農地を囲っていた有刺鉄線が電話線として利用された。

1914年から始まった第一次世界大戦では、塹壕戦で陣地を守るための鉄条網(有刺鉄線で作られた防護柵)が使用された。

プロレスと有刺鉄線

有刺鉄線は過激なルールで行われるプロレス等の試合で、リングロープの代わりに用いられる事もある。
1990年代に大仁田厚が率いたFMWは有刺鉄線マッチで集客に成功した。
その後、世界中のインディーズ団体でデスマッチに用いられ、新日本プロレスwweも使用したこともあった。
現在は大日本プロレスczwで見かけることが多い。

関連タグ

 針金 鉄条網 バラ線 牧場 農園 刑務所 ハードコア

関連記事

親記事

針金 はりがね

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「有刺鉄線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3169808

コメント