ピクシブ百科事典

炭水車

たんすいしゃ

蒸気機関を搭載した車両に石炭と水を供給すべく連結される車両。テンダーともいう
目次[非表示]

概要

蒸気機関を搭載した車両に石炭を供給すべく連結される車両で、テンダー(Tender)ともいう。
テンダー型蒸気機関車に連結されているイメージが一般的だが、操重車(鉄道用のクレーン車両)やロータリー除雪車も動力近代化前は蒸気機関を使用していたため炭水車を連結していた。
石炭ではなくバガス(サトウキビの搾りかす)焚き蒸機や重油専燃蒸機の物も、炭水車と総称される。
前者は石炭よりカロリーが低いので航続距離に比してバガス積載スペースが大きめに取られており、後者だともちろんの事ながら、炭庫ではなく重油タンクと水タンクを載せている。
なお前者はサトウキビが豊富に入手できる現場である製糖工場内での特殊仕様機であり、後者も燃料効率改善策として研究が進められたものの、最終的には同じく油を燃料とするDLにより機関車ごと置き換えられる形となった。

pixiv内では一般的なイメージ同様蒸気機関車の炭水車に関連したイラストが投稿されている。

付随装置

炭水車も他の車両に付随しているとはいえ、鉄道車両として本線上を走行するため基礎ブレーキ装置や前照灯、尾灯、連結器を装備しており、ATS車上子など保安装置の車上装置を装備していることもある。
蒸気機関への供給設備として炭庫(石炭を積む場所)と水槽(水タンク)は当然のことながら、火格子面積の広い大型蒸気機関車用のものだと自動給炭機を備えていたり、勾配区間など出力を多く食う区間で運用される機関車に用いられるものは重油タンク(重油を供給して熱量を稼ぐ)を併置していたり、復水式蒸機(シリンダーを駆動した後の蒸気を捨てずに水に戻して再利用する)用の物では復水器を搭載するといったような補器も装備している車両もある。
またC56の炭水車はバック運転の多い簡易線区に入線する事を予め考慮してあり、後方視界を確保する為に両側を大きく切り欠いた設計になっていた。

超特急「」牽引時のC51は当初は長距離の高速運転で水が足りなくなるので追加の水槽として水タンク車(のちの水運車ミキ20)をも併結された。また走行中の乗務員交代用に水運車は車体側面、炭水車は炭庫中央にそれぞれ簡易通路が設置されていた。

ちなみに、重両列車において加速力や引き出し能力を強化する目的で、「ブースター」もしくは「パワードテンダー」といって走行用動力付きのものも試作・試験されたが、台車内の狭いスペースに小型とはいえ蒸気エンジンを押し込んでおり、手入れが面倒な上に信頼性も低いことや、速力が出てからは死重になることもあり主に北米で少数使用されたのみに終わった。
日本でも満鉄向けに戦時中試作されたものの、戦争には間に合わなかった。

型番

いちおう炭水車にも固有の型番があるのだが、一般にペアを組む車両の銘板が取り付けられるため炭水車に記された刻印や炭水車の製造・配属などの履歴を調べないとそう簡単に判らない。

関連タグ

鉄道車両 蒸気機関車

pixivに投稿された作品 pixivで「炭水車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 137

コメント