ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

脳の破壊されたナギサ様

たのしかったですよおともだちごっこ

脳の破壊されたナギサ様とは、「信じられなかったこと」が招いた結果である。
目次 [非表示]

本項は「エデン条約」編のネタバレを含んでいます


概要

長きにわたって敵対してきたゲヘナ学園との不可侵条約の締結を前に、トリニティ総合学園の内部では妨害勢力の存在が浮かび上がっていた。

一度は空中分解しかけた条約をまとめ直し、推進してきたティーパーティーのホスト・ナギサは、万全を期して"疑惑がある者"を一掃しようと目論み、当該生徒を問答無用で学園から追放してしまおうと暗躍する。


すべての準備が完了し、片が付くまで残り数時間……校内のセーフハウスでその時を待っていたナギサの前に侵入者が現れる。

それは彼女が裏切り者と目星をつけていた内の二名、浦和ハナコ白洲アズサだった。


裏切り者は一人ではなく二人だったのかとに狼狽するナギサに対して、ハナコはさらなる黒幕の存在を示唆し、“その人物からのメッセージ”を口調を真似ながら伝える。


それなりに楽しかったですよ。ナギサ様とのお友達ごっこそれなりに楽しかったですよ?(ネタバレ注意?)

「あはは……えっと、それなりに楽しかったですよ。ナギサ様とのお友達ごっこ」


耳に馴染んだ“笑い方”に動揺するナギサは次の瞬間、アサルトライフルを携えるアズサに至近距離から数十発の5.56㎜弾を撃ち込まれ、意識を失う──


真相

端的に言えば、大義と己が安心のため(注1)に友人を切り捨てようとしたナギサに対する、ハナコの個人的な意趣返し

ナギサがまとめて退学に追い込もうとした補習授業部にはトリニティに害を及ぼそうとする生徒などおらず(注2)、セーフハウスへの侵入とナギサ誘拐も、「真の裏切り者」を炙り出すためナギサを保護する目的で企てられたものである。


本来であれば計画には不要なやり取りなのだが、部内での情報交換から補習授業部が臨時編成されるに至った経緯を察していたハナコは、正義実現委員会への牽制として人質同然に部へ放り込まれたであろうコハルの事はもちろん、ナギサと懇意にしていたはずのヒフミが、他でもないナギサの謀略によって他の部員もろとも理不尽に晒されてきた事実に納得できずにいた。

表向きは部長として全員での学力試験合格を目指しながら、実際のところは裏切り者探しに協力させられるという不本意な役割を背負い、それでも部員たちの学力向上のため一途に奮闘する道を選んだヒフミ──そんな彼女と深めてきた親交すら切り捨てようとしているナギサの真意を、ハナコは面と向かって問いただす。


だがホストとしての重責と疑心に凝り固まっていたナギサは「悪い事をしたかもしれない」とハナコの憤りに理解を示しながらも、後悔はしていない」「全ては大義のため」と返答。

この瞬間、ナギサに酌量する理由が無くなったハナコは意味深に微笑むと、「私たちの指揮官から」との前置きをしてささやかな狂言を企てた。

その後の展開は上述した通りである。当のヒフミはそんな人物像をでっちあげられたとは夢にも思わないだろう。


気絶したナギサを運びながら「あのセリフは必要だったのか」と問うアズサに、ハナコは「勝手な仕返し」「ちょっとくらいはショックを受けてもらおうかと」と答えつつ、すぐに誤解は解けるだろうと楽観視していた、のだが……。


そして……

一連の事件の収束後、先生はハナコからヒフミとナギサの和解について知らされる。

「阿慈谷ヒフミは水着姿の犯罪者集団のリーダーである」などという荒唐無稽な誤解(?)も解け、ナギサは己の見立て違いと数々の暴挙について、ヒフミをはじめとする関係者に謝罪行脚を実行。

ヒフミは大変だった事については認めながらも、ナギサを恨むような事などない、これ以上謝らないでほしいと応じ、ナギサは戸惑いすら覚えながらその理由を尋ねようとする。


お人好しな性根を上手く説明できないヒフミが困ったように「あはは……」と漏らした曖昧な笑い声を聞いた途端、ナギサの脳裏にはハナコに刻み込まれた偽ヒフミの虚像がフラッシュバック。一気に情緒不安定となり咳き込むナギサと慌てるヒフミの姿を映して、ハナコの回想は終了する。


既に嘘だったと伝え誤解は解いた、と付け加えるハナコも「少しやり過ぎた」と振り返りつつ、それ以上にナギサが抱えることになるであろう大きな罪悪感について気にかける様子を見せる(注3)。


彼女の脳が癒えるのはまだ時間が必要なようだ……。

しかしエデン条約の調印式は、その時間を待ってくれはしなかった。

ナギちゃんの悪夢


また、ナギサの疑った候補とは別に「トリニティの裏切り者」は存在しており、その正体(リンク先ネタバレ注意!)は彼女の心に更なる影を落とす事となる。

加えて、“超法規的な手段を可能にする立場”を生徒の退学手続きの省略に利用するために呼んでしまった先生に対しても申し訳なさで顔を合わせ辛くなっているらしく、久々に対面した場では同席した他の学園幹部から条約絡みの非道について擦られる姿を晒す羽目になる。


ネット上での反応

一連のシナリオを読んだ上で、各要素を整理したプレイヤーからも、自分の猜疑心に囚われて横暴な手段を取ってしまったナギサに対する非難は多い。

ヒフミを信じられなかったばかりに、ハナコが即興で生み出した「裏切り者の指揮官・阿慈谷ヒフミ」という出まかせを信じてしまった状況も、自業自得因果応報であるという意見が見られ、後にナギサ自身もそのように悔いているからこそ、よりトラウマが深くなってしまったと言える。


尤も、もしナギサを弁護するとすれば、ヒフミに疑惑の目が向けられたのは先生と噂の犯罪者集団のメンバー悪ノリに巻き込まれたのがだいたいの原因(さらに言ってしまうとヒフミ自身も気性善良かつ穏健で学業成績も悪くないのは疑いないが、上記の「阿慈谷ヒフミ=犯罪グループ首領」疑惑の遠因となった「学校で禁止されているブラックマーケットへの立ち入りを常習的に繰り返す」や、「落第にも関わりかねない重要な学力試験を(純然たる私的用事で)すっぽかす」などの、トリニティの学生としても看過しかねる問題行動の情報に関しては完全に事実)なのだが、気にしてはいけない。


このような厳しい評価の一方、いくら親しい間柄でも、大局のために私情を挟まず冷徹な判断を下したナギサの生徒会長=為政者としての資質について(やり方の善し悪しはともかく)評価する声や、条約締結によって和平を実現しようとする姿勢については一貫して真摯であった点、テロリストの迅速な排除による自校生徒の安全の確保といった喫緊の目的に理解を示す声もギヴォトス/現実問わず少数聞かれ、例えばこれらのリーダーシップについてはトリニティの他の幹部からも「血も涙もない残酷な方」との評を聞くことができる。


楽しかったぜぇぇ!!お前との友情ごっこォォォォ」を思い出した先生もちらほら。その他白目を剥いて絶望するアルちゃんコラが出回ったり、「ナギサ様」を検索欄に入力した際のサジェストに「お友達ごっこ」「脳」が表示されるまでに至った。

実際にヒフミがこのセリフを言ったかのようなファンアートも多く、それ即ち、真に受けたナギサのショックはそれほどまでに深かったということなのだろう。


そして本編未プレイでこの情報を目にし「えっ!?ヒフミが裏切り者なの!?」と早とちりをしてしまう先生も現れたという。

中には、ヒフミのような子が本当に「お友達ごっこ」をするようなキャラクターだったらド直球に好み、という業の深い先生も。


pixivでは

元来普及していたネットスラングとしての脳が破壊されるという意味を承け、ヒフミと他の生徒が仲良くしている様子に激しく嫉妬するナギサの絵に当タグが付けられることもある。

ティーパーティーのまんがナギサ様がみてる


脚注

  • 注1:ホストとしての大義もさることながら、ティーパーティー内部でも“裏切り者”による実害は「学園幹部への直接攻撃」という形で既に発生しており、予期せぬ事故から幼馴染の身を守るために不安要素の排除を急いでいたという理由が、後にナギサ本人の口から語られている。
  • 注2:ただ、アズサはセイア暗殺に深く関わっていたため、そういった意味ではナギサの推測は的外れとは言えない。
  • 注3:エデン条約に続く「最終編」で個人の感情からリオを過剰に非難するヒマリを諫める、イベントストーリー「隠されし遺産を求めて~トリニティの課外活動~」でトリニティの隠蔽体質を嫌うような素振りを見せる、などハナコ本人もこの方法についてはかなり悔いている様子を見せている。

関連タグ

ブルーアーカイブ

桐藤ナギサ 阿慈谷ヒフミ ヒフナギ 補習授業部


言ってないセリフシリーズ:ヒフミが実際に言ったセリフだと誤解している人もいる。まさに風評被害


ブルアカ宣言:阿慈谷ヒフミという生徒の真髄とも言える「宣言」。本件とはあらゆる面で真逆の、対となるような信条。

関連記事

親記事

エデン条約編 えでんじょうやくへん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5905193

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました