2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

謎の魚

なぞのさかな

日本のプロ野球球団である『千葉ロッテマリーンズ』のマスコット。
目次[非表示]

概要

マーくんリーンちゃんズーちゃんCOOLに次ぐ千葉ロッテマリーンズの公式キャラクター。2017年5月25日に登場が予告され、その予告通り5月28日のZOZOマリンスタジアムで行われた対オリックス・バファローズ戦で初登場した。

「謎の魚」というのは仮の名前らしく、正式な名前はまだないとのこと。

形態

第1形態

本来の謎の魚は、幕張に棲む謎の魚」である。虹色の鱗を持つチョウチンアンコウマグロを合わせたような姿で、ZOZOマリンスタジアムのハイビジョン内の映像という形で登場し、観客に話しかける。28日の初登場を前に、26日に先行してこの形で登場した(公式Twitterより)。

第2形態

5月28日より登場した形態。


第1形態を丸っこくディフォルメしたような大きな体に2本のが生えた姿を取り、スタジアムには着ぐるみとして登場する。6月2日に1度幕張の海に戻ったが5日には再上陸し、6日〜8日の交流戦中日戦では、ドアラを追いかけ回すシーンも見られた。
この時点で、魚の体から脚が生えた姿が着々と話題となっていた。

しかし謎の魚の進化はそれで終わりではなかった。公式Twitterでは、

「6月11日の5回裏終了後に第3形態への進化を遂げる」

と予告された(実際のツイート)。

第3形態

そして迎えた6月11日の交流戦ヤクルト戦。これまで通り「第2形態」で登場した謎の魚。しかし突然その大きなの中から、脱皮するかのようにだけのような姿になった謎の魚が飛び出した。


その体はほぼ人間体型となっており敏捷性は上がったが、あまりにも突飛すぎた進化にホームのロッテ側もアウェーのヤクルト側も微妙な空気となり、謎の魚の知名度を一気に上げる結果となった。

ちなみに進化の様子はこちらより。

第4形態

第3形態への進化から1年後の2018年6月12日の交流戦DeNA戦でこの魚は新たな形態へ進化した。
それは第3形態の頭が巨大になって額に「M」のロゴが入り、背面には大きなジッパーがあり、胴体や腕はなくその下に直に2本の脚が生えたような物であった。また腕はないが、口から手を出したりもした。

第5形態

第4形態があんまりな姿だったからか、進化からわずか2週間後の6月26日、この魚はまたまた進化することになった。
第4形態で登場した魚の背面のジッパーが開いた時、人間体型になった第5形態が現れた。
その姿は第2形態を人間体型にして背中に鰭をつけたような姿であった。

最終形態

そして第5形態から3年、2021年4月6日のオリックス戦にて「最終形態」の進化を果たした。
第5形態をベースに頭の側面や後ろには第2形態と同じ鰭や鱗がつき、その代わり背中の鰭はなくなり、頭部の角を外してマイクのように使える。
この形態に於いて、ついに魚は言葉を喋ったのである。
さらに同時にCDデビューの告知もされ、デビュー曲のPVも公開されたのだった。



そして引退へ

しかし2021年シーズン終了後の12月5日、体力の限界を理由に引退することが発表された。
最終形態披露から僅か半年足らずの出来事である。
またマスコットキャラクターとしては異例の引退セレモニーも行う予定であるとのこと。

話題

その謎のスタイルがじわじわと受け、アメリカMLBの公式サイトにて紹介され、第3形態の披露後には2度目の紹介を受けた。
1度目
2度目

また2018年3月26日にZOZOマリンスタジアムで行われた「競り」にて、地元千葉県の不動産企業である「拓匠開発」が800万円で落札。同企業は謎の魚の1年間のスポンサーとなる。

関連タグ

球団マスコット 千葉ロッテマリーンズ MLB
マーくん リーンちゃん ズーちゃん COOL(千葉ロッテマリーンズ)
  幕張 進化

関連記事

親記事

球団マスコット きゅうだんますこっと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「謎の魚」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「謎の魚」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 299486

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました