ピクシブ百科事典

遠距離受信

えんきょりじゅしん

遠くの放送局の電波を受信して視聴または聴取すること。距離は特に関係しない。

概要

特に中波帯のAMラジオは夜間になると遠方の放送局の電波が入りやすくなる。そのため例えば北海道で名古屋のCBCラジオや東京の文化放送を受信したり、韓国のラジオ放送を受信したりすることがある(文化放送を聴取しようとすると、同周波数の韓国KBSが必ず混信する)。また、短波放送は電離層での反射から世界中の放送を聞くこともできる。(わかりやすい例はRN2を関東以外で聞くこと)
なお、中波ラジオのこのような特性が時に困った事態を招くこともある。

テレビの遠距離受信はアナログ放送の頃は盛んに行われていた。徳島県での紀伊水道越えの在阪局受信や、長野県での山岳回折利用の在京局受信等である。このように遠距離受信が盛んに行われたのは地方のテレビ局が少ないために足りない系列の補完目的などである。
地上波テレビがデジタル化されて以降電波の飛びが抑えられたために遠距離受信はあまり行われなくなった。しかし今でも遠距離受信がしやすいポイントが全国にいくつかあり、一例として三重県伊賀地方や同県沿岸部、愛媛県松山市、佐賀県福井県などがある。

テレビ・ラジオともに遠距離受信をする場合は出力の高い親局を狙って高性能アンテナを向けて受信する。受信できない場合は電波が到達していると推定される中継局を狙う。
なお、高性能アンテナの方角を色々いじると通常なら受信し得ない放送局の電波を拾うことがある。(過去に三重県で八丈島または新島から届いた在京キー局+MXを受信したことがある)

また、多くの局では受信報告書の提出者にお礼としてベリカードを渡しており、1970年代BCLブーム時にはこれを集めることはひとつのステータスだったらしい。

関連タグ

遠距離リスナー 雑音リスナー - アニラジなどの聴取のため遠距離受信を行う人が、こう呼ばれることがある

pixivに投稿された作品 pixivで「遠距離受信」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135

コメント