ピクシブ百科事典

銀河ヒッチハイク・ガイド

ぎんがひっちはいくがいど

『銀河ヒッチハイク・ガイド』(原題: The Hitchhiker's Guide to the Galaxy)は、イギリスの脚本家ダグラス・アダムスが書いたスラップスティックSFシリーズ。 また、その第1作のタイトルであり、作中に出てくる架空の電子本の名前でもある。
目次[非表示]

概要

大森望の言葉を借りれば「バカSFの歴史に燦然と光り輝く超弩級の大傑作」。ブリティッシュ・ジョークを満載したこのシリーズは、大元のラジオドラマがスタートした当初から人気があり、小説版はベストセラーになり、35か国語に翻訳されて、全世界で約1,600万部が売れたとされ、いまなおカルト的な人気を誇る。

1978年にイギリスBBCのラジオ4が放送したラジオドラマからスタートし、その後これを基に小説版(1979年 - 1992年)、テレビ版(1981年)、ゲーム版(1984年)、DCコミック版(1993年 - 1996年)、舞台版が作られ、2005年にはついに映画化された。略称はHHG、HHGG、 H2G2など。

ドラマ脚本、小説映画版脚本ともダグラス・アダムスによって執筆された。

Wikipediaより)

関連イラスト

あけましてヒッチハイク・ガイド
パラノイア気味のロボット


どちらも映画版のイラスト

別名・表記ゆれ

銀河ヒッチハイクガイド

関連タグ

SF
SF映画 映画 洋画
海外ドラマ
SF小説

外部リンク

銀河ヒッチハイク・ガイド - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「銀河ヒッチハイク・ガイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15813

コメント