ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「虚しい…全てはただ、虚しいだけだ。」


プロフィール

学園アリウス分校
部活アリウススクワッド(リーダー)
学年2年生
年齢17歳
誕生日9月3日
身長167㎝
趣味なし
CV石上静香
デザイン9ml
イラスト9ml

人物

アリウス分校特殊部隊・アリウススクワッドのリーダー

すらりと引き締まった体躯に長い黒髪を持ち、黒いキャップと顔の半分を覆うマスクを装着している。

黒いヘソ出しノースリーブインナーが特徴。


ゲリラ戦術については他の追随を許さない専門家であり、特殊部隊であるアリウススクワッドのリーダーに相応しい極めて高い戦闘力を持っている。

アリウススクワッド

アズサを含めたアリウススクワッドのメンバーに戦闘技術を教えていた教官でもあり、教官としても非常に優秀だった。

一方で隔絶された環境で戦闘に特化した教育を受けた為かアズサや他のアリウススクワッド同様に世間知らずな面がある。


「全ては虚しい。どこまで行っても、全てはただ虚しいものだ。」というアリウスのモットーを信奉するニヒリズム的な性格の人物。

基本的に冷徹な振舞いが目立つが、激情家の一面もあり、アリウスの憎悪・怨念を度々口にする。

また、アリウスを裏切ったアズサに対しても強い敵意と執着を示していた。


アリウス自治区という希望や幸福を望む者には厳罰を下す異常な環境で自身と仲間を守る為に極端なニヒリズム的人格を形成してしまった人物であり、本心では仲間への情が深く、スクワッドのメンバーを大人から守る為に様々な重責を背負うなど責任感も強い。


ベアトリーチェの支配から脱した後はブラックマーケットで傭兵やバイト生活を送っている。先生の教えもあり心境に変化が見られるも、ニヒリズム的な一面はあまり変化が見られず、克己的かつ諦観の早い性格はあまり変わっていない。

また、アリウススクワッドやミカに苦痛を強いたことへの自責の念に苦しむ事も多くなり、自罰的な言動が増えてしまっている。

一般的な生活を知らない為か、ブラックマーケットのバイト先では騙されることが多い。

なお、学校は中退した扱いになっている模様。

(ただし、前述のバイト先が報酬を値切る為に言い出した口実であるため疑わしい所もある)


公式4コマ76話ではダジャレで思わず吹き出すなど笑い上戸な面もある。

また、2023年の秋葉原スタンプラリーではヒヨリと衝動買いをしようとして揃ってアツコに釘を差される、と言ったコミカルな一面も。


グローバル版でのクリスマスプレゼント配布告知イラストではアリウススクワッド一行がクリスマスの準備をしつつサオリが自撮りをしているが、恥ずかしいらしく赤面しているという珍しい表情を見ることが出来る。


4thPVによると磔刑にされるバッドエンドの世界線があった模様。

一部では、アズサによるヘイロー破壊をアツコが庇って死亡した為サオリが代用にされたIF、と考察されている。


最終編の時点でも先生からの連絡は受けられる様にしており、アロナを介して全ての生徒に対して呼びかけられた要請に応じ、トリニティにスクワッドの面々と共に集結。

虚妄のサンクトゥム攻略支援に当たり、色彩化ヒエロニムスと戦った(因みにそこで繰り広げられた珍妙なやりとりには参加しなかった)。

バイト生活は相変わらずらしく、ヘルメット団のヘルメットを着けて登場したりもする。5th PVでは相変わらずバイト戦士状態だが、海の家が職場になった模様。

2周年記念での中の人からのコメントでは、わざわざサオリ役と自己紹介する所だけサオリの声色で喋ってくれている。一度は聴くことをオススメする。


衣装

ピンクガード

사오리 / サオリ

ゲーム未登場。グローバル版公式4コマでのみ披露された化粧店パートタイマー制服姿。

困惑と照れの混じった珍しい表情もポイント。


ヘルメット団

ヘルメット団幹部・錠前サオリ

最終編に登場。

助っ人として雇われていたのだが、中抜けして先生の救援要請に応じ、色彩化ヒエロニムスと戦った。

合流時には少し思う所の在ったミサキから銃撃されている(左脚にテーピングしている拳銃を使ったと思われる)。

エピローグで戻ったが、中抜けしたことを怒られていた。

なお、交戦相手はどうもあのキヴォトス屈指のギャグ要員の様子。戦闘の結末は不明。


ハンバーガー店の制服

MOM'S TOUCH

ゲーム未登場。韓国でのコラボで登場。

韓国のチキン・ハンバーガー店「MOM'S TOUCH」の制服で、同店は日本市場には渋谷にポップアップショップを出しただけで本格的な進出はしていない。


ドレス

无题

イベント「0068 オペラより愛を込めて!」に合わせて登場。

サオリのイベント登場は今回が初で、PVではサプライズとしてヘイロー含めぼかされていた。

ギャングの首領に護衛として雇われた際、ドレスコードの為に着飾った姿。

本人は案外満更でもない……を通り越して内心かなり浮ついている模様。

それでも何処か素っ頓狂な仕事ぶりは変わらず、本気を出すと腰のリボンを外して髪を結った背面図となり、いつものマスクも付ける。


武器

サオリ

固有武器「アリウス製アサルトライフル」のモデルはSIG-SAUER SIG516、16インチであろう銃身の長さからSIG516 Patrolがベースと思われる。


RVGフォアグリップやMOEグリップ、バックアップサイト、CTRストック(武器単体画像ではMOEストック)、MOEハンドガードと、ほとんどがマグプルのパーツを使用しており、ダットサイトはSIG ROMEO4Tがモデルと思われる。フロントサイトはガスブロック上部のレールにバックアップサイト(MBUS GEN.2)が取り付けられている。ロアフレームにはSIGの刻印の部分にアリウス分校のロゴが刻印されている。


サイホルスターにはナイフシースと拳銃を取り付けているが、3Dモデルや立ち絵では銃の種類は不明、アートワークス2にてP226と判明。

EXスキルで使用しているものの、戦闘時の3Dモデルでは確認は困難。

グローバル版の1周年記念アニメPVにおいてはUSP風の拳銃をアズサとの戦闘で使用している。


性能

「Vanitas vanitatum et omnia vanitas.」

サオリ

初期レアリティ攻撃防御役割ポジションクラス武器種
☆☆☆爆発特殊装甲STRIKERMIDDLEアタッカーAR

当初はNPC専用ユニットだったが、後発でプレイアブル化された。

ユニットとして初出はエデン条約編3章。

ミサキと共に属性攻撃付き敵専用ユニットとして登場。この時は神秘・軽装甲である。


同4章では味方NPCとして登場する。

この時は爆発・特殊装甲となっており、アズサと同じくARでありながら単射で攻撃するが、プレイアブル実装前なのでスキルは使用しない。


プレイアブル版はエデン条約第4章の味方NPCと同様に爆発・特殊装甲属性。

EXスキルは敵1人に確定で会心ダメージを与えるという単体に特化したもの。

サブスキル「リーダーの責任感」は「同じ部隊に自身を含めて編成されているアリウススクワッド出身の生徒」の人数によりそれぞれの攻撃力をアップさせる効果であり、現アリウススクワッドの4名の他、白洲アズサも対象となる。


人間関係

秤アツコ

同じアリウススクワッドのメンバー。「姫」と呼び非常に大事に扱っており深い関係にある様子。

出会いは約10年前のアリウス内戦末期ごろの模様。


戒野ミサキ槌永ヒヨリ

同じアリウススクワッドのメンバー。アリウススクワッド結成前から交友があり、10年ほど前のアリウス自治区内戦時代の頃はサオリ、ミサキ、ヒヨリの3名でストリートチルドレン同然の生活を送っていた。この頃は、ミサキとヒヨリからは「サオリ姉さん」と呼ばれていた。


自殺願望のあるミサキの自殺を何度か阻止したことがあるが、自殺の原因の1つが苦痛を強いている自分自身であるという事実がサオリの重荷の1つとなっている。

ただし、基本的に関係は良好で互いに信頼関係がある。


白洲アズサ

元アリウススクワッドのメンバー。アズサの裏切りがきっかけで敵対関係にあるが、お互いに抱いている感情は複雑

多くを望めば破滅しかねない極限状態で仲間を守るため苦痛を強いてでもアリウスの教えに従うのが正しいと信じ、サオリはアズサを強く否定することに執着していたが、自身の過ちで仲間に苦痛を強いていたことを認めたくないという拒絶感の裏返しでもあり、怒り等の感情ではないと思われる。


またアズサを守りたいという思いもあった可能性があり、これは度々アズサを連れ戻そうとしていたことからも窺える(ただし、アツコを傷つけられた際には怒っていた)。


結果としてベアトリーチェにいいように利用されているだけという現実を受け止めたサオリは思い出の中のアズサに縋る様に答えを求めていた。

アズサからは強く反発されており、スクワッドの面々を受け入れず、孤独を貫いていたとの事。一方でアズサの側も思い入れがなかった訳ではなく、アリウススクワッドを「私の家族でもあったんだ……。」と発言している。


聖園ミカ

此方も関係は複雑。サオリからは単に利用している相手とも取れる発言をしていたが、内心では本気で和解を望んでいたミカの善意を踏みにじったことも強く後悔しており、それも彼女の重荷となっている。

ベアトリーチェの命令でサオリに騙され全てを失ったミカから敵意を向けられていたが、サオリが胸の内を吐露したことをきっかけに和解。ミカはアリウススクワッドを赦し、彼女達の為に祈った。


便利屋68

ブルアカきってのコメディリリーフにして、アウトローの先輩達。

エデン条約編の本編内では登場しなかったため絡みはなし。


全てが終わった後、ブラックマーケットでのバイト生活を送ることを選んだサオリの前にハルカが姿を表し、痛い目を見た直後の彼女に「裏世界でのやり方」を見せつけた。

……というのはサオリ視点のお話。実際は……


後に、便利屋68メインのイベント「0068 オペラより愛をこめて!」にて本格的に共演。

当初は立場の違いから敵対していたが、なんやかんやあって共闘することに。

なお、お互いにエデン条約編エピローグや最終編エピローグでの出来事を覚えており、ムツキ・カヨコからは「ヘルメットを被った強い奴」として名前を覚えられていた(アルは二人から指摘されるまで忘れていたが)。


関連イラスト

錠前サオリ錠前サオリ


関連タグ

ブルーアーカイブ アリウス分校 アリウススクワッド


黒見セリカ…直接の絡みは無いが、同じ様に様々なバイトをしている関係からネタにされる事もある。


田中角栄(ブルーアーカイブ)…エデン条約編4章でサオリが先生に助けを求めてくるシーンで、あるプレイヤーが名前を「田中角栄」に設定していたことから誕生したネタ。因みに中の人も(様々に先生の名前を弄って大喜利状態になっていることを)認知している模様。


他のスクワッドメンバー

秤アツコ 戒野ミサキ 槌永ヒヨリ


外部リンク

公式Twitterの生徒紹介

公式Twitterの生徒紹介・スキル編

関連記事

親記事

アリウススクワッド ありうすすくわっど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83198550

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました