ピクシブ百科事典

電令のドッペル

でんれいのどっぺる

電令のドッペルとは、『魔法少女まどか☆マギカ』の外伝ゲーム『マギアレコード』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

電令のドッペル。その姿は心電図。
この感情の主は、強力な電気信号を駆使し相手の悪意を人格もろとも焼き尽くすこのドッペルの能力に恐怖を覚える一方で、これが殺害以外の方法で人間の悪意を根絶させることが出来る唯一の方法ではないかという誘惑に悩む。
またこのドッペルは生死を司る力も持ち、その姿を現す時に主に一時的に精神が肉体と分離した幽体離脱状態となる。

(ゲーム内の説明ページより)

概要

五十鈴れんドッペル魔女文字による真名はRENATA

外見

幽体離脱したれんの魂から人間の肋骨と背骨が伸び、その上に心電図のモニターが付いたような姿。れんの肉体は魂の抜け殻となり、ドッペルの真下に倒れている。

特徴


経歴


その他

真名のRenata(レナータ)は、「生まれ変わる、再生する」を意味するラテン語が起源の人名Renatus(レナトゥス)に由来するイタリア語ポルトガル語スペイン語圏の女性名であり("natos"は「生まれる」の意)、男性名Renato(レナート)に対応する。

憧憬のドッペルとは立方体の機械を用いるという点以外、何の共通点も無い。散々騒がれたが、いまだにネタにしている悪質な攻略サイトが見られるので情報の取捨選択には注意が必要。

関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ マギアレコード
ドッペル(マギアレコード) 五十鈴れん

コメント