ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演じた俳優は、三田村邦彦
飾り職の秀、あるいはかんざしの秀と表される場合もある。

人物

『必殺仕事人』第一シリーズより登場した、(かんざし)などを作る飾り職人。職人としての腕は確かなようだが、自分が気に入った仕事でなければ引き受けない。
主水たちと出会う前にも裏稼業を行っていた時期があり、一時期足を洗っていたが、惚れた女性の命を奪った悪人を始末すべく成り行きで主水たちに手を貸し、その後紆余曲折の末に彼らの裏稼業に加わった。
登場当初は若さゆえ熱くなりやすく、暴走し主水からぶたれたこともあった。しかし西順之助が登場する頃には落ち着いており、逆に順之助を叱責する立場になった。
困った人を放っておけない性分であり、これが原因で事件に巻き込まれてしまったケースもある。
『必殺仕事人Ⅳ』では訳あって天涯孤独の身になってしまったお民(演:林佳子)という少女を引き取って育てており、なかなかのイクメンぶりを見せていた。

殺し技など

専用の小さな道具で相手の急所を刺す。登場当初は工作用の(のみ)を用いていたが、『仕事人』第一シリーズ中盤から飾りのついた特製の簪を用いるようになった。とどめへのつなぎとして格闘技も用いており、その腕っぷしたるや侍であっても取り押さえ仕留めてしまうほど。殴ったり蹴ったりして後ろを向かせてから首筋を刺すケースが多いものの、場合によっては脳天や眉間を狙い仕留めることもある。
また、上述の高い身体能力を活かし、標的の始末のみならず相手の偵察や追跡などを担うことも少なくない。

余談

秀は当初、『新・必殺仕事人』の最終回で殉職する予定であったが、あまりにも人気だった為にそのまま続投。『必殺仕事人Ⅳ』まで立て続けに登場したのち『必殺まっしぐら!』で主役を張り、その後も劇場版に頻繁に姿を見せ、最終的に『必殺仕事人・激突!』の最終回で江戸を去るまで長く活躍することとなった。
ちなみにこの結果、演者の三田村が『新・必殺仕事人』放送当時レギュラー出演していた『太陽にほえろ!』についてスケジュールの都合で降板せざるを得なくなっている。

関連項目

必殺仕事人

関連記事

親記事

必殺仕事人 ひっさつしごとにん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「飾り職人の秀」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「飾り職人の秀」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7810

コメント