ピクシブ百科事典

高内侍

こうのないし

平安時代中期の女流歌人。
目次[非表示]

概要

生誕:不明~没年:長徳2年(996年)10月
平安時代中期の女流歌人で、女房三十六歌仙の一人。
名前は高階貴子、通称の高内侍は官職名である。
また、息子藤原伊周の官名が儀同三司であることから、儀同三司母とも呼ばれる。
藤原道隆の妻で、藤原道雅の祖母にあたる人物である。

代々学者を輩出した高階氏の出身で、和歌を能くし、詩文に長け、殿上の詩宴に招かれるほどであった。藤原道隆の妻となってからは、藤原伊周、藤原隆家中宮定子など3男4女に恵まれた。しかし、道隆が病死してから一変して中関白家は没落の一途を辿り、夫の後を追うように翌年亡くなった。

代表歌は百人一首の第54番。
忘れじの 行く末までは かたければ けふを限りの 命ともがな

外部リンク

高階貴子 - Wikipedia

関連タグ

平安時代 歌人
儀同三司母 高階貴子

pixivに投稿された作品 pixivで「高内侍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 237

コメント