ピクシブ百科事典

DF40

でぃーえふよんじゅう

国鉄が川崎車両から借りて試験採用していた電気式ディーゼル機関車。のちに国鉄が買い取り、営業運転にも使用した。
目次[非表示]

概要

昭和30年に川崎車両で試作され、国鉄が借りて試験採用していた電気式ディーゼル機関車。昭和33年に国鉄が買い取り、DF50形との重連総括制御対応改造と前面の貫通扉設置の改造を受けDF50形と共に営業運転に就き、昭和50年まで営業運転用機関車として活躍した。
ちなみにDF40形は無用な重量増を嫌い台車を3軸×2という構成にしたのだが、曲線通過などの際にレールに大きな横圧がかかり余計にレールを傷めてしまうため、試験結果を踏まえて製造されたDF50形の台車は2軸×3となっている。また、昭和37年の称号改正によりDF40からDF91と改番されている。

pixiv内では当該車両のイラストが投稿されている。(国鉄買取前/後ともに)

横圧過大について

レールに過大な横圧が生じた理由は、台車の側受(ボルスタレス台車でいうところの枕バネに近い仕事をする部品)に荷重が非常に大きくかかっており台車の旋回の邪魔をしていたため。その調査結果に基づき試作元の川崎車両で改良工事を施したところ、D51蒸気機関車の横圧を下回るまで改善され、当形式は足回りが3軸台車のまま買い取り・配属された。
その結果を踏まえたDF50形では台車を2軸×3にし、中間台車は枕木方向の移動を許容するようにして横圧を小さくしてある。また、1端側に3軸台車を持つDE10形では3軸台車の各車軸が旋回できるようになっており横圧を小さくする工夫がなされている。

類似仕様の試作車

製造業者違いの試作車にDF41形(汽車製造三井造船東洋電機)があり、これは後に製造業者に返却されている。こちらはDF40形と比べると旅客列車牽引向けの性能・装備となっていた。また改番後はDF92となっている。

関連タグ

国鉄 ディーゼル機関車 試作車
DF91

pixivに投稿された作品 pixivで「DF40」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 913

コメント