ピクシブ百科事典

ED70

いーでーななじゅう

国鉄初の量産型交流用電気機関車(メイン画像奥)。
目次[非表示]

1957年に登場した国鉄初の量産型交流電気機関車。

概要

仙山線で行われた交流電化の試験に使用されたED44及びED45のうち後者の構造、つまり従台車の無い1軸1モーターの4軸駆動で低圧タップ式 水銀整流器と直流電動機の組み合わせを継承し、加えて10‰勾配で1,000t以上の引き出しが可能となるよう性能が強化されたものである。
北陸本線の田村~敦賀間が1957年10月1日に交流20000V(20KV) 60サイクル(60Hz)で電化されたことに伴って登場した。

構造

車体

DF50に似たデッキがない箱型車体で、原型機のED45によく似ている。
前面中央部に重連の際に使用するために、これもDF50に似た内開きの貫通扉が付けられたが、隙間風が入りやすいと不評だったために後に塞がれている。(その後の機関車には車体開口部に対し大寸で外開きのものが採用された)
車体は交流用電気機関車の塗色として後に標準化された赤2号(えんじ、ワインレッドとも)で塗られた。

電装・駆動機器

主たる制御は変圧器の出力電圧を切り替えるタップ制御で、本形式は低圧側に切り替え回路がある低圧タップ式である。
整流器にイグナイトロン水銀整流器を採用している。

走行装置は、2軸台車「DT104」が2つ(Bo-Bo)で、駆動装置はこの頃の国鉄電気機関車に多く採用されたクイル式である。

改造

1960年代初頭に、新車時には無かった客車に暖房用電力を供給する電源回路の設置が行われた。
これ以外には、他の初期の交流機と同様に水銀整流器はシリコン整流器(ダイオード)へ載せ替えられた。本形式の水銀整流器は位相制御が可能で、実効電圧を無段階に調整できたためけん引性能の確保に一役買っていたが、そもそも水銀整流器自体が鉄道車両に向いていたとも言えず、けん引性能低下を承知で止む無く交換された。

引退

初の量産交流機であったため、依然として試作的要素が残っていた=つまり維持整備に手間がかかるとされた事や、後継機の充足の為に登場から20年と経たない1975年には全車引退した。
1号機が滋賀県長浜市に保存されている。

関連記事

親記事

電気機関車 でんききかんしゃ

兄弟記事

  • EF200 いーえふにひゃく
  • EF66 いーえふろくじゅうろく
  • EH800 いーえいちはっぴゃく
  • もっと見る

pixivに投稿された作品 pixivで「ED70」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53

コメント