ピクシブ百科事典

HEART_to_HEART!

はーととぅはーと

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルのコラボシングル。
目次[非表示]

概要

2015年10月28日発売。ユーザー数全世界1500万人と日本国内1100万人突破を記念して発売()れた。μ'sの楽曲ではタカラモノズParadise_Liveに続くスクフェスのコラボシングル。
同時収録曲に「嵐のなかの恋だから」が収録されている。
またスクフェスでは10月15日から先行配信されている(第21回スコアマッチ終了後)。
後述するRankや課題機能のノルマを満たしていなければプレイすることはできないが、スタート画面で試聴することはできた(マカロンイベント「magnetictoday」終了まで)。
初回生産限定封入特典として、スクフェスで入手できるSRのシリアルをA(ほのまきのぞ)B(うみぱなにこ)C(えりことりん)のチームに分けてその3種類のうち1枚がランダムで封入されている。

μ'sの楽曲では(劇中設定で)初めて主人公の高坂穂乃果が作詞を手掛ける。
通常はμ'sの楽曲は園田海未が作詞を担当し、アニメ版でも南ことり作詞をした話はあったものの意外にもプロジェクト開始時から明確に穂乃果が作詞を手掛けたという例はこれまで一切なかった。劇場版でTVアニメ世界のμ'sが解散し一区切りついたタイミングで主人公初の作詞曲となった(スクフェス世界のμ'sはアニメとは別次元で、こちらはほぼサザエさん時空にいると考えてよい)。

そもそもの発端はスクフェスメインストーリー35章で二度目のスクールアイドルフェスティバル出場用の楽曲を作ることが決まった時に海未が提案した事から始まる。(ちなみに一度目に同大会で披露したのが「タカラモノズ」)
曲のテーマは小泉花陽の提案でラブソングになる事が決定。しかし、恋愛経験が皆無な穂乃果は作詞に煮詰まってしまい途中矢澤にこに協力を頼み込むなどの紆余曲折を経た結果、「家族や友達、(μ'sの)ファンなどの自分に関わっているあらゆるみんなに好きという思いを伝える事」をテーマにいかにも穂乃果らしい明るく情熱的なラブソングが出来上がった。
そしてRank130を満たしていれば35章3話が終わると同時にこの曲が解禁となる。Rankを満たしていなくとも課題機能で「僕らのLIVE君とのLIFE」「僕らは今のなかで」「きっと青春が聞こえる」「それは僕たちの奇跡」「どんなときもずっと」「Angelic_Angel」「SUNNY_DAY_SONG」「僕たちはひとつの光」をクリアしていれば解禁される。

衣装は2015年6月から追加されたマリン編(覚醒後)。35章4話でもステージで全員この衣装をまとっている。
一方、版権の都合上なのか実際のライブでは一度も歌われていない。最後の機会となるファイナルライブでもカップリングの「嵐の中の〜」同様披露されなかった。

関連動画


関連タグ

スクールアイドルフェスティバル タカラモノズ マリン編 高坂穂乃果

コメント