2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

I_Wanna_Be_The_Guy

あいわなびーざがい

高難易度アクションと理不尽初見殺しで構成された海外発の「死にゲー」。
目次[非表示]

「私はGuyになりたい。」

概要

『I Wanna Be The Guy』とは、アメリカプログラマー、kayin氏によって開発されたフリーウェアアクションゲームである。
2008/1/30リリース。
日本では「アイワナ」などと略される事が多い。
『I Wanna Be The Guy: The Movie: The Game』までが正式名称であるとの情報もあり、『I Wanna Be the Guy』『I Wanna be the Guy』『I WANNA BE THE GUY』とも表記されている。

内容

主人公キッド君を操作して様々な難関を乗り越えていき、立派なGuyを目指す。
武器は彼の手に握られた1丁ののみ。
道中には林檎、更には人気レトロゲームのキャラクターなど様々な障害物が待ち構えており、それらの多くは所謂「初見殺し」となっている。
キッド君に敵が少しでも触れると、無惨にも爆散する最期を迎えてしまうのでご注意。
「何度も死んで攻略ルートを覚える事」が基本であり、攻略には根気と根性が要求される。

難易度は、Medium、Hard、Very Hard、Impossibleの4つから選択でき、セーブポイントの設置数のみが変わる。
Mediumではキッドの髪に大きなリボン(bow)が付く。

幾度となく見る事になるであろうゲームオーバー時の画面が、プレイヤーにとっては印象深い。
(「PRESS "R" TO TRY AGAIN」の通り、キーボードのRキーを押すとリトライ出来るのだが、この際Rキー以外の操作キーを押してしまうとゲームが強制終了するという仕様を備えている)

死にゲー



用語・アイテム


Spike

お馴染みのキラーその1。針、トゲとも言う。
その名の通り触れると死ぬだが、横から接触しても死ぬ。しかも中には飛んできたり何もないところから生えてきたりするものもある
判定がないわずかな隙間を利用することでクリアの難易度が格段に上がる。

Delicious Fruit

お馴染みのキラーその2。果物の見た目をしたオブジェクト。
「美味しい」と名がつくが触れると死ぬ。Spike同様物理法則を無視してあらゆる方向に飛ぶ。ボスの弾丸にされたり、Delicious Fruit自身がボスになることもしばしば。
人によって「リンゴ」「サクランボ」と名称が分かれるが、Deliciousがリンゴの品種であると考えるとリンゴ(に近いもの)かもしれない。

Save Point

セーブポイント。弾を撃ち込むことでセーブ可能。
Medium専用のセーブポイントはSAVEの代わりにWUSS(臆病者、弱虫)と書かれている。
作品によってたまに罠になるが、書いてある文字で判別できるためそこまで脅威ではない。

Wall Spike

針の壁。頻度はそこそこ。
横に長い水平上の空間で出現することが多い。

Error Report Pop-up

エラー画面 …と見せかけた罠。初見殺しが非常に強い。
落ちるので回避すればよいが、面積が広いので反応が遅れると助からない。
作品によってはこいつがボスになることがある


余談

製作者のkayin氏はこのゲームの製作前にプレイした「理不尽に難しい2ちゃんねるのゲーム」にヒントを得て「自分ならもっと良いものが出来ると思い製作した」と公式のFAQで語っている。
おそらくは『人生オワタの大冒険』に影響されたのではないかと思われる。

二次創作

I wanna be the love trap
I wanna be the RUKIMIN!

など、他にも現在確認されているだけで1500以上もある

元ネタ作品

マリオシリーズ ゼルダの伝説 星のカービィ
ロックマン ストリートファイターII メトロイド 悪魔城ドラキュラ パンチアウト!!
魂斗羅 テトリス 魔界村 北斗の拳

関連タグ

別名・表記ゆれ:アイワナ IWBTG IWannaBeTheGuy
フリーゲーム アクションゲーム 死にゲー 心折設計

関連外部リンク

関連記事

親記事

死にゲー しにげー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 270089

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました