ピクシブ百科事典

L.フルクチボランス

らくとばちるすふるくちぼらんす

ヒオチです。
目次[非表示]

解説

L.フルクチボランス」とは、「もやしもん」に登場する「火落ち菌」をモデルとしたキャラクターである。

作品内では学名である「 Lactobacillus fructivorans ラクトバチルス フルクチボランス)」からこう表記されている。

日本酒を腐らせてしまう現象である「火落ち」の原因菌。

通称「火落ち菌」。

ヒオチ


本編では「ヒオチ」と呼ばれている。

日本酒を醸造する過程で、コウジカビ、即ちオリゼーたちが醸し出す「メバロン酸」が大好物。
こいつらがこの「メバロン酸」を求めて醸した結果、「火落ち」が発生する。

腐乱酒7月革命



過去に結城蛍の実家である「結城酒造」で、こいつらによる大腐造が発生。
杜氏死を選ばせ、「結城酒造」が潰れそうになる程の危機となった。

それ故に、こいつらは「酒蔵の敵」であると同時に「の敵」でもある。

ひゴス。


蛍は予防法だけでなく、完璧な撃退法を見つけたい、と口にしていた。

ちなみに予防法としては「火入れ」と呼ばれる、日本酒を加熱し、こいつらを殺菌する手法と、
もろみを入れて「灰持酒」という日本酒を造る手法が有名。
つまりこいつらの弱点は、

本編にて、大学構内で美里川浜が日本酒を密造し、火落ちを発生させてしまった時には、
はこいつらを焼き殺そうとし、
樹教授は灰をぶっかけて、こいつらを退治した。

またアニメ版では、この「ヒオチ大発生」シーンを、当時のCGアニメーション技術の総力を注ぎ込んで制作しており、「株式会社 白組の本気」を象徴する場面となっているので要必見。

たっぷりヒオチ



実は、属名である「Lactobacillus:ラクトバチルス」の名の通り、こいつらは「乳酸菌」だったりする。
つまりはL.ブレビスL.カゼイL.プランタルムL.ブルガリクス、そしてL.ヨグルティの仲間。

なので、「火落ち菌」にはL.カゼイも含まれている。

またワイン醸造にはしれっと参加。
マロラクチック発酵」に加わっている。


あと爺面をしている為か、オリゼーたちから「なんだとそこのヒオチ」と言われつつも、蘊蓄マンガでは良く解説役になる。

また「仮面を外したらイケメン」という噂もある(第5巻、巻末オマケ漫画より)

関連リンク

火落ち - Wikipedia

L.フルクチボランス - もやしもん@Wiki - アットウィキ
火落菌 - もやしもん@Wiki - アットウィキ

関連タグ

もやしもん 石川雅之
 菌ども
ヒオチ 火落ち菌
日本酒 火落ち
ワイン マロラクチック発酵
乳酸菌


別表記タグ
L・フルクチボランス フルクチボランス

pixivに投稿された作品 pixivで「L.フルクチボランス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4

コメント