ピクシブ百科事典

META(アズールレーン)

めた

艦船擬人化シューティングゲーム「アズールレーン」に登場する、特殊な変異を起こしたキャラクターの総称、またはそれらが属する陣営。
目次[非表示]

『……今日の議題は「META現象」についてだ』
『超越、高次、外側、観測されることによって影響されない副次的な情報──』
『META現象…METAというのは、性質にして、変化の過程とその結果を指す総称と定義する』
『そして、変質の過程は「META化」と呼称する』

概要

期間限定イベントや「セイレーン作戦」のストーリーで時折現れる謎の存在。
同じ名を持つKAN-SENとはよく似た容姿でありながら、どこか擦り切れたような暗い雰囲気を纏っており、レーダーに引っかからない性質を持つことから捕捉は困難。またアズールレーンレッドアクシズのどちらにも属さない。
未来で何が起こるのかを知っているような口振りながら、その目的は今のところ明かされておらず、さらに一部の個体はセイレーンの実験場を完膚なきまでに破壊するなどの妨害行動も行っており、敵とも味方とも言い切れない不可解な言動が目立つ。
このような謎のKAN-SENは「META」という語句が作中に登場する以前から通称「コードG」をはじめ複数確認されており、各陣営には「余燼」と呼称されていること、その一人である飛龍がゲーム内で初めてプレイアブル実装された際に「META」と冠していたことなどから、当初は「META」=「余燼」であると考えられていた。

しかし、2021年5月に開催されたイベント「照らす螺旋の鏡海」にて、いわゆる「『余燼』に属さないMETA艦船」が現れたことにより、「META」と「余燼」がイコールの関係ではないという事実が判明した。
要するに「余燼」とは一部のMETA艦船が結成・参加している組織の通称であり、META艦船だからと言って全員が「余燼」というわけではない
ヘレナ(META)曰く「余燼」とは過去の懺悔をし続ける存在であるという。





META艦船とはすなわち「META現象を発現し、変異(=META化)したKAN-SEN」のことを指す。
META現象の詳細については現状不明だが「KAN-SENを構築するメンタルキューブに秘められた、禁断の力にして呪い」とされており、これが発現すると通常では考えられない程の強大な力を宿すことができる。
しかしながら「呪い」という言葉から推測できるように、META化には力の代償としてあまりに致命的な弊害が存在する
イベント「照らす螺旋の鏡海」で現れた蒼龍(META)は暴走を起こしており、自我は既になくもう会話すら不可能な状態だったが、彼女がこうなってしまった理由は「META化が進行しすぎた結果」だと語られたほか、META化の過程は不可逆であり、一度META化してしまうと元に戻すことができないとされている。
似たようなケースは過去にもあり、イベント「黒鉄の楽章、誓いの海」や「神穹を衝く聖歌」などいくつかのストーリー中でビスマルクアルジェリー赤城らが黒いキューブの力に飲み込まれかけて暴走を起こしたことが何度かあったが、メンタルキューブの持つ危険性がいよいよ明るみになり始めたと言える。
このような暴走状態に陥る前に踏み留まれたのがヘレナ(META)や「余燼」たちのような「喋る」META艦船であり、この場合は自我や理性を失わず会話も可能となっている(もちろんこの状態がいつまでもつかは不明である。今は自我があっても、そのうち正気を失い蒼龍(META)と同じ運命を辿るかもしれない)。

なお「余燼」所属とそれ以外のMETA艦船との間では思想や方針が異なるためか、「開かれし紺碧の砂箱」に登場した「余燼」の高雄(META)は指揮官へ直接攻撃を加えてきたのに対し、「照らす螺旋の鏡海」で姿を見せたヘレナ(META)は「余燼」に属していないことを自ら明かしたほか、「指揮官の味方」を自称し彼らが鏡面海域から無事に脱出できるまで支援し続けるなど、終始穏健的な姿勢を取っていた。
ただし「余燼」所属であっても指揮官やKAN-SENたちに必ずしも敵対的な姿勢を見せているとは限らず、例えばアーク・ロイヤル(META)は鏡面海域に転送されて窮地に陥っていたユニオンアトランタブッシュを助けたとされており(居合わせたフォーミダブル曰く「本物のアーク・ロイヤルは現場の海域付近には配置されていないため『余燼』の可能性が高い」とのこと)、飛龍(META)も指揮官らとバミューダ海域で遭遇した際「邪魔をしなければ手は出さない」と前置きした上で対話にもある程度応じていたことから、実際のスタンスは各人でだいぶ異なるようである。

プレイアブル化

2020年12月より「セイレーン作戦」がゲーム内の常設コンテンツとして追加されたことを受けて、連動要素「META戦」および強化施設「メタラボ」が実装された。前者はレイド要素を含む共闘コンテンツで、対象のキャラクターごとに期間限定開催(約90日間)となる点に注意が必要である。
META戦では自力で出現させたボスキャラクターを撃破したり、他プレイヤーの救援に入ることで「解析Pt」を獲得でき、これを集めることでMETA艦船を含むさまざまな報酬を入手することができる。
当初の名称は「余燼戦」となっていたが、第3期より名称のみ変更された。

また2021年10月よりシーズン任務が導入され、この目玉報酬として入手できるMETA艦船も登場した。こちらはMETA戦よりも入手が容易であるためか、レアリティがSRとなっている。

META艦船のレアリティは通常のKAN-SENと同じものが使用されており、元の艦船のレアリティから1段階上昇したものが設定される。またキャラ枠・キャラ背景はMETA専用の独自仕様で、好感度表記やケッコン時の一部仕様が異なっていたりする(式場背景が廃墟である、誓約書が焼けている、指輪やチャットフレームの色が異なる、など)。
同レアリティ・同艦種の通常KAN-SENと比較すると消費燃料がやや多いが、限界突破をしなくてもレベル100、認識覚醒で120まで上げることが可能。
また所持できるのは各1隻限定かつ退役不可。同一艦の2隻目以降を入手した場合、その場で即座に専用の限界突破アイテム(結晶)に変換される。

所属陣営はそのまま「META」となる。上述の通りアズールレーン、レッドアクシズのどちらにも属さず、詳細確認画面では接頭辞がないため「艦名.META」のように表記されている。
完全に独立した陣営として扱われており、この影響で元のKAN-SENが属していた陣営に対応するバフ効果は受け取れなくなっているが、艦種やキャラそのものを指定するスキルについては問題なく発動することが確認されている。
陣営を表す紋章は炎。

同名の通常KAN-SENとは別人として扱われているため、もちろん同時編成が可能である。
バレンタインのチョコにもちゃんと対応しており、秘書艦に設定していると通常版とは異なるメッセージのものが貰える(2022年時点)。

所属艦艇

CVは基本的にオリジナルと同じである。

★はストーリー上では「余燼」にも所属していることが判明している。
☆はストーリー上では「余燼」に所属していないことが確定している。
●は現時点でストーリーに出てきておらず「余燼」に所属しているかどうか不明である。

軽巡洋艦

艦名レアリティCV
ヘレナ(META)SSR中条智世


巡洋戦艦

艦名レアリティCV
グナイゼナウ(META)SSR篠田みなみ


戦艦

艦名レアリティCV
扶桑(META)SR小清水亜美
山城(META)SR小清水亜美


軽空母

艦名レアリティCV
飛鷹(META)SR吉田聖子
隼鷹(META)SR吉田聖子


空母

艦名レアリティCV
飛龍(META)SSR石上静香
アーク・ロイヤル(META)SSR伊藤あすか
蒼龍(META)SSR御手洗かりん


NPC・未実装

以下は登場順に記載

艦名艦種
コードG/エンタープライズ(META)★空母
高雄(META)★重巡洋艦
ヨークタウン(META)空母
シャルンホルスト(META)★巡洋戦艦

余談

META艦船の艦種に着目すると主力艦の比率が圧倒的に高いことが分かるが、これが意図されたものなのか偶然なのかは不明。
当初は特に空母が多かったため、同レアリティ相当の特別計画艦に3期まで空母が1隻も存在しなかったことから意図的に多く配分しているのではないかという見方もあったが、そちらに関しては後日4期で追加されている。

関連タグ

アズールレーン
KAN-SEN
余燼(アズールレーン)

関連記事

親記事

アズールレーン あずーるれーん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「META(アズールレーン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 281895

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました