ピクシブ百科事典

RX-12

あーるえっくすとぅえるぶ

RX-12とは、『R-TYPE』シリーズに登場する次元戦闘機である。
目次[非表示]

概要

バイド係数を純粋に高め、機体にどのような効果を及ぼすのかを実験するために開発されたバイド係数増大武装増加試験機。初出は『R-TYPE FINAL』で、機体名はクロス・ザ・ルビコン。

対バイド戦にて使用されるフォースはバイド体の種子を培養したものとして一般的に知られているが、フォースではなくフォースを運用する母機自体のバイド係数の増加を行った場合にどのような結果を残すのかを確認するために開発された試験機。後に開発される事となるいわゆる"バイド機体の祖"とも取れる機体である。実験機である為、実戦投入された記録は公式上は存在していない。機体に冠されたクロス・ザ・ルビコン(ルビコン河を渡る)の名は後戻りできない重大な決断の例えとしても用いられる言葉だが、人類はこの機体を基によりバイド係数の高いR-13系列の機体や、バイドそのものと呼ぶに相応しい醜悪な外観を持つバイド系機体の開発に傾倒していく事になる。

この機体が運用するフレキシブル・フォースはその名のとおり柔軟な動きが可能で、テンタクル・フォースよりも更に長大な触手により、機体前部を完全防御する事が可能。機体の操作により様々な動きができる為、フォースとしての役割を大いに果たしている。また、触手の先端部から放たれる各種レーザーはこのフォースの挙動に依存しており、あらゆる方向への攻撃が可能となっている。尚、この機体を使用してステージ3.0をクリアすると隠しステージであるステージ3.5に行ける要素を備えている。

装備

  • 圧縮炸裂波動砲

R-11Aが搭載しているものと同等の波動砲で、障害物に当たると広範囲に炸裂し、範囲内の敵にダメージを与える。

  • フレキシブル・フォース
テンタクル・フォースと同様に触手が取り付けられているが、前述のフォースとは別の開発チームが製作したものである。触手部分にX-マルチプル構造が採用された事でテンタクル・フォース以上に柔軟な動きを実現している。触手のデザインや各種レーザーは旧アイレム業務用STGXマルチプライ』の自機X-002に酷似している。

TACTICS版RXwf-12

R-TYPE TACTICSⅡ』にて登場。中盤のあるマップに設置されたトレジャーを入手する事で開発可能となる武装試験機。フォースシュートが通常のフォースよりも強化されているが、バルカンの削除や燃料搭載量の低下などの要因で同時期に製造可能な他の機種に比べて使い勝手はあまり良くないと言える。

関連タグ

R-TYPE R-TYPE FINAL R-TYPE TACTICSⅡ Xマルチプライ R戦闘機

pixivに投稿された作品 pixivで「RX-12」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3473

コメント