ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

SCP-4999

えすしーぴーよんきゅうきゅうきゅう

Item #: SCP-4999 Someone to Watch Over Us (私たちを見守るもの) Anomaly Class: Keter Threat Level:Blue
目次 [非表示]

概要

海外のシェアワールドSCP_Foundation」に登場するSCPオブジェクト


現状未収容であるが、同時に1名を超える人物のもとに出現できない性質、加えてオブジェクトを直接目撃した人物の即時的な死亡のため、SCP-4999は効果的な自己収容状態にある。


SCP-4999のオブジェクトクラスはKeter。それに対する脅威レベルはである。

脅威レベル:青に指定されたオブジェクトは財団にとって有益である可能性があるが、予測不可能な物体もしくは存在に対して使用することはできない。多くの場合SafeやEuclidのオブジェクトが指定される。

その他の脅威レベルについてはこちらを参照。


説明

SCP-4999は人型SCPオブジェクトであり、外見上黒いスーツを着用した中年男性に見える。


彼はその時点で孤独な1名の人物の傍にのみ出現する。

対象に意識があり孤独な場合にのみ現れ、対象が眠っているときや、他の人物と一緒にいる場合には出現しない。

データに記録されている全ての対象は、末期の健康状態や致命傷を負った状態、または臨終する直前の状態にあり、彼らが死ぬ20分未満のときにSCP-4999は個人の視界の内とそのすぐ傍に現れる。


対象の横に座ると、オブジェクトはジャケットの内ポケットから煙草の箱を取り出し、対象にそれを手渡す。

対象がこれを受け入れると、SCP-4999は煙草を対象のに咥えさせ、もう一つを自身で咥え、両方にを点ける。

対象がこれを拒否した場合、SCP-4999は代わりに煙草に火を点け喫煙する。

オブジェクトは対象のを握ったり、自身の手を対象の手の上に重ねたりして物理的接触を行う。

その後SCP-4999は対象が息を引き取るまで、静かに動くことなく傍に居続ける。


対象が死亡すると、SCP-4999は即座に消失する。しかし対象が喫煙した煙草は残ったままであるため、これはSCP-4999の存在の唯一の物理的証拠として認められる。


SCP-4999に影響を受けた人物たちには次のような共通点がある。(一部要約あり)

  • 1人で生活している
  • 宗教派である
  • 貧困またはホームレスである
  • 精神病の経歴を持つ
  • 退役軍人である
  • 犯罪歴や暴行罪の判決を受けたことがない
  • 存命の親族がいない
  • 未婚または重要な他者を持たない
  • コミュニティ内で社会的な立ち位置にいない
  • 自身が持つ重要な記録を一切誇示しない
  • 利益的な相互対人関係を持っていない

このような特徴により、倫理的観点などからSCP-4999に関する実験は試みられていなかった。

だが、如何なる経緯によるかは不明なものの(恐らく偶発的)、とあるオブジェクトとのクロステストが実現した。


そのオブジェクトとは、SCP-458『はてしないピザボックス』

このSCPは開けた知性体の好みに合ったピザを生成するピザボックスのオブジェクトであり、知性を有するオブジェクトの嗜好を測る為にも用いられている。


SCP-4999が、末期の腎不全により臨終直前のとあるDクラス職員の前に現れた際に、近くに置いてあったSCP-458を使用。その結果、SCP-458は看取っている者の思い出のピザを生成した(SCP-4999はピザをDクラス職員と分け合って食した)。


彼(?)らしいと言えばらしいのだが実はコレ、最強クラスの現実改変者であるSCP-343が相手ですら「開けた者の為のピザ」を生成したこのピザボックスが唯一「直接開けていない者の為のピザ」を生成したケースであるらしい。


他にも、撮影時の被写体の願望を写し出すカメラのオブジェクトであるSCP-978『欲望カメラ』での撮影にも成功しているが、やはり看取られている対象の望む情景しか写っておらず、しかもSCP-4999は写っていなかった。



私たちを見守るもの










財団による調査の結果、世界中の民話や歴史書、絵画などから、このSCP-4999に似た存在が確認できたという報告がなされているという。

























SCP-4999は、遠い過去から遥か未来まで様々な時代に出現し、多くの人々を見守ってきた。


彼は孤独な人物の最期を見届け、その人物の生きてきた小さな歴史の証人となった。


また、歴史をつなぐ彼自身の存在も彼らに認識され、歴史に刻まれていったのだ。







SCP-4000からSCP-4999までのSCPオブジェクトは、「歴史」というテーマで開催された「SCP-4000コンテスト」のエントリー作品である。


誰にも知られないまま消えていく孤独な人々の歴史に焦点を当てたSCP-4999は、多くの人から高く評価され、コンテストでは見事第3位に輝いた。


関連タグ

SCP SCPオブジェクト SCP_Foundation

煙草  歴史


  • 人型
  • 男性
  • スーツを着用している
  • オブジェクトクラスがKeterである

など、SCP-4999と多くの共通点があるSCPオブジェクト。

SCP-990

外部リンク

SCP Foundation


■CC BY-SA 3.0に基づく表示■

SCP-4999 - Someone to Watch Over Us

by CadaverCommander

http://www.scp-wiki.net/scp-4999

http://ja.scp-wiki.net/scp-4999


この記事の内容は、クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0ライセンスの下で公開されています。

関連記事

親記事

SCPオブジェクト えすしーぴーおぶじぇくと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 377177

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました