ピクシブ百科事典

さょちゃん

さょちゃん

さょちゃんとは、「中の上」の、現役女子中学生バーチャルYouTuberである。
目次[非表示]

概要

さょだよ~


さょちゃんとは、動画配信者すあだのプロデュースするバーチャルYouTuberである。
いぬわんたんジャスティスボーイ真と共にすあだ作品の看板キャラクターとして、様々な動画に登場、またTwitterでの広報活動も行っている。

彼女のイラストを探すときには以外にもpixivではなく、Twitterで探すほうが多くの作品に出逢えることが出来る。
それは彼女自身がTwitterで「#さょちゃんの絵」のハッシュタグでイラストを募っていたり、企画放送の際に「#さょちゃんの人魚姫」「#さょちゃんの人間椅子」等のハッシュタグでイラストを募るためである。
企画で募られたイラストは放送時に紹介されるので彼女の放送アーカイブでもチェックできる。

人物


若干メンヘラ臭があり、またバーチャルの存在であるためか、10年近く「現役女子中学生」を名乗っている。」
帰国子女で、やたら英語の発音が良い時があり、オーストラリアには、おばあちゃんが暮らしているらしい。
実家ぐらしで、両親と暮らしている。
小野ちゃんというあまり美人ではない親友がいる。

さょちゃん&小野ちゃん


基本、『自分かわいい』な性格な持ち主で腹黒一面もあり、謙遜するように見せかけて『え〜、さょ、全然かわいくないょ〜』『中の上だよ』などのフレーズはもはや定番化となっている。
小野ちゃんとは、その腹黒さゆえに微妙な空気になったりもするが、しっかりと友情も感じている様子。

外見は現在では、制服姿の色白で(「ダダに似てる」とか言っちゃいけない)、黒髮のカチューシャスタイルが基本だが、初登場時には姿がなく、『朝のすあだ』番組内で、はじめて外見が公開された時にはロングヘアだった。
その後、ツインテールなど様々な髪形の変貌があったが、現在の基本のショートヘアに落ち着いたのは、アニメ『現役女子中学生アニメさょちゃん』のころ。

最近の生放送では、毎回コスチュームチェンジしており、視聴者から可愛いと定評がある。(本人は中の上と称している)

好きな楽器はカエルだか、ギターの弾き語りも得意でツイキャスライブで披露していたこともある。

活躍

初期の活躍

バーチャルYouTuberという概念が誕生するよりだいぶ昔、2008年頃よりニコニコ動画においてゲームロマンシングサガのプレイ動画や生放送に登場するなどしていた。ロマサガの実況プレイ動画については3パートも公開したにもかかわらず、いずれにおいてもプレイすらせず自己紹介に終始し、生放送においては「心のカウンセリング」相談員として登場するも相談文章を改ざんしたり、最終的に自分可愛いでしめるなど問題行動が目立った。

アニメ化とCD『ポジティブレディゴー発売』

2013年にはアニメ『現役女子中学生アニメさょちゃん』がスタート。

同年、アニメ『現役女子中学生アニメさょちゃん』エンディングソングで、彼女のアイドルとしてデビューシングル『ポジティブレディゴー』をAmazonにて発売(※2019年現在購入不可)。
シカクにて委託販売も行なっていたが、2017年バーチャルYouTuberデビューするなり200枚近くあった委託分の在庫が完売してしまうなど、凄まじい売れ行きをみせた。
しかし、プロデューサーであるすあだの自宅には800枚近くの在庫があると言われ、彼の悩みの種であるとのこと。
Amazonでの再販が待ち望まれる。

また、2016年にはLINEスタンプ『さょちゃんのポジティブスタンプ』が発売開始された。

アイドルさょちゃん


バーチャルYouTuberデビュー


2017年以降はバーチャルYouTuberとしての活動を開始、度々YouTubeライブで視聴者参加型の生放送を行っている。

しかし、2018年初頭、さょちゃんの前座として登場したバーチャルおばあちゃんに瞬く間にチャンネル登録者数を追い抜かれてしまいプロデューサーのすあだ氏も大いに戸惑っていた。

その後、さょちゃんはグリム童話を始めとした童話や昔話を題材にした寸劇スタイルの生ライブを不定期に、小野ちゃんやしげるたちと行っており、そこにバーチャルおばあちゃんがゲストで呼ばれることも少なくない。

怒らせてはいけない

現役女子中学生アイドルさょちゃん


アニメ『現役女子中学生アニメさょちゃん』では、クラスの男子に顔に傷をつけられ…恐怖の眼差しで睨みつけ、翌日からその男子が学校に来なくなったり。(すあだ氏によると転校したらしい)
井戸から出てくる化け物を人蹴りで井戸ごと消滅させたり、人喰い狼に唐突に発砲したり、毒殺するなどかなり過激な行動を取ることがある。
また、視聴者の中でも『さょちゃん=刃物』というイメージが強くあるのか、ファンアートで包丁などの刃物を持った状態で、描かれることも少なくない。

センシティブな作品


祖母役だったVBも「一番怖いのは身内だよ!」と評している。
生放送にていぬわんたんも、視聴者に『さょちゃんとジャスティスボーイ真どっちが強いの?』と聞かれた際に「もしかしたら、さょちゃんの方が強いかもしれん」と答えている。

ラプンツェルのヤツ



関連タグ

すあだ作品 バーチャルYouTuber メンヘラ バーチャルおばあちゃん

外部リンク

Twitter YouTube さょ☆ブログ

関連記事

親記事

バーチャルYouTuber ばーちゃるゆーちゅーばー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「さょちゃん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89449

コメント