ピクシブ百科事典

のらきゃっと

のらきゃっと

「のらきゃっと」とは、バーチャルYouTuberの一人。音声認識・ボイスロイドによる「ご認識」(誤認識)トークと蠱惑的な動きが特徴。
目次[非表示]

動画


概要

自称「世界初、目にハイライトがない系バーチャル美少女」ツーサイドアップの白髪/銀髪に猫耳(四つ耳)がついている戦闘用アンドロイド。同じ猫だからかSCP-040-JP(ねこです)を背景に従え、その方面のネタにも明るい。
音声認識システムの誤認識によって、「武田ドラキャップ」「奈良キャット」など多くのあだ名(表記ゆれに近い)を持つほか、視聴者を魅了する「バーチャルサキュバスおじさん」の異名も持つ。
また自らのファンを「ねずみさん」と呼び親しむ。

デビューと背景

2017年末のブームの波に乗って現れた新進気鋭のバーチャルYouTuber
バーチャルYouTuber初期組とされる電脳少女YouTuberシロよりも早い2017年4月からニコニコ生放送で活動を始めていたが、YouTubeへの進出は件のブームが来た同年12月であり、時流に乗って注目を集めた。
企業主導でプロのスタッフ複数名が運営するバーチャルYouTuberたちがブームを先導する中で、この「のらきゃっと」はハンドルネーム「ノラネコ」氏がプロデュースする美少女アンドロイド、という架空設定の個人運営プロジェクトであり、低予算バーチャルYouTuberの先駆けとなるのが活動目的の一つ。初期費用はパソコンを除けば3万円程度だったという。同じく個人運営のバーチャルのじゃロリ狐娘youtuberおじさん(のじゃおじ)とは技術面等で意見交換をし合う間柄で、公式Twitterでもしばしばお互いについての話題が見られる。
技術力で上回る企業主導のバーチャルyoutuber達と比べ、3Dモデルのモーションや表情など外見の表現力不足は否めないものの、誤認識へのセルフツッコミの愛らしさや、普段の無表情から一転して魅惑的な微笑みをどアップで投げかけてくるなど、視聴者たちのハートを鷲掴みにしている。

「中の人」との関係

(公然の秘密として)プロデューサー=中の人が男性であることから、のじゃおじらと共に「TS(性転換)系YouTuber」とされることが多い。しかし本人はあくまでも「のらきゃっととプロデューサーは別人」としている。
多くの視聴者は「男のツボが分かるのは男」「男だから安心してガチ恋できる(中の人への負担となる恐れが小さい)」などと、この状況を好意的に受け止めている。加えて表情や動きが蠱惑的であることから「バーチャルサキュバスおじさん」の異名を付けられている。

その後の特記事項

2018年6月1日、地上波テレビ出演を果たす。個人勢VTuberとしては初であり、本人の発言のない経済ニュースなどでのVTR出演を除けば企業系VTuberと合わせても電脳少女シロキズナアイ富士葵に次ぐ早期の露出である。
2018年8月17日、キズナアイらの参加するプロジェクト「upd8」に参加することを表明した。

キャラクターの特徴

見た目・表情

3Dモデルは瞬きはするものの基本的には無表情ぐるぐる目で瞳にハイライトを入れていない(レイプ目ベタ目)。
表情の種類も3-4種類と決して多くはない。これは、表情をはじめ手や口の動きなどをWiiリモコンを用いて操作しているため。しかし粒ぞろいの表情はどれも好評である。
加えて精一杯の身振り手振りによって感情を表現している。

バーチャルの世界へ連れて行ってほしい


特に半目の笑みがとても妖艶で、普段の無表情とのギャップも相まって大量のねずみさんを生み出している。

新生のらきゃっと

2018年3月末、3Dモデルを一から作り直した新生のらきゃっと(Ver2.0とも)が誕生した。
耳がメカニカルになったり、大きなしっぽが追加されたり、胸部装甲が強化されたりと色々な点において変更が加えられているが、表情のパーツについては旧Verの面影を多く残しており、サキュバスきゃっとの表情も健在である。
この新型のらきゃっとが作成された経緯について、旧モデルはニコニコ動画やYoutubeで使う分には権利関係をクリアしており問題なかったが、VRchatにおいては規約に抵触しており使用できなかったため作成に至った(……って聞いたんですが詳しい人編集お願いします)

発話(ご認識)

最大の特徴は、発話を声優などの肉声ではなく、音声認識ソフト→ボイスロイドという過程を通してリアルタイムで出力される機械音声で行う点。このため若干カタコト気味。
技術面で発展途上のため誤認識も多く、支離滅裂な発言になることもしばしば。だが、誤認識を基にトークを広げるさまが生放送と相性が良く、言い間違いへの視聴者ツッコミやセルフツッコミ、およびそれらへのフォローが個性的な持ちネタになっている。
例えば自らの名前「のらきゃっと」と言おうとするも「ドラキャップ」と出力されてしまったせいでこれが視聴者からの愛称にされてしまったり、好物は紅茶というキャラ設定を紹介したかったはずが校舎を食べる設定にされてしまったり、「症状じゃない」が「処女じゃない」となって非処女設定にされたりしてしまった。
「誤認識」という単語すら「ご認識」と出力されるため、これらの言い間違いを総じて「ご認識」と呼ぶようになった。
イラストによっては誤認識がそのまま固有言語化している例も少なくない。

その他

「ご認識」から生まれた様々な設定のほか、戦闘用アンドロイドという一面も持つ。ひぐち...「クラリキャットカッター」は持ちネタの一つだが、かつては左手に刀、右手にピストルを持ち戦闘したという。イラストにも「忘れろビーム」「南奈良サテライトキャノン」など物騒なネタが並ぶ。

関連イラスト

☎︎
のらきゃっと


のらちゃん落書き
のらきゃっと


●旧モデルver

のらきゃっと
ラクガキ



関連リンク

のらきゃっとチャンネル(YouTubeチャンネル)
公式Twitter
非公式Wiki - ご認識集などを掲載。

関連タグ

  • バーチャルYouTuber
  • バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん(ねこます) - 盟友。「ねこます」と言おうとしても「猫松」と誤認識されてしまうため、のらきゃっとの動画内では猫松で通っている。ライブにも積極的にコメントを残しており、その際は投稿者仲間というよりも一人のファン/獣耳仲間として楽しんでいるようである。 →(のらのじゃ)
  • ときのそら - 魅力的な動きの師匠として慕われている。
  • ばあちゃる - チャンネル登録者数が近く追いかけっこをする仲。彼女にハプニングがあった際、手を差し伸べたTwitter芸人。
  • 万楽えね - 新生のらきゃっとの3Dモデルを作成してくれた人が彼女の3Dモデルも作成しているため、図らずも実質姉妹になってしまった(リンク先万楽えねツイッター)
  • SCP-040-JP - ねこです。のらきゃっとはいます。よろしくおねがいします。

pixivに投稿された作品 pixivで「のらきゃっと」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3198049

コメント