ピクシブ百科事典

まどなぎ

まどなぎ

アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』・アニメ映画『魔法少女まどか☆マギカ 叛逆の物語』の登場人物、鹿目まどか(攻)×百江なぎさ(受)のGL(百合)カップリング。
目次[非表示]

概要

魔法少女まどか☆マギカ』本編で概念化したまどかと、『叛逆の物語』のキーキャラクターと思われる百江なぎさに何らかの接点があるのではという可能性から発生した様相のカップリング。それゆえか、百江なぎさというキャラクターが発表されてすぐにカップリング絵が作られた。2人はいったい何をもたらすのだろうか。

二人の関係

百江なぎさもまた、まどかによって救済され、円環の理の一部に組み込まれていたことが明らかにされた。劇中でなぎさは、インキュベーターの実験により魔女化してしまった暁美ほむらを救済するため、まどかの補佐役(鞄持ち)としての役割を、同じ円環の理の眷属である美樹さやかと共に担う。つまり、なぎさもまたさやかと同じく女神の使い、すなわち天使ともいえる存在である。

暁美ほむらの救済にあたって、さやかとなぎさがまどかの補佐役になった理由は、さやかについては「まどかの親友であること」や「杏子への心残りがあったこと」がわかっているが、なぎさについては「たまたま(偶然)来てくれた」とされている(映画製作という意味では、円環の理から戻ってくる魔女が、さやかの他にもう一人描写する必要があったため、一番キャラが確立しているお菓子の魔女を出そうと判断したため)。では、まどかにとってなぎさは、単なるその他大勢の一人なのかと思われるかもしれないが、そう言い切れない部分がある。

叛逆の物語で示されたように、なぎさが担ったのは、女神(まどか)が置いていった記憶と力を預かり、再びまどかに届けるという役目である。これは、よほど能力と為人を信頼できる相手でなければ、任せられない役割である。暁美ほむらの救出作戦の成否に直結するだけでなく、邪な心の持ち主であれば、円環の理の力を私利私欲に用いてしまうかもしれない。TV版の頃からファンの間では「円環の理で救われない魔法少女」が居るのではないかという議論もあり、救済された全員がまどかに協力的なのかは不透明である。実際、もしも力を預かったら、私利私欲に用いてしまうかもしれない魔法少女は存在する(あくまで可能性の話だが)。

これらを総合して考えると、「たまたま、なぎさが来てくれた」という背景には、私利私欲に走らず、コンビを組む美樹さやかと上手く連携できて、使命を果たす能力がある、という、なぎさに対するまどか(とさやか)の信頼があると考えることができる。

関連

魔法少女まどか☆マギカ 叛逆の物語
まどか☆マギカのカップリング一覧 百合

鹿目まどか

↓表記/相手→暁美ほむら巴マミ美樹さやか佐倉杏子
自分が攻めまどほむ(わたしの、最高の友達)まどマミまどさやまどあん
自分が受けほむまど(黒騎士と桃髪姫)マミまどさやまど杏まど(藍と悠木が勝つストーリー)
↓表記/相手→百江なぎさ志筑仁美キュゥべえ
自分が攻めまどなぎ
自分が受けなぎまど仁まどキュゥまど

百江なぎさ
↓表記/相手→鹿目まどか暁美ほむら巴マミ美樹さやか佐倉杏子
自分が攻めなぎまどなぎほむなぎマミなぎさやなぎ杏
自分が受けまどなぎほむなぎマミなぎさやなぎ杏なぎ

pixivに投稿された作品 pixivで「まどなぎ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39308

コメント