ピクシブ百科事典

なぎさや

なぎさや

『魔法少女まどか☆マギカ』の百江なぎさと美樹さやか。

もしかして…→渚さやか/チェンジマーメイド


アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』・アニメ映画『魔法少女まどか☆マギカ 叛逆の物語』の登場人物、百江なぎさ美樹さやかコンビカップリング

同じ組み合わせを指すタグにはさやなぎがある。

以下ネタバレ注意










叛逆の物語での役割

この二人は既に円環の理に導かれ、その一部として組み込まれた魔女、いわば円環の理の眷属である。アルティメットまどかのほむら救済をサポートする補佐役(さやか曰く「まどかの鞄持ち」)として、干渉遮断フィールドに囚われたほむらが生み出した結界空間へと潜り込んだ。活動中の二人は、全ての事情を理解していながらも、自らの正体を隠すため、あえて素知らぬ演技をしつつ、秘かに機会を伺っていた。結界内に囚われた人間(一部はナイトメアにされてしまった)を見守ったり、巴マミ佐倉杏子と良好な関係を築いたりといった様々な下準備を、二人は水面下で行っていたと思われる。

ほむらが魔女化した際には、彼女を救済するために自らの魔女形態を具現化させたり(なぎさは自らの顔をCharlotteに変える、さやかはOktavia_Von_Seckendorffを召喚)、他の円環の理の魔女たちから借り受けた使い魔たちの指揮を執るなど、奮闘を見せている。なお、二人はまどかの記憶を預かっていたことを明かしており、その記憶を返すまでの間、まどかに代わって円環の理の意志を実行していたので、「サポート」というより「代行」に近い。

現時点でpixivに投稿されている作品数では、マミなぎなぎマミには及ばないものの、なぎさを含む組み合わせとしては円環組に次ぐ3番目の勢力である(円環組に、なぎさや・さやなぎの要素を含むことを考えれば、実質的に2番目と言える)。実際、叛逆の物語において、さやかとなぎさは強い結びつきのあるパートナーであったと言える。二人が担っていた役割の性質上、表立って絡むことはほとんど無かったものの、巴マミ暁美ほむらの衝突に割って入る(ほむらの救出はさやかが、マミへの説明はなぎさが担当)など、重大な局面では共に行動している。このことから、二人は責任重大な役目を果たす相棒として、お互いを信頼していたことが伺える。また、アルティメットまどかがほむらを導こうと向かう際に二人してかぼちゃの馬車に並んで乗っていたりする場面があることや、なぎさがさやかを呼び捨てにしたり、さやかがなぎさにタメ口をきいていたりする場面もあるので、仲も良い様子である。

余談
余談であるが、さやかの魔女(人魚の魔女)のモチーフとなったとされる人魚姫は王子を刺さなかった時泡となり消えたが、なぎさの魔法はシャボンである。だからなんだという話ではあるが、少しでも燃料をということで記しておく。

また、この二人の中の人は這いよれ!ニャル子さんに登場した八坂真尋ニャル子である。そうした中で中の人繋がりネタもしばしばある。

関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ 叛逆の物語
まどか☆マギカのカップリング一覧 百合

百江なぎさ

↓表記/相手→鹿目まどか暁美ほむら巴マミ美樹さやか佐倉杏子
自分が攻めなぎまどなぎほむなぎマミなぎさやなぎ杏
自分が受けまどなぎほむなぎマミなぎさやなぎ杏なぎ

美樹さやか
↓表記/相手→佐倉杏子鹿目まどか巴マミ暁美ほむら
自分が攻めさや杏さやまどさやマミさやほむ(青ほむ)
自分が受け杏さや(紅騎士と蒼髪姫)まどさやマミさや(蒼髪姫と黄金色の騎士)ほむさや
↓表記/相手→百江なぎさ上条恭介志筑仁美
自分が攻めさやなぎさや仁
自分が受けなぎさや恭さや(さやかちゃんも救い隊)仁さや

pixivに投稿された作品 pixivで「なぎさや」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 273734

コメント