ピクシブ百科事典

さやマミ

さやまみ

『魔法少女まどか☆マギカ』における、美樹さやかと巴マミのカップリングタグ。
目次[非表示]

概要

魔法少女まどか☆マギカ』の登場人物、美樹さやか巴マミにアプローチする作品につけられる。
同じ組み合わせを指すタグにはマミさや蒼髪姫と黄金色の騎士がある。

本編に於いてはマミが早期退場し、生きている中でもまどかとの関わりが多かったため、カップリングとしての人気はあまりなくリバ含めて述べ数が300弱という本編五人の組み合わせでは最も少ないものではある。
だが、本編中改編前世界においてのさやかの魔法少女としての在り方は、マミの影響(さやかがマミとの十分な対話を出来なかった為に生み出した虚像も多いが)を大きく受けており、知らないゆえの悲劇と切り捨ててしまっては、さやかを語ることは難しくなるだろう。

余談

上記の通り、美樹さやかの魔法少女観は初めて出会った魔法少女・巴マミに起因しているものと考えられる。すなわち第5話に於いても杏子から揶揄されていた通り、利己でなく利他とあらば魔法少女としては特異な部類であろう事も同様。しかしながら正義の味方としての巴マミとは、年頃の寂しがり屋で甘えんぼさんで頑張りやさんな少女としての側面を隠す為の仮面であったに過ぎず、少なくとも本編の主となる世界線に於いて、さやかは最期までマミの本当の心を知る事を叶えられなかった。

「あたしね、今日後悔しそうになっちゃった。あの時、仁美を助けなければって。ほんの一瞬だけ思っちゃった。正義の味方失格だよ……。マミさんに顔向け出来ない……」

それどころか本編においてもTheDifferentStory内においても、側から見れば人として当然備わってるべきであろう人並みでしかない利己性しか持ちあわせてないにも関わらず、そんな自らの利己性を嫌悪してしまい、理想像たる正義の味方からの乖離から涙を流す程にまで葛藤してしまう場面も見られ、美樹さやかにとって(虚像としての)巴マミが如何に大きな存在であったかが窺える。
自らの理想像との間で揺れ動いた末に行き着いた先は……
以上から美樹さやかと巴マミの関係性については、魔法少女・美樹さやかを語る上では切っても切り離せない事であると考えられる。

関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ 百合

美樹さやか

↓表記/相手→佐倉杏子鹿目まどか巴マミ暁美ほむら
自分が攻めさや杏さやまどさやマミさやほむ(青ほむ)
自分が受け杏さや(紅騎士と蒼髪姫)まどさやマミさや(蒼髪姫と黄金色の騎士)ほむさや
↓表記/相手→百江なぎさ上条恭介志筑仁美
自分が攻めさやなぎさや仁
自分が受けなぎさや恭さや(さやかちゃんも救い隊)仁さや

巴マミ
↓表記/相手→鹿目まどか暁美ほむら美樹さやか佐倉杏子
自分が攻めマミまどマミほむマミさや(蒼髪姫と黄金色の騎士)マミあん
自分が受けまどマミほむマミさやマミ杏マミ
↓表記/相手→百江なぎさキュゥべえCharlotte
自分が攻めマミなぎマミシャル
自分が受けなぎマミキュゥマミシャルマミ

関連記事

親記事

まどか☆マギカのカップリング一覧 まどかまぎかのかっぷりんぐいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「さやマミ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「さやマミ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1402725

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました