ピクシブ百科事典

イフェイオン(花騎士)

いふぇいおん

DMM.comのゲーム『フラワーナイトガール』に登場する花騎士の一人。植物のイフェイオン(ハナニラ)をモチーフにしたキャラクター。
目次[非表示]

図鑑データ

名前イフェイオン
図鑑No.361
属性斬属性
品種ヒガンバナ科
所属国家ブロッサムヒル
花言葉悲しい別れ、恨み


「悲しい別れ」「恨み」......それがイフェイオンの花言葉。そう......行動原理ってやつ。頭にはこれしかない。その為ならなんだってする。「卑劣」なことだってするし、してきた。だから、わたしはもう後戻りできない。あなたの命を奪うまでは...。

概要

2017年9月19日開始のイベント『緊急任務 過去と未来の自叙伝』の報酬として実装された★5・斬属性の花騎士。イベントストーリーではホシクジャクとともにブロッサムヒルの警備任務に呼ばれ、ワレモコウ(成長する軍師)アカバナスイレン(成長する陰謀)ミント(成長する美徳)の成長の謎を追った。

団長を親の仇と呼び、その命を狙う花騎士。団長への愛が行き過ぎて危害を加えかねない花騎士は過去にもいたが、殺害を企てるのは初めて。武器は刃の付いた杖のように見えるが、専用装備によれば戦斧である。また元々ツンデレであり、ストーリーが進むにつれその要素が強くなる。

モチーフになった植物のイフェイオンは、ニラのような臭いがすることからハナニラとも呼ばれる。この臭いからネガティブな花言葉も多いが、その花が六芒星に似ていることから「ベツレヘムの星」の別名があるほか、それに関連して「星に願いを」というロマンチックな花言葉もある。
なおハナニラの原産地は南米アルゼンチンである。

性能面では、敵1体の攻撃力を10%低下させる、いわゆるデバフアビリティが特徴。同じアビリティを持つイベント報酬は打属性のレインリリー、魔属性のベラドンナ、突属性のストレリチアが登場しており、これで4属性が揃うこととなった。

2018年にはレアリティ昇華(他ゲームで言う所のケッコンカッコカリ)が導入され、彼女も早い時期にレアリティ昇華が実装された。
(早期実装された背景には、人気投票上位に入った事が理由)

☆6化する事により、デバブが敵3体を対象に強化、パーティメンバーのクリティカルダメージが35%上昇等の強化がされているが、装備や技レベルの上昇には☆6専用のアイテムで強化しなくてはいけないので、ある意味で一長一短と言える。強化する場合は、それを踏まえて慎重に行う事。

なお、イフェイオンの恨みは開花後に公開されるキャラクタークエスト、および好感度イベント(寝室)で解決する。花騎士のシステム上寝室が終わってもホーム画面では恨み言を言うので、一番時間が進んだ状態である寝室の前にキャラクタークエストを終わらせておこう。でないと即落ち二コマになってしまう。

図鑑データ(メイドVer)

メイドverイフェイオン


名前イフェイオン(メイド)
図鑑No.479
属性斬属性
品種ヒガンバナ科
所属国家ブロッサムヒル
花言葉悲しい別れ、恨み


「卑劣」なことをしてきたんだから、「恨み」を買うのは当然のこと。それなのに……誰もわたしを追い出さない。責めたりもしない。ここにいていいよって……団長もみんなも、そう言うの。悪いのは、わたしなのに……どうしてなのかな?

概要(メイドVer)

2018年10月よりスタートしたイベント『緊急任務 メイド・バイ・フラワー』で実装されたメイドバージョン。必殺技やアビリティも従来バージョンと変更になっている為、異なる運用方法を求められるだろう。こちらのレアリティは☆5なので、カウスリップと違って55連続でガチャを回す際の途中で出てくる可能性は高い。
(55連イベントは期間限定なので注意)

メイドVerでは過去の復讐に関する誤解が解けたというオリジナルから時間が進んだ状態で登場。団長のことを誤解していた罪悪感からか、一転して「団長に何を命令されてもいい」という自虐的なキャラになった。団長や他の花騎士からも昔のことについてお咎めはなかったようで、本人も自分が撒いた種による居づらさを感じつつも団長へ奉仕することで償いをしている。彼女も本当は優しい花騎士なのだ。

関連タグ

フラワーナイトガール 花騎士 イフェイオン ハナニラ 闇堕ち 光堕ち

緊急任務繋がり

通常Ver

イベント配布:イフェイオン
ガチャ:ホシクジャクミント(成長する美徳)アカバナスイレン(成長する陰謀)ワレモコウ(成長する軍師)

メイドVer

イベント配布:ボタンヅル
ガチャ:イフェイオン(メイド)カウスリップ(メイド)オレガノ











































※この先、ネタバレ注意!














まずイフェイオンが団長を狙っていた理由、それはかつて彼女の故郷近くで行われたある作戦で逃がしてしまった害虫によって、自分の両親が亡くなり、その原因となった作戦指揮を「団長が執っていた」からだと考えていたからである。しかし、その作戦によりによって団長は参加していないどころか、本件と全く関係ない別の作戦に加わっており、結果的に完全なターゲティングミスが起きている。
しかし、ここで一つ気になった人がいるだろう。



なぜ彼女は、こんな初歩的なミスをしたのだろうか?




害虫災害の実態


害虫のせいで、花騎士自身や近しい人の身に危険が及んだ例は枚挙の暇がない。イフェイオン初登場のイベントで共演したミントもその一人で、過去に親友を害虫に殺されており、消えないトラウマを植え付けられている。このことがメインストーリー2章にまで関わってくるため、ミントが事あるごとに本件に触れること、そしてミントがチュートリアルにも登場する事実上の初期キャラであることも相まって本件の知名度は高い。他にもアルストロメリアも幼い頃に害虫に殺されかけており、こちらもキャラクタークエストだけでなく漫画版にまで取り上げられている。クロユリギンリョウソウなど、過去の戦友を害虫との戦いの中で看取ったキャラもおり、彼女たちも心に深い闇を抱いている様が見受けられる。クロユリの件はメインストーリー3章にも深く関わってくる、サブストーリー「水影の騎士」でも取り上げられているだけでなく、相方のゼラニウムにまで関係してくるため、これも比較的知名度が高い。他にも、身内を害虫に殺されたという花騎士は複数確認されている。「害虫の毒」という意味ならば、広義にはそのせいで何世紀もコールドスリープ状態だったネムノキや、監獄島最後の生き残りであるルドベキアもカウントできる。

このように、害虫災害の被害者でもある花騎士も少なくなく、そこから害虫災害自体珍しいものではなく、また身近に差し迫った深刻な問題であることがわかる。今後もこのような害虫災害の被害者が花騎士として登場する可能性があり、そうしたキャラと周囲との絡みが一つの注目ポイントにもなっている。

こうしたキャラのほとんどは害虫に並々ならぬ敵意を持っており、ともすれば冷静さを失い生き急いでいると言われかねない言動のキャラも見られる。しかし、害虫災害の被害者の中でイフェイオンだけ過去の事情から少し異質な要素があり、それゆえ対害虫のみならず対人にも敵意を見せている。



前述のとおりイフェイオンは団長を葬るためにかなり周到に準備をしている。だがそんな彼女の作戦には、あまりに致命的すぎる、根本的な問題がある。それがターゲティングミスであり、それに気づいた時には既に団長に対する感情が変わってきており、「復讐」の意欲も薄れて来ていた。





それにしても、ここまで用意周到な彼女が、こんな一番大事なところで間違えていること自体奇妙なことであり、それゆえに「まだ語られていない何かがあるのでは?」とも推測される。



果たしてそれは一体何なのだろうか?彼女が復讐の相手を決める過程で、何があったのだろうか?
いつか語られるその時まで、あらゆる想像を膨らませて待っていよう。

関連記事

親記事

ブロッサムヒル ぶろっさむひる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「イフェイオン(花騎士)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「イフェイオン(花騎士)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 661519

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました