ピクシブ百科事典

エンクレイヴ

えんくれいゔ

エンクレイヴとはFalloutシリーズに出てくる。戦前からある(自称)アメリカ合衆国の末裔でもあり、後継者と名乗る組織。実際は・・・。
目次[非表示]

解説

エンクレイヴとは、Falloutシリーズに出てくる。アメリカ合衆国の正当な後継者と名乗る相識である。

では、我らの大統領エデンが霊的な説明を・・・。

組織の始まり。

2077年10月23日9時47分に起きた核戦争を生き延びた戦前から有る組織である。
合衆国政府を操っていた陰の組織であったエンクレイヴは、「 合衆国 政府の重要な人間が生き延びていれば、素早く共産主義を一掃出来る。」と信じていた。中にはエンクレイヴと関係ない大企業科学者、軍事複合体など含まれていた。それは組織の有益になる物と考えていた。

Vault計画。

表向きは、核戦争による放射線や伝染病]]による病気から守るために政府とVault-Tec社はセーフハウス計画または、Vault計画が始まった。実際は強いアメリカを作る為の実験場だった。本来は、Vaultシェルターに一時的に避難して、建造していたロケットに乗り込み、地球から脱出。そしてG.E.C.K.(エデンの園]]創造キット)で惑星]]を開拓する。がしかし計画は頓挫した。不足の事態に備える為にVaultを実験場にした。

例:

  • 「人類保存型Vault」
Vault13とVault101が該当。一番マシなVault。
恐らく人員の補充用だと思われる。
  • 「技術研究型Vault」 
Vault22やVault81該当。中には、有意義が見いだせない研究や実験があるが人命を犠牲にせず、核戦争後の開拓に役立つ研究もあった。危機管理が杜撰の為全滅も・・・。
  • 「社会実験型Vault」
Vault21とVault34が該当。戦争で崩壊しかけた戦前の狂気が感じるものが多い。特にやばいのがVault11。

グレートウォー


核による壊滅で生き延びたエンクレイヴは、ポセイドン・オイル社の石油掘削施設に避難した。中にはシークレットVaultのような施設と連絡を取り、合流して新たな計画を練っていたであった。

主な活動と没落。


その後エンクレイヴは、ベルチバードを運用して。かつては、アメリカ合衆国と呼ばれたウェストランドを調査していた。見た事も無い生き物が棲息していた。機関銃を軽々と持てる怪力と凄まじい回復力を持つ、スーパーミュータント。中にはあの核戦争から生き延びたグール。そしてFEVにおかされた生物が居たのであった。エンクレイヴはこう思った「我々の想像より酷い事になっているのでは?」と思い。そして、エンクレイヴやVaultの外で生まれた者は、汚物は、消毒だー!と見なす様になった。がしかし彼らの活動は永遠では無かった。かつてVault13を救った英雄の孫。選ばれ者によって壊滅されるのであった・・・。オイル・リグ壊滅後。西海岸で潜伏や東海岸へ逃亡した。そのあとレイブンロックで活動した。そのあと浄化プロジェクトを乗っ取るがVault101のアイツに手を出したのが運の尽きで、Vault101のアイツとリオンズが指揮するブラザーフッド・オブ・スティール(BoS)]]未完成のリバティ・プライムで壊滅するであった。皮肉にも政府を守る為に作られたロボットによって。

リバティ・プライム

 

彼らの有名な悪事。

エンクレイヴの活動によって行われた悪事は・・・。
かつてVault13の英雄に救われた、Vault13の住民を虐殺。(Vaultには、実験テーマがあった。とある人物を追い出したせいで村を開拓してしまった為。)

アロヨ村の虐殺
実験を台無しにされた。腹いせとVault13の住民と同様の人体実験おこうなう為。

敗北後


エンクレイヴの敗北後、FallOut2ではNCR]]や[[B.O.S.は、エンクレイヴの残党狩りを行うようになった。
NCRに裁判で裁かれる場合は、「死刑」か良くても「終身刑」の模様。一方西海岸では、レンムナントを名乗り、こっそり活動している。中に仲間になる展開もある。 行っている。FallOut3]]では、専売特許でもあったベルチバードは鹵獲されたり、アウトキャストに命乞いするランダムイベントがみられる。

関連イラスト

Arcade Gannon 2
エンクレイヴ・キャンプ



別名・表記ゆれ

○○ に関する別名や、表記ゆれがありましたら、紹介してください。
例)Enclave


関連タグ

エンクレイヴに関係するタグがありましたら、紹介してください。恐らくエンクレイヴの元になった思想をモデルにした映画→博士の異常な愛情 Fallout

この記事のカテゴリ

Fallout ファシズム

pixivに投稿された作品 pixivで「エンクレイヴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1645

コメント