ピクシブ百科事典

クイーンチャッピー

くいーんちゃっぴー

クイーンチャッピーとは、ピクミン2に登場する原生生物(キャラクター)である。
目次[非表示]

生態

和名デメマダラ(卵嚢肥大固体)
分類イヌムシ科
全長480mm

概要

ピクミン2に登場するモンスター。

種族としてはチャッピーと同じデメマダラである。
デメマダラはのような社会性を持たないが、
環境の変化等によってエリア内の一番からだの大きなメスの卵嚢が肥大化、
その個体を女王とした社会形態を一時的に取ることがあり、この個体はその中の女王である。
またグループ構成の際に、その中のオスは生殖に関わる個体を
のぞいてほぼ全てメスに性転換する性質を持つ。

普通のチャッピーが真ん丸な感じで可愛らしいのに対して
まるで巨大な芋虫のような姿になっており不気味である。
生物図鑑などで石化させたらさながら「食事中の方は注意」にしかみえない。


ボスクラスのモンスターでありながら作中では3回も登場する割と優遇された生物。
転がり攻撃によって側面に対しては滅法強いが、正面と背後に対する攻撃手段を一切持ち合わせていないため、攻略法さえわかればなんてことはないだろう。
ただしそれは最初の洞窟(けだものの穴)での話である。

辺境の洞窟では、けだものの穴同様最深部に登場。
こちらはなんと尻から無尽蔵に「ベビーチャッピー」を産み出してくる。(総数が50匹になるまで)
ベビーチャッピーは、体力こそオリマーパンチ一発で死んでしまうほどに貧弱だが、捕食スピードはチャッピー系最速。
ピクミンで処理しようものなら悲惨な結果しか見えないのでオリマー達で処理した方が良い。
なお、クイーンチャッピーの転がり攻撃にはベビーチャッピーも巻き込まれる。
産んだばかりの子を親がプチプチと潰してゆく光景には哀愁が漂う。

百戦錬磨の穴ではベビーチャッピーを産むだけでなく、転がり攻撃での壁激突時に前方に落石を発生させるようになった。
これによって、今まで疎かだった前後に対する攻撃が可能となり多くのプレイヤーに衝撃を与えた。


余談

  • 初めて出会うボスモンスターでありながら、全長はピクミン2に出てくる生物の中で最長の480mmである。
  • 『おどるメイドインワリオ』では、プチゲームのプレイヤーとして登場し、クイーンチャッピーを操作してピクミン達を潰していく。


関連タグ

ピクミン チャッピー みんなのトラウマ

pixivに投稿された作品 pixivで「クイーンチャッピー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14690

コメント