ピクシブ百科事典

ゲルマトイド

げるまといど

漫画『美少女戦士セーラームーン』第3部・デス・バスターズ編及び、アニメ『美少女戦士セーラームーンS』に登場する異次元生物。或いはダイモーン。
目次[非表示]

「むだだよ、君たちの技は分析済みだ!」
CV:神谷明(セーラームーンS)、桐本琢也(現:桐本拓哉Crystal])

概要

デス・バスターズの実質的指な揮権を持つ土萠教授と融合(原作、Crystal)或いは乗っ取って憑依している(アニメ版)異次元生物(タウ星系人)。
名前の由来は“ゲルマナイト(ゲルマン鉱)”。

原作及びそれを元に限りなく原作よりで制作されたCrystalとアニメでは微妙に設定が異なっている。それぞれの解説については下記を参照。

原作&Crystal

土萠教授が“超生物実験”の最中に次元の壁を突き破り降臨したファラオ90より授けられたダイモーンの卵を用いた実験の過程において、自らを素体として超生物へ進化する為にダイモーンと融合した姿である異次元生物。

芋虫状のグロテスクな姿であったダイモーンの素体形態が擬人化した様な悪魔的な怪物の容姿をしており、セーラームーンたちが無限学園に乗り込んできた際にその醜い本性を曝け出し襲い掛かるが、最後はスーパーセーラームーンの前に敗れ去り粉砕された。

セーラームーンS

こちらの設定では土萠教授の研究で起きた事故の際に出現したダイモーンの卵(ファラオ90が実験の事故で開いたワームホールから地球侵略の為先発隊として送り込んだ個体?)が事故で重傷を負ったほたるの命と引き換えに教授に憑依しその体と意識を乗っ取っていたダイモーン。

主であるファラオ90に使える巫女・ミストレス9の側近を務めている存在であるらしく、描写から立場的には組織の科学者兼、参謀格であると思われ、ファラオ90がこちらの世界に来るための道標に為に必要となる伝説の聖杯(レインボー・ムーン・カリス)の探索を行っていたが、ほたるに憑依しているミストレス9が完全に覚醒しきっていなかった事もあり、あの手この手で彼女の完全覚醒の為に必要不可欠な“ピッアな心”の結晶集めに奔走した等々の行動を行っていたようだ。

また、劇中の描写からコミカルかつかなりハイテンションなマッドサイエンティスト然とした性格をしている模様(正気に戻った創一の性格からの推測)。

ただし、本人はサポート系の役割を担っている為、戦闘面においてはからっき向かないらしく、第35話において上司であるミストレス9の指示で無限学園に侵入したセーラー戦士の排除を支持された時は渋々その指示に従った感が強かった。

その姿は巨大な両腕が鎌の様にも見える細く長い首に単眼の顔を持つ植物とも動物ともいえぬ奇怪な姿という外宇宙の生命体に相応しい容姿をしており、プルートの命をとした侵入作戦で無限学園に潜入したウラヌスとネプチューンの前にその醜悪なクリーチャーとしての真の姿を現すも、ウラヌスの天界震(ワールド・シェイキング)を受け爆散。

何も出来ないまま呆気なく倒されたかに見えたがその直後に飛び散った肉片が後述する戦闘用の肉体である“器”の中に入り込み実体化を果たすとともに復活。

多数の分身体を伴ってウラヌスネプチューンに襲い掛かり窮地に追い込むが、最後はプルートの声に導かれた2人が顕現させたタリスマンの内、ネプチューンの深海の鏡(ディープ・アクア・ミラー)で分身たちの中に紛れ込んでいた本体を見つけ出された所にウラヌスの宇宙の剣(スペース・ソード)を瞳の部分に突き立てられ断末魔の絶叫と共に消滅した。。

その後、SPCソフト『美少女戦士セーラームーン Another Story』においてヘル・デスティニーの運命改変の影響により復活。

運命改変の影響からなのか、原作に準じた設定で復活しているようで、運命改変で復活した無限学園の研究所を調査するムーンとサターンの前に出現し襲い掛かって来るも2人のセーラー戦士の前に敗れ去り元の姿へと戻る。しかし既に教授には別の邪悪な存在が憑依して操っていた為、その存在に操られるがまま研究所の奥深くへと2人を誘き出す為に逃げ去って行った………。

ちなみに戦闘の際には全体攻撃の超音波を仕掛けてくるが、状態異常を引き起こす催眠や毒霧、そして魅了攻撃以外には特に注意する点は無く、素早さや防御力も低い為対処がしやすく、あんまり強い印象は無い。

“器”

土萌教授ことゲルマトイドが(描写から恐らく)戦闘用の肉体として作成した白いタイツのようなゴム(?)制スーツのような何か。

胸にデス・バスターズのシンボルマークである黒い星のマークがあるゲルマトイドの顔をした白い人間の様な姿をしており、柔軟性に富んだその肉体はあらゆる衝撃を吸収する事で打撃系の攻撃を無効化し、体を巻き付けて相手を拘束したり絞め上げたりすることが可能であるようだ。

なお、SPCソフト『美少女戦士セーラームーン Another Story』ではこの時の姿をモデルにした雑魚敵やボスキャラが登場している。

戦闘員B

ヘル・デスティニーの活動で運命がねじ曲がった結果、復活した土萠研究所に出現するようになったゲルマトイドの戦闘用ボディそっくりな姿の怪物。
ヘビーシェイドタイプの怪物である戦闘員Cと共に研究所を護るガーディアンのような存在であると思われる。

ちなみに戦闘力自体は打撃を主体とした攻撃しかない為、大して強くはない。

イシュタル子分C

第2章「石をさがして ビィーナスの章」に登場。ヘル・デスティニーの幹部であるオポシティオ戦士(一応)であるイシュタル専属の怪物で、一応ボスキャラ。

陽のクンツァイトを奪い損ねたイシュタルが、前回の汚名返上とばかりにトルコの地下都市・リアスの村、クンツァイト神殿に連れて来たゲルマトイドの戦闘用ボディの強化タイプの怪物と思われ、以前登場した子分AとBよりも遥かに強い最強の子分だが、戦闘力が高いだけで、しかも単体のみで襲い掛かってくる為、ヴィーナスのレベルが高ければ大したことない。

関連項目

土萠創一 ダイモーン デス・バスターズ

コメント