ピクシブ百科事典

センチピード

せんちぴーど

「センチピード」はムカデの英語(Centipede)。および、アタリが1980年に販売した業務用シューティングゲーム(センティピード)で、続編としてミリピード(ヤスデの英語)がある(これも併せて解説)。
目次[非表示]

センティピードの概要

センティピード(Centipede)」はアタリ1980年に販売した固定一画面の業務用シューティングゲーム。日本では1983年サンリツ電気がライセンスを取得し、株式会社キワコが販売した。

操作系はトラックボールとボタン1個で、専用アップライト筐体ではトラックボールが右、ボタンが左に配してある。
自機は左右のみならず画面の下部1/4弱の高さまで移動可能で、そのエリア内から、マッシュルームだらけのエリアを縫って上からやってくるムカデ、更にノミクモサソリを攻撃する。
ムカデは多数の節で出来ており、頭を撃つとマッシュルーム(4発当てると消える)に変化し、胴を撃つと分裂する。他の虫を含め全滅させるとクリア。

日本では家庭用ゲームへの移植は唯一、アタリが発売した「ATARI 2800」へのみである。
一方、海外ではありとあらゆる機種に移植される程のポピュラーな作品であり、アメリカ映画ピクセル』にも侵略者側のキャラとして登場している。

各機種比較動画


ミリピードの概要

ミリピード(Millipede)」はセンティピードの続編としてアタリが1982年に販売した業務用シューティングゲーム。日本では1984年にアタリ自らが販売した。

操作系も同じくトラックボールとボタン1個で、やることも同じ。違いは、移動可能なエリアが色分けされ分かりやすくなったこと、数秒毎にマッシュルーム一個分だけ上にスクロールすること、エリア内に「DDT爆弾」が置かれ、それを撃ったときの誘爆で敵やマッシュルームを吹き飛ばすことが可能になったこと、敵キャラがほぼ刷新されたことくらいである。

敵は前作のムカデに代わりヤスデがメインで、前作からの引き継ぎはクモのみ。サソリに代わってハサミムシ、ノミに代わってミツバチが登場し、他にシャクトリムシカブトムシトンボが登場する。

家庭用ゲームへの移植は、1987年HAL研究所ファミリーコンピュータ用として、『ミリピード 巨大昆虫の逆襲』のタイトルで発売している。
海外での移植は前作ほど盛況ではなく、アタリの各機種に加えて、上記のHAL研究所によるNES版、ゲームボーイ版がある程度である。

各機種比較動画


関連タグ

Atari アーケードゲーム シューティングゲーム レトロゲーム
トラックボール アップライト筐体
ムカデ ヤスデ

pixivに投稿された作品 pixivで「センチピード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46

コメント