ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

スズキのトールワゴン三菱自動車がOEMを受け、デリカD:2として販売されている。

全長・全幅は5ナンバー枠未満(3代目モデルは小型車枠より幅は7.5cm、長さは90cmも小さい)に押えられ取り回しに優れているが、見た目通り車内はとても広く、運転席からの見晴らしもよい。

スズキがGM傘下であった時代に販売されていた初代は、GMグループの世界戦略車の側面があったが、2代目以降は(一部アジア地域に輸出されるものの)基本的に国内専用車であり、スペース効率とユーティリティの追求、スライドドアの搭載、低中速走行での燃費など、軽自動車同様に国内ユーザーのニーズに特化した商品開発がなされている。

歴代

2005年にワゴンRソリオから改称。ワゴンRの小型車版モデルであり、欧州など日本国外では「ワゴンR」として生産・発売されていた。シボレー/オペルブランドにもOEM供給された。

2010年のモデルチェンジにより両側スライドドアと前後席間の移動ができるセンターウォークスルーを採用し、パレット/スペーシアの普通車版という趣が濃くなった。2014年にはコンパクトトールワゴンとしては初めて衝突被害軽減ブレーキ搭載モデルを設定した。

2015年のモデルチェンジで最小回転半径を4.8mに縮小し、取り回しの良さに磨きをかけた。また100kgの軽量化を実現、マイルドハイブリッド機構を搭載するなど燃費の良さにも力を入れている。2016年にハイブリッドモデルを追加した。

2020年には5年ぶりのフルモデルチェンジを受け、全幅を20mm、全長を70〜80mm大型化し、拡大分は後席の快適性向上と荷室の拡大に割り当てた。先代ではオプション設定だった予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を標準化する一方、先代で設定されていたハイブリッドモデルは廃止となった。一部グレードでは全車速対応ACC、HUDを設定している。

関連項目

SUZUKI 乗用車 トールワゴン コンパクトカー
ワゴンR スペーシア(SUZUKI)

関連記事

親記事

SUZUKI すずき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ソリオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3338

コメント