ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

当記事には今賀俊版甲虫王者ムシキングの重大なネタバレが含まれます。というか項目そのものが重大なネタバレです。








































































【落書き】不死身の甲虫

カクタス「フハハ!!甲虫の死体から作った合成甲虫、「デスビートル」だ!!この怪物で、キサマらを皆殺しにしてくれるわ!!」


概要編集

今賀俊版甲虫王者ムシキング登場する本作唯一の架空の虫


カクタスが甲虫たちの死体を継ぎ合わせて生み出した、いわばゾンビ甲虫。

戦死したり戦力にならないと判断され殺処分(体の一部であるハエトリグサの食べ残しであると思われる)されたカクタス軍団の外国産甲虫の死体が使用されていると推測される。


一見ヘルクレスオオカブトに見えるが、前胸からはギラファノコギリクワガタのものと思しき大顎が生えており、その大顎は(関節はないが)挟むことができる。


劇中での行動編集


軍団のリーダー、アルマに自身が裏で行っていた事を全て知られ、謀反されたカクタスが召喚した。

アルマは死んだ戦友(おそらくアルマと同一種の虫も含まれている)の遺体を弄ばれたうえに、殺戮兵器にされていた事にブチ切れ、キングと共に立ち向かうが、逆に弾かれてしまう。


カクタス「ムダだ。デスビートルにダメージを与えることはできない。もともと死んでいるのだからな!!」


死体を継ぎ接ぎしたデスビートルは生きていない、つまりカクタスによって操縦されている機械のようなもの(それ故セリフはない)であり、当然攻撃も全て弾かれてしまうのだった。


絶望するタンゴだったが…


タンゴ「木霊がくれたシードが光っている!?そうだ!これをアンバーに!!」


木霊が最期に残したシードはカクタスに洗脳されたムシ達を気絶させ正気に戻し、アルマキングを強化させた。


タンゴはわざカードを発動し、キングとアルマは増援に駆けつけた仲間達と共にデスビートルを倒す。


キング「スーパー」

アルマ「トルネード」

全員「「「「「「「「「スロー!!」」」」」」」」

  • 製作上の都合、皆が「スーパートルネードスロー」を使っているが、実際にはゲームで使えるのは(キングカブト丸、ムシキング研究所スペシャル(GCへの道2限定)、ムシカードなし含む)カブトムシと(ネブ博士スペシャル含む)グラントシロカブトだけである。他の虫にわざカードを使っても「トルネードスロー」になる。これは他の究極必殺わざも同様であるが。

8匹同時スーパートルネードスローを食らったデスビートルはカクタス本体に直撃、カクタスの消滅と共に機能を停止した。


余談編集

概要欄で「本作唯一の」という書き方をしたが、甲虫王者ムシキングシリーズ全体で見るとムシキング改造コーカサスオオカブト合虫と行った実在しない虫が登場している。

  • 合虫ガッツに登場するオリジン族の合虫達が合体した「超合虫」、ビートルナイトにデザインが似るがSEGAがセルフオマージュしたのかはたまた偶然なのかは当時のスタッフが既に退社してしまっている今では不明である。

また、ゴッドフォームや漫画作品コラボの固有名詞付き甲虫も見ようによっては架空の昆虫として扱える。

  • ただし、固有名詞付き甲虫はステータスが変更されているのはスーパーアタックタイプ版の「キング」「カブト丸」だけ。
  • また、実在しないと言っても「合虫」を除いて「種の下位分類」である。本作でも「架空の種」となる虫はこのデスビートルだけ。


ヘルクレスリッキーブルーギラファケイスケレッドも生物学上の分類ではなく、前者はヘルクレスリッキーの上翅が青い個体、後者はケイスケギラファノコギリクワガタの羽化したての体が固まりきっていない個体及び(どのクワガタムシにも起こり得る)黒い色素の薄い個体がモチーフ(人間に置き換えると赤髪褐色娘などに相当する)となっている。この為ムシキング以外の場ではこの名称は通用しない(アニマルカイザーでは原名亜種のヘルクレスオオカブトの上翅の青い個体が「ブルーヘラクレス」という名称で登場する。)ため所謂架空の存在と考えるべきであろう。

  • 上翅が青いヘルクレスオオカブト(以下ブルー個体)は亜種を問わず珍しい。実際にヘルクレスリッキーブルーのカードには「100匹に1匹くらいしか生まれない。」と希少な事が記載されている。
  • またブルー個体の出現原因は多数の要因が関わっていると考えられており、要因が判明している個体の殆が後天的なものである(詳細はヘラクレスオオカブト当項目を参照)。ただし、アニマルカイザーのブルーヘラクレスのカードには「遺伝なのか突然変異なのかは不明」と記載されている。
  • なお、ギラファケイスケレッドの方は現実離れした色で描かれている。

デスビートルの素体はヴィータに、前胸の大顎はマティのそれに酷似しているが関連性は不明。

メタ的な話をするのであればムシキングシリーズ最強のカブトムシとクワガタムシ(ただし、実際にはパラワンオオヒラタクワガタの方がより強いのだが…今賀俊版甲虫王者ムシキングには登場しない。)の悪魔合体というだけで特に意図はないのかもしれない。それ故に上記の「ビートルナイト」とデザインが被ったのかもしれない。


関連タグ編集

ムシキング 甲虫王者ムシキング 森の救世主

ラスボス キメラ みんなのトラウマ


フランケンシュタインの怪物:おそらく元ネタ

暴君怪獣タイラント:おそらく元ネタその2

イコール・ドラゴン・ウェポン:ゲーム『モンスターハンター』の公式設定集に掲載されている裏設定。複数の生物の素材を継ぎ接ぎして作られた兵器という共通点がある。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 661

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました