ピクシブ百科事典

デッドコネクション

でっどこねくしょん

デッドコネクションは1992年にタイトーが販売した業務用アクション・シューティングゲーム
目次[非表示]

概要

1992年タイトーが販売した、アメリカ映画『アンタッチャブル』の世界観を模したアーケードゲーム
プランナーは『ナイトストライカー』や『キャメルトライ』、『ソニックブラストマン』などの企画者で、『ICO』、『ワンダと巨像』のプロデューサーでもあるぱぱら快刀氏(海道賢仁氏)であるが、氏の部署移動に伴い途中で他の方に引き継がれている。

ドルアーガの塔と同じく、クレジット投入前のデモ画面にはプレイデモがない。
ゲームは固定一画面のアクションシューティングゲームであるが、キャラの動きが細かく、画面内の仕掛けも多く存在する。
画面中に置かれた物体ほぼ全てに銃弾を撃ち込め、撃ち込み続ければ破壊することが可能。そこからアイテムも出現する(アイテムは敵からも稀に出現)。全8ステージ。

8方向レバーに攻撃ボタン(遠ければ銃撃、近ければキック)、緊急回避ボタンで操作。
銃撃は8方向だが、敵キャラの位置に合わせて補正され攻撃が当たるようになっている。
緊急回避ボタンを押すと、レバーを入れていなければその場に伏せる。入れていれば飛び込み前転するが、これで敵を攻撃することも可能。
ラウンド毎に設けられた規定数だけ敵を倒せばクリアで、残り3人だけは耐久力が通常よりも高い(最終面だけは通常の敵の中にも混在している)。
ダメージは敵の攻撃からのみではなく、耐久力のある敵が倒れた際に投げ落とす銃からも被るため、接近しての銃撃は避けるべし。

プレイヤーはフィリップ(アンディ・ガルシア似)やジェームス(ケビン・コスナー似)など4人いる中から一人を選択してプレイする。個々のキャラの特性の違いは不明(色だけかも)。

プレイ動画


関連タグ

タイトー TAITO レトロゲーム シューティングゲーム

コメント