ピクシブ百科事典

ハイプリエステス(ジョジョの奇妙な冒険)

はいぷりえすてす

「ジョジョの奇妙な冒険」第3部に登場するスタンド。

概要

タロット大アルカナ2番目のカード「女教皇」の暗示を持つスタンド。本体はミドラー
スタンドの造形は人間の頭部に2本の腕が生えたような不気味な外見。

あらゆる鉱物に化ける能力を持つ。いったん化けてしまうと、スタープラチナの目でも見分けることは困難である。
鉱物であれば機械類やコーヒーカップやカミソリや、果ては海底までと、かなり多くの物に化けることが可能。ゲームではや電ノコなど、さらに多彩に化けてくる。

かなり遠距離まで行動可能で、本体との距離によってパワーが増減する特殊なタイプのスタンド。
本体と離れている時は人間の頭くらいの大きさだが、鋭い爪の攻撃は脅威であり、ジョセフの義手を吹っ飛ばしたり潜水艦に穴をあけたりした描写があることから、鋼鉄を容易く切断する程度の威力はある模様。
数mの距離まで近づくと人間数人を丸ごと飲み込めるほどの巨体になり、自称ダイヤモンド並みに硬いという歯で押しつぶしてくる。しかしスタープラチナのオラオラのラッシュの前にはひとたまりもなかった。
歯をへし折った承太郎曰く「ちとカルシウム不足のダイヤモンドだったようだな」。

そのダメージは本体のミドラーに跳ね返り、歯をことごとく砕かれたミドラーは再起不能に。砂浜に倒れている彼女の素顔を拝見しにいったポルナレフ曰く「ダメだ、これじゃブスが美女かわからねーっ!」という有様になっていた。

なおダイヤモンド並に硬いと言われている歯についてだが、該当記事を見れば分かるように実はダイヤモンドは意外と割れやすく硬さ(硬度)=割れにくさ(靭性)を示すものではない。
それに加えスタープラチナの最強クラスの破壊力を見れば現実ならオーバーキルに等しい攻撃である。ぶっちゃけカルシウム不足以前の問題であり、歯をぶち抜かれただけで再起不能になるのも至極当然と言えるだろう。

実のところ、彼女の敗因はダイヤモンドの硬度と靭性を履き違えていた事ではないかとも考えられる。

TVアニメ版ではスタープラチナ以外にも、ハイエロファントグリーンの接射で放つエメラルドスプラッシュをかわし、逆に反撃したり、マジシャンズレッドの火炎放射を避け、続くシルバーチャリオッツの剣での攻撃を鉱物に化ける要領で自身を硬くさせて防御するなど、原作以上に激しい戦いを繰り広げた。

後年カプコンの対戦ゲーム『ジョジョの奇妙な冒険』によりミドラーの姿が明らかに。
ピクシブ内でイラスト検索する際にはキーワード『ミドラー』で検索。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース スタンド ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧 ハイプリエステス

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイプリエステス(ジョジョの奇妙な冒険)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16021

コメント