ピクシブ百科事典

フェアリーバラクーダ

ふぇありーばらくーだ

フェアリー バラクーダ (Fairey Barracuda) はフェアリー・アビエーション社で生産され、イギリス海軍の航空隊 (FAA, Fleet Air Arm) で運用された艦上雷撃機である。複葉の雷撃機フェアリー アルバコアと交代する艦上雷撃機として計画された。エンジンの適合に手間取り、主力の量産型Mk. IIが完成するのに約1年半かかってしまい、旧式のフェアリー ソードフィッシュとの交代も遅れた。
目次[非表示]

開発経緯

1937年に航空省から単葉雷撃機を求める仕様S.24/37に対して、6つの提案があった。このうち、フェアリーとスーパーマリンの設計案が選定され、それぞれに2機の試作機が注文された。フェアリーの試作機は、1940年12月7日に初飛行した。

バラクーダは、全金属製構造の卵型胴体に高翼配置の翼をもつ単葉機であった。主脚は油圧作動の格納式で、車輪は主翼下に格納されたが、支柱は胴体側に格納された。尾輪は露出し、アレスター・フックより後部へ設置された。連接したタンデムの座席に3名の搭乗員を配した。最前席は後方へスライドするキャノピーで、後部の2名は側方へ開くヒンジのキャノピーであった。機体下方の視界を得るため、ナビゲーター席には窓ガラスを設けられた。主翼には、エアブレーキとしてダブル・ヤングマンフラップを備えていた。試作機の尾翼は従来の単尾翼であったが、試験飛行でT字尾翼のような形状になるスタビライザーを取り付けることで、より高い安定性が得られることが確認され、それは2機目の試作機で導入された。

当初、バラクーダはエグゼエンジンを使用することを予定していた。試作機の試験を遅延させたことから、試作機にはマーリン 30エンジン (1,260 hp/940 kW) を搭載して初飛行した。しかし、設計後に加えられた追加装備の重量を生み、結果として量産型バラクーダ Mk. Iは出力不足となった。Mk. Iは、フェアリーとウェストランドで30機のみ製造され、試験と訓練に使われた。

より高出力なマーリン 32 (1,640 hp/1,225 kW) を搭載したバラクーダ Mk. IIは、1,688機が量産された。フェアリーのストックポート工場とリングウェイ工場で675機、ブラックバーン・エアクラフトで700機、ボールトンポールで300機、ウェストランド・エアクラフトで13機が製造された。Mk. IIは、パイロットから強力なフラップを高評価され、良好な視界を確保できることも空母着艦を容易にさせた。

Mk. IIは、翼上に八木アンテナを搭載し、メートル波長ASVレーダーも搭載した。対潜任務向けのMk. IIIは、後部胴体にASVレーダーを格納した。Mk. IIIは、フェアリーで406機、ボールトンポールで392機が生産された。

Mk. IVは製図も残っていないが、Mk. Vではマーリンエンジンをグリフォンエンジンへ換装された。グリフォンへの換装により出力とトルクの増加は、様々な航空力学的な変更を必要とした。垂直尾翼は大型化され、翼面積を増して翼端は楕円形状にされた。1944年11月16日に初飛行したが、ヨーロッパ戦線の終結までに製造されたのは37機であった。バラクーダは全型で合計2,607機が生産された。

バラクーダは、不可解な事故が高い確率で発生した。それらはベテランのパイロットでも起きた。1945年に油圧システムの液漏れが事故の起因であると判明した。この液漏れがエーテルを含み、パイロットの顔面に噴出すると意識を失い、事故に直結した。通称(死の顔射)と呼ばれ、ほとんど酸素マスクを備えておらず、3,000メートル以下では必要もなかったことから滅多に付けていなかった。1945年5月末に海軍省から改善の要求が出された。

戦歴


バラクーダは、1943年1月10日に第827飛行隊への部隊配備が運用開始である。全部で23個の飛行隊がバラクーダを装備したが、ほとんどが北大西洋での哨戒任務に就いた。最初の攻撃任務は、1943年7月にノルウェー沖で空母イラストリアスの第810飛行隊によって行われた。1943年にはアヴァランチ作戦を支援するため地中海に展開した。 1944年からレーダーを装備したMk. IIIと併用され、対潜哨戒の任務に運用された。

1943年に空軍はMk. IIを採用し、まず第567飛行隊が機種転換した。1944年には、第667飛行隊、第679飛行隊、第691飛行隊が装備した。すべて、1945年3月から7月にかけて退役した。

バラクーダは急降下爆撃機としても使われ、ドイツの戦艦ティルピッツに対する大規模な攻撃タングステン作戦で主力を担った。1944年4月3日、空母ヴィクトリアスと空母フューリアスから発進した42機のバラクーダは、1機を撃墜されたものの14発の直撃弾を与えた。この攻撃で、ティルピッツは2か月以上の間、行動不能となった。

1944年4月からイラストリアスの第827飛行隊が日本軍に対する攻撃を始めた。バラクーダは、スマトラのサバン空襲(コックピット作戦)に参加した。太平洋の高温環境に影響され、バラクーダの行動半径が30%も減り、イギリス太平洋艦隊の艦隊空母はTBFへ機種転換した。1945年6月にイギリス太平洋艦隊に加わった艦隊軽空母は、それぞれバラクーダ1個飛行隊とコルセア]1個飛行隊を搭載しており、対日戦終結まで4個飛行隊がバラクーダを運用した。
フェアリーソードフィッシュやTBFと順次交代していったが、1950年代中期までイギリス海軍において運用された。

今日、衝突したバラクーダ2機の残骸が残されているが、組み立てるのに必要な十分な部品がないため、バラクーダの展示は存在しない。

性能緒元

乗員:3名
全長:12.1 m
全幅:15.0 m
全高:4.6 m
翼面積:37.62 m²
空虚重量:4,445 kg
最大離陸重量:6,386 kg
エンジン:ロールス・ロイス マーリン32 液冷12気筒 1,640 hp
最大速度:367 km/h
巡航速度:311 km/h
上昇限度:6,585 m
航続距離:1,165 km
武装 ヴィッカーズ 7.7mm 機関銃 × 2
最大搭載量:726kg(5箇所) 魚雷 × 1
爆弾、機雷、爆雷



関連タグ

イギリス軍 飛行機 攻撃機 艦載機 英国面

↓英国面に翻弄された艦上機仲間たち

フェアリー・ソードフィッシュ
フェアリー・アルバコア
フェアリー・フルマー
ホーカー・ハリケーン

pixivに投稿された作品 pixivで「フェアリーバラクーダ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 680

コメント