ピクシブ百科事典

ヘルクレスオキシデンタリス

へるくれすおきしでんたりす

ヘラクレスオキシデンタリスの表記揺れ。ここでは甲虫王者ムシキングシリーズの本種をモデルとしたキャラクター(甲虫)について解説する
目次[非表示]

概要

南米大陸北西部に生息するヘルクレスオオカブトヘラクレスオオカブト)の亜種、ヘラクレスオキシデンタリスをモデルにしたムシキングのキャラクター。

甲虫王者ムシキングでのヘルクレスオキシデンタリス

2007年夏シャイニング 究極対決!!ドルクス対ディナステスで先行登場(本来は2007ファーストで初登場するはずでしたが秋に延期した為)。強さ160、バランスタイプ。肩書きは「伝説甲虫外伝」。超必殺技は「T4」。
2007ファーストではヘルクレスオオカブトと同じく上翅が黒くなった状態で登場。同年の「2007夏シャイニング 究極対決!!ドルクス対ディナステス」では「シャイニング」の通りゲーム中のグラフィックが輝いていたため、純粋な通常のオキシデンタリスは次の5周年コレクションカードまで出ておらず、枚数も少ない。

旧作ではゲームバランスの関係からヘルクレスオオカブトリッキーブルーよりも弱めに設定されていたが、現実のオキシデンタリスはヘルクレスオオカブトやリッキーと同等か、それ以上の強さを誇る。

新甲虫王者ムシキングでは2015 2ndから登場するが、コロコロコミックの付録のプロモーションカードとして先行登場。1st、2ndそれぞれで特別なトーナメントが遊べるようになる。階級はSR(旧作の強さ160~180相当)。
2ndにてオキシデンタリス(先述の付録カードでなくともよい)を使うと解放される「シークレットカップ」で優勝するとSSR(旧作の強さ200相当)に覚醒することができ、肩書きは「目覚めし英雄」、必殺技も「ヘルクレスT5」に変わる。

覚醒オキシデンタリスはヘルクレスオオカブトより柔軟なお助け相性とバランスのいいパラメータのおかげで使い勝手が良いためか、各地の大会で猛威を振るっていた。
また新ムシキングのコミカライズ作品では主人公のシュウの相棒に抜擢されるなど、微妙な立ち位置だった旧作に比べてかなり優遇されている。

「超神化1弾」では最初の新最高レアリティ「SGR」にニジイロクワガタ(赤)とともに抜擢された。肩書きは「紅炎のアマテラス」、必殺技は「サンフレアトリガー」。
ゲーム内では主人公の甲本シュウと熱い絆で結ばれたことによりパワーアップしたという設定。
なお登場時に肩書きと名前をコールするのは通常のモニ太(cv:菅沼久義)ではなくシュウ(cv:津田美波)である。

11月上旬以降、スーパーアタックタイプのSGR個体が抽選という形式にて解禁。
Vブースターが無いというハンデこそ抱えているものの、赤目ヘルクレスオオカブトヘルクレスリッキーブルーをも上回る攻撃力150を誇り、お助け相性が旧弾のものと同じパー+パー+チョキへと変更されている。
情報公開当初はとされるお助け相性もあって「壊れ」と評されていたものの、解禁時には公式大会が運営されなくなり、店舗大会が開催されるようになった頃には万能なグーのお助け昆虫「オオシモフリスズメ」の実装により環境が激変したために、Vブースターを持たない弱みもあり大きく評価を落としてしまった。

超神化4弾ではマジンフォームの個体がSGRとして登場。こちらもお助け相性はパー+パー+チョキの他、攻撃力とテクニックの合計値は前述したスーパーアタックタイプの個体よりも高くより攻撃的な性能となっており、Vブースターも備えている。

関連タグ

甲虫王者ムシキング/新甲虫王者ムシキング
ヘルクレスオオカブト
ヘルクレスリッキーブルー
ヘルクレスエクアトリアヌス
ヘルクレスレイディ
ゴッドフォーム

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘルクレスオキシデンタリス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 534

コメント