ピクシブ百科事典

マツカサトカゲ

まつかさとかげ

マツカサトカゲ(Tiliqua rugosa rugosa)は、爬虫類 爬虫綱 有鱗目 トカゲ科マツカサトカゲ属マツカサトカゲ種に分類されるトカゲ。
目次[非表示]

概要

マツカサトカゲ(Tiliqua rugosa)は、爬虫類 爬虫綱 有鱗目 トカゲ科マツカサトカゲ属マツカサトカゲ種に分類されるトカゲ。
現在、ニシマツカサトカゲヒガシマツカサトカゲシャークベイマツカサトカゲロットネスマツカサトカゲの4亜種から構成される。各亜種についての詳細はリンク各項目を参照。

学名

Trachydosaurus rugosus

英名

  • Sleepy Lizard(ねぼすけトカゲ)
  • Pinecone Lizard(マツボックリトカゲ)
  • Shingleback skink(小石だらけの背中のトカゲ)
  • Stump-tailed skink(切り株しっぽとかげ)

分布

オーストラリア連邦 オーストラリア西部から南部・南部から東部の主に海岸沿いの内陸部に分布
森林・乾燥した荒れ地に生息する。
オーストラリアの南側の海岸沿い内陸部に生息する理由として北部には捕食者のイリエワニオーストラリアワニジョンストンワニ)が、さらに中部から西部にかけてオーストラリア最大のオオトカゲであるペレンティモニターオーストラリアオオトカゲ)が生息していることが考えられる。フトアゴヒゲトカゲレースモニターとの生息競合もあり自然と今の分布になったと考えられる。

形態

成体で45~50センチメートルに成長する。(ロットネス亜種のみ30センチ前後)
舌は濃い青紫色。口腔内は明るいピンク色。
アオジタトカゲのような鮮やかなブルーの舌でない。ほぼ黒に近い。)
普段はひどく臆病でおとなしいが危険を感じると口を大きく開け舌を出して威嚇する。
動きが緩慢なトカゲだが太陽の紫外線下では俊敏に行動する。
短い尻尾に栄養をため大きく肥大するためどちらが尾か頭部かわかりにくくこれによって外敵を混乱させて身を守っていると推測される。
脱皮を繰り返し成長する。

個体差が激しく外見上から雌雄判別することは困難である。

顱頂眼【ろちょうがん】がレンズ状に発達している。
顱頂眼(もしくは頭頂眼)は光の感受性を持った「第三の目」で体温の維持に役立っていると言われている。

松かさのような強靭なうろこに覆われる。幼体の体は柔らかいが成体の体はワニ革のハンドバッグような硬さがあり外敵を寄せ付けない。

雌雄の判別

個体差が激しく外見上から雌雄判別することは困難である。

オスは鼻筋が太い・メスは鼻筋が細い鼻筋の細いオスが存在する。雌雄は関係ない。
オスは頭が大型化する。エラがはっているのがオスである頭部の小さいオスが存在する。頭の大きさや形は雌雄は関係ない。
色がはっきりしているのがオスである色の違いは生息地の違いと個体差であり雌雄は関係ない。
尻尾が太く長いのがオスである栄養状態で尻尾の形状が変化する。亜種によって尻尾の形状が異なり個体差もあるのでこれをもってして雌雄判別はできない。
ポッピングは強い力で絞り出すためしっぽや背骨を損傷する可能性があるので避けるべきである。

分類

日本での呼称別名亜種分類英名Tiliqua rugosa年号
ニシマツカサトカゲルゴッサ基亜種Tiliqua rugosa rugosa1825年
ヒガシマツカサトカゲアスパー最大亜種Tiliqua rugosa asper1845年
ロットネスマツカサトカゲオノイー最小亜種Tiliqua rugosa konowi1958年
シャークベイマツカサトカゲパラーラ希少亜種Tiliqua rugosa palarra 2000年


生態

草原森林や乾燥した荒れ地などに生息する。
雑食性で何でもよく食べ昆虫、カタツムリミミズ甲虫の幼虫・動物の死骸、花、果実などを食べる。
昼行性だが昼間から眠って過ごすことも多い。(出典:英名のSleepy Lizard(ねぼすけトカゲ)の由来となっている。)
自然下では春に植物質のえさを食べて栄養をたくわえ、食料の乏しくなる夏から秋にかけては食事量が少なくなり冬眠する。
冬眠明けの早春に出産ピークを迎える。
親の半分ほどのベビーは、春の間にたくさん食べ、厳しい夏の天候に耐えられるように大きく成長する。
飼育下でも低温下では冬眠する。
飼育下での寿命は10年~30年(ただし自然下での寿命は不明)

天敵

ディンゴ・飼い犬・野良猫などの哺乳類
ペレンティモニター(オーストラリアオオトカゲ)・レースモニターなどの大型爬虫類
オナガイヌワシなどの猛禽類
その他 自動車にひかれて死亡する個体も多い。

繁殖について

繁殖様式は卵胎生。1回に1頭・まれに2頭の幼体を産む。
現地の立て看板やドキュメンタリー番組によると一度カップルが成立すると生涯相手を変えないとされている。(←飼育下で要検証)
繁殖期以外は別々に単独行動する。
冬眠明けに毎年同じつがいが出合い仲良く寄り添い(人間にはそう見える)繁殖行動をとる。

人為繁殖について

不明な点が多く確立されていない。他のトカゲ同様クーリングさせることで繁殖活動が活発化することは知られている。メスは性成熟に数年かかると思われる。

人間との関係

動物園水族館で飼育されたりペットとして飼育される。人為的な繁殖は非常に難しい。現地の立て看板ドキュメンタリー番組によると動きが緩慢なので現地では自動車にひかれて死亡することが多い動物の一つとなっている。オーストラリアでは動物の輸出入を厳しく禁止しているため高額で入手しづらい爬虫類の一つとなっている。性格はおとなしく人にもよく慣れ丈夫で飼いやすい個体が多い。

アオジタトカゲとのハイブリッド種

アオジタトカゲとマツカサトカゲのハイブリッド種というものが存在しペットとして流通したことがあるがどのような経緯で作出されたものか不明である。

マツカサトカゲの飼育方法

水槽

ベビー単体なら45センチ~60センチ水槽
成体なら60~90センチ水槽で単独飼育が可能である。大型種であるが尻尾と手足が短いため比較的コンパクトに飼える。
比較的おとなしいトカゲであるがはげしくかむ個体、気性のあらい個体などもいるため個体同士の相性もあり単体での飼育が望ましい。オスメスペアであっても繁殖期以外は別で飼う。
同じ水槽で複数頭 飼育すると仲良く、くっついて寝ているように見えることもある。しかし一番心地よいところ・暖かいところを奪い合いお互いに譲らない結果同じ場所で寝ているだけであり飼い主の理解していないストレスが多々ある。(広いお庭で放し飼いができるなら問題はない)
 仲良くしているように見えても立場の強弱が自然にできて弱い方は虐げられストレスを抱えるようになる。(爬虫類全般に共通する)
大きなシェルターは必要ないが隠れる場所を用意する。もぐりこめるように布状のヤシガラシート・古タオル新聞紙などでもよい。 慣れればつま先を切った靴下の中で寝る個体もいる。もぐる・かくれる・掘るができない水槽は落ち着くことのできない空間であり大きなストレスとなる。体を丸めて休息するため丸まった状態で就寝できる隠れ家が必要となる。

床材

粗目のヤシガラ(ハスクチップ)のマットを使用する。もぐる・ほるが好きなトカゲなのでペットシーツはよくない。目に刺さる牧草や、においのある猫砂なども避ける。
誤飲しないよう粗目の物を使用すること。(餌をあたえるとき注意してやる。床材のヤシガラを口に含んでいたらピンセットで取り除いてやること。)

ライト ・日光浴

スキンクなので紫外線要求量は高くないがクル病予防のため80~100WのUVライトをつけてやる。 食後のバスキングは行わない個体も多いが用意して温度勾配をつける。
晴れている日は5~10分の日光浴をさせてあげられればなおよい。(日光浴中は熱射病にならないよう、カラスに襲われないように決して目を離さない、離席しないこと)

野菜

小松菜サラダ菜サニーレタスチンゲン菜グリーンリーフサンチュなどくせ・灰汁の強くない葉野菜
ニンジンカボチャサツマイモなどの根菜(ゆでるかピーラーで薄くスライスして与える。)

果物

バナナパイナップルミカンリンゴトマトなど。糖度が高いのでたまに与えるにとどめる。回数・量は少なめに。

生餌(市販の物)

ピンクマウスイエコオロギフタホシコオロギミルワームデュビアハニーワームなど。管理が一番簡単なのはデュビアである。

冷凍エサ

雛ウズラ・ピンクマウス・レップミールなど。雛ウズラを小さい個体に与える時は小さくは切ってあげる。

肉類

鶏肉は生で与えられるが豚肉・牛肉は加熱して与える。
カタツムリは寄生虫の心配があるため、代わりにホタテ貝アサリの水煮を与える。
その他ゆで卵なども食べる。
(痛風・肥満の原因になるため肉類は頻繁に与えず、たまのごちそうにとどめる。)

合成フード

爬虫類用の人工飼料、ドッグフードキャットフードなど何でもよく食べる。

乾燥系のえさ

乾燥コオロギ・乾燥ミルワーム煮干し干しエビ・乾燥シルクワームなど
そのままバリバリ食べるので常温で保存がきき便利である。

採集可能な天然のえさ

乾燥ミミズミミズジャーキー):雨上がりなどに道路や側溝で干からびたミミズを簡単に採集することができる。ハサミで切って与えると喜んで食べる。生の物より扱いやすく見つけやすい。
コガネムシカナブンの幼虫:暑い季節にバラの木の根元を掘るとたくさん見つかる。
大きく強い顎を持っているので必ず頭をピンセットでつぶしてから与える。マツカサトカゲの好物の一つ。
バッタコオロギ:暖かい季節に良く見つけられる。公園や空き地、河原などの草むらで虫取り網を左右に動かし採集していく。狩りが下手なのでしっかりピンセットで与える。
ゴキブリデュビア同様、家の周りで見つかる日本産のゴキブリも問題なく食べる。
ヤブガラシブドウ科・五枚葉のつる植物。新芽はおひたしにして人間も食べられる。リクガメが食べる野草の一つでマツカサトカゲも食べる。

給水

水入れを用意する。水入れから飲まない個体もいるのでスポイトで飲ませる、水でふやかしたフードを与える、野菜や果物を与えるなど、脱水予防に常に留意する。
ミネラル・塩分など気になる場合は小鳥用の塩土を置いておくと自分でかじって調節する。

温度管理

飼育温度は23~32度程度。幼体は成体より高い温度が望ましい。真夏の36度でも直射日光さえ浴びなければ元気で食欲も落ちない。
16~18度以下になると活動・食欲がおちるので冬は注意する。(保温のし過ぎに注意)
秋~冬~春は底面ヒーター水槽の底半分の面積を保温する。
春と秋の夜間および冬は終日、保温球(40~60W)か暖突で水槽内を保温する。

温浴

温浴はほとんどの個体が嫌がりストレスになるので頻繁に行わない。
便秘の時や脱皮前後など限られた場合のみでよい。

出典

学習研究社刊行 学研の図鑑 「爬虫・両生類」1973年版 カラー38ページ

別表記

テラチドサウルスシングルバック松毬蜥蜴

注意事項

この記事は他の辞典で受け入れられず削除された記事です。ほかの辞典への引用・転載はおやめください。

関連項目

トカゲ爬虫類
ニシマツカサトカゲヒガシマツカサトカゲロットネスマツカサトカゲシャークベイマツカサトカゲ

pixivに投稿された作品 pixivで「マツカサトカゲ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1169

コメント