ピクシブ百科事典

マツカサトカゲ

まつかさとかげ

マツカサトカゲ(Tiliqua rugosa rugosa)は、爬虫類 爬虫綱 有鱗目 トカゲ科マツカサトカゲ属マツカサトカゲ種に分類されるトカゲ。
目次[非表示]

概要

マツカサトカゲ(Tiliqua rugosa)は、爬虫類 爬虫綱 有鱗目 トカゲ科マツカサトカゲ属マツカサトカゲ種に分類されるトカゲ。
現在、ニシマツカサトカゲヒガシマツカサトカゲシャークベイマツカサトカゲロットネスマツカサトカゲの4亜種から構成される。各亜種についての詳細はリンク各項目を参照。

学名

Trachydosaurus rugosus

英名

  • Sleepy Lizard(ねぼすけトカゲ)
  • Pinecone Lizard(マツボックリトカゲ)
  • Shingleback skink(小石だらけの背中のトカゲ)
  • Stump-tailed skink(切り株しっぽとかげ)

分布

オーストラリア連邦 オーストラリア西部から南部・南部から東部の主に海岸沿いの内陸部に分布
森林・乾燥した荒れ地に生息する。
オーストラリアの南側の海岸沿い内陸部に生息する理由として北部には捕食者のイリエワニオーストラリアワニジョンストンワニ)が、さらに中部から西部にかけてオーストラリア最大のオオトカゲであるペレンティモニターオーストラリアオオトカゲ)が生息していることが考えられる。フトアゴヒゲトカゲレースモニターとの生息競合もあり自然と今の分布になったと考えられる。

形態

成体で45~50センチメートルに成長する。(ロットネス亜種のみ30センチ前後)
舌は濃い青紫色。口腔内は明るいピンク色。
アオジタトカゲのような鮮やかなブルーの舌でない。ほぼ黒に近い。)
普段はひどく臆病でおとなしいが危険を感じると口を大きく開け舌を出して威嚇する。
動きが緩慢なトカゲだが太陽の紫外線下では俊敏に行動する。
短い尻尾に栄養をため大きく肥大するためどちらが尾か頭部かわかりにくくこれによって外敵を混乱させて身を守っていると推測される。
脱皮を繰り返し成長する。

個体差が激しく外見上から雌雄判別することは困難である。

顱頂眼【ろちょうがん】がレンズ状に発達している。
顱頂眼(もしくは頭頂眼)は光の感受性を持った「第三の目」で体温の維持に役立っていると言われている。

松かさのような強靭なうろこに覆われる。幼体の体は柔らかいが成体の体はワニ革のハンドバッグような硬さがあり外敵を寄せ付けない。

雌雄の判別

個体差が激しく外見上から雌雄判別することは困難である。

オスは鼻筋が太い・メスは鼻筋が細い鼻筋の細いオスが存在する。雌雄は関係ない。
オスは頭が大型化する。エラがはっているのがオスである頭部の小さいオスが存在する。頭の大きさや形は雌雄は関係ない。
色がはっきりしているのがオスである色の違いは生息地の違いと個体差であり雌雄は関係ない。
尻尾が太く長いのがオスである栄養状態で尻尾の形状が変化する。亜種によって尻尾の形状が異なり個体差もあるのでこれをもってして雌雄判別はできない。
ポッピングは強い力で絞り出すためしっぽや背骨を損傷する可能性があるので避けるべきである。

分類

日本での呼称別名亜種分類英名Tiliqua rugosa年号
ニシマツカサトカゲルゴッサ基亜種Tiliqua rugosa rugosa1825年
ヒガシマツカサトカゲアスパー最大亜種Tiliqua rugosa asper1845年
ロットネスマツカサトカゲオノイー最小亜種Tiliqua rugosa konowi1958年
シャークベイマツカサトカゲパラーラ希少亜種Tiliqua rugosa palarra 2000年


生態

草原森林や乾燥した荒れ地などに生息する。
雑食性で何でもよく食べ昆虫、カタツムリミミズ甲虫の幼虫・動物の死骸、花、果実などを食べる。
昼行性だが昼間から眠って過ごすことも多い。(出典:英名のSleepy Lizard(ねぼすけトカゲ)の由来となっている。)
ほとんどの個体が昼行性だがまれに薄明薄暮性の個体もいる。そういう個体は強い明るい光を嫌う。
自然下では春に植物質のえさを食べて栄養をたくわえ、食料の乏しくなる夏から秋にかけては食事量が少なくなり冬眠する。
冬眠明けの早春に出産ピークを迎える。
親の半分ほどのベビーは、春の間にたくさん食べ、厳しい夏の天候に耐えられるように大きく成長する。
飼育下でも低温下では冬眠する。高温多湿にやや弱い。
飼育下での寿命は10年~30年(ただし自然下での寿命は不明)

天敵

ディンゴ・飼い犬・野良猫などの哺乳類
ペレンティモニター(オーストラリアオオトカゲ)・レースモニターなどの大型爬虫類
オナガイヌワシなどの猛禽類
その他 自動車にひかれて死亡する個体も多い。

繁殖について

繁殖様式は卵胎生。1回に1頭・まれに2頭の幼体を産む。
現地の立て看板やドキュメンタリー番組によると一度カップルが成立すると生涯相手を変えないとされている。(←飼育下で要検証)
繁殖期以外は別々に単独行動する。
冬眠明けに毎年同じつがいが出合い仲良く寄り添い(人間にはそう見える)繁殖行動をとる。

人為繁殖について

不明な点が多く確立されていない。他のトカゲ同様少しクーリングさせることで繁殖活動が活発化することは知られている。性成熟に何年かかるかなど不明な点が多い。

人間との関係

動物園水族館で飼育されたりペットとして飼育される。人為的な繁殖は非常に難しい。現地の立て看板ドキュメンタリー番組によると動きが緩慢なので現地では自動車にひかれて死亡することが多い動物の一つとなっている。オーストラリアでは動物の輸出入を厳しく禁止しているため高額で入手しづらい爬虫類の一つとなっている。性格はおとなしく人にもよく慣れ丈夫で飼いやすい個体が多い。

アオジタトカゲとのハイブリッド種

アオジタトカゲとマツカサトカゲのハイブリッド種というものが存在しペットとして流通したことがあるがどのような経緯で作出されたものか不明である。

マツカサトカゲの飼育方法

水槽

ベビー単体なら45センチ~60センチ水槽
成体なら60~90センチ水槽で単独飼育が可能である。大型種であるが尻尾と手足が短いため比較的コンパクトに飼える。
比較的おとなしいトカゲであるがはげしくかむ個体、気性のあらい個体などもいるため個体同士の相性もあり単体での飼育が望ましい。オスメスペアであっても繁殖期以外は別で飼う。
同じ水槽で複数頭 飼育すると仲良く、くっついて寝ているように見えることもある。しかし一番心地よいところ・暖かいところを奪い合いお互いに譲らない結果同じ場所で寝ているだけであり飼い主の理解していないストレスが多々ある。(広いお庭で放し飼いができるなら問題はない)
 仲良くしているように見えても立場の強弱が自然にできて弱い方は虐げられストレスを抱えるようになる。(爬虫類全般に共通する)
大きなシェルターは必要ないが隠れる場所を用意する。もぐりこめるように布状のヤシガラシート・古タオル新聞紙などでもよい。 慣れればつま先を切った靴下の中で寝る個体もいる。もぐる・かくれる・掘るができない水槽は落ち着くことのできない空間であり大きなストレスとなる。体を丸めて休息するため丸まった状態で就寝できる隠れ家が必要となる。

床材

粗目のヤシガラ(ハスクチップ)のマットを使用する。もぐる・ほるが好きなトカゲなのでペットシーツはよくない。目に刺さる牧草や、においのある猫砂なども避ける。
誤飲しないよう粗目の物を使用すること。(餌をあたえるとき注意してやる。床材のヤシガラを口に含んでいたらピンセットで取り除いてやること。)

ライト ・日光浴

スキンクなので紫外線要求量は高くないがクル病予防のため80~100WのUVライトをつけてやる。 食後のバスキングは行わない個体も多いが用意して温度勾配をつける。
晴れている日は5~10分の日光浴をさせてあげられればなおよい。(日光浴中は熱射病にならないよう、カラスに襲われないように決して目を離さない、離席しないこと)

野菜

小松菜サラダ菜サニーレタスチンゲン菜グリーンリーフサンチュなどくせ・灰汁の強くない葉野菜
ニンジンカボチャサツマイモなどの根菜(ゆでるかピーラーで薄くスライスして与える。)

果物

バナナパイナップルミカンリンゴトマトなど。糖度が高いのでたまに与えるにとどめる。回数・量は少なめに。

生餌(市販の物)

ピンクマウスイエコオロギフタホシコオロギミルワームデュビアハニーワームなど。管理が一番簡単なのはデュビアである。

肉類

鶏肉は生で与えられるが豚肉・牛肉は過熱して与える。
カタツムリは寄生虫の心配があるため、代わりにホタテ貝アサリの水煮を与える。
その他ゆで卵なども食べる。

合成フード

爬虫類用の人工飼料、ドッグフードキャットフードなど何でもよく食べる。

乾燥系のえさ

乾燥コオロギ・乾燥ミルワーム煮干し干しエビ・乾燥シルクワームなど
そのままバリバリ食べるので常温で保存がきき便利である。

採集可能な天然のえさ

乾燥ミミズミミズジャーキー):雨上がりなどに道路や側溝で干からびたミミズを簡単に採集することができる。ハサミで切って与えると喜んで食べる。生の物より扱いやすく見つけやすい。
コガネムシカナブンの幼虫:暑い季節にバラの木の根元を掘るとたくさん見つかる。
大きく強い顎を持っているので必ず頭をピンセットでつぶしてから与える。マツカサトカゲの好物の一つ。
バッタコオロギ:暖かい季節に良く見つけられる。公園や空き地、河原などの草むらで虫取り網を左右に動かし採集していく。狩りが下手なのでしっかりピンセットで与える。
ゴキブリデュビア同様、家の周りで見つかる日本産のゴキブリも問題なく食べる。
ヤブガラシブドウ科・五枚葉のつる植物。新芽はおひたしにして人間も食べられる。リクガメが食べる野草の一つでマツカサトカゲも食べる。

給水

水入れを用意する。水入れから飲まない個体もいるのでスポイトで飲ませる、水でふやかしたフードを与える、野菜や果物を与えるなど、脱水予防に常に留意する。
ミネラル・塩分など気になる場合は小鳥用の塩土を置いておくと自分でかじって調節する。

温度管理

飼育温度は23~28度が適温。バスキングスポットは32~35度程度。
16~18度以下になると活動・食欲がおちるので冬は注意する。(保温のし過ぎに注意)
日本の夏はマツカサトカゲには酷なのでエアコンで対応する。
秋~冬~春は底面ヒーター水槽の底半分の面積を保温する。
春と秋の夜間および冬は終日、保温球(40~60W)か暖突で水槽内を保温する。

温浴

温浴はほとんどの個体が嫌がりストレスになるので頻繁に行わない。
便秘の時や脱皮前後など限られた場合のみでよい。

マツカサトカゲの病気と治療方法

ほとんどの病気が人間用の薬で対応できる。常に観察し異常を感じたらすぐに対応できるようにしておきたい。頑強な種であるためほぼ自己治療で対応できるが緊急の場合や難しい病気の場合に備えて近くに爬虫類を見てくれるかかりつけのクリニックを探しておこう。

結膜炎

ライトが近すぎたり強すぎると目を傷める。砂の床材バスキングストーンなどで目を傷つけると結膜炎になる。(瞼が腫れピンク色になるので判断できる)人間用の抗菌目薬をさす事で治療できる。
目ヤニがひどかったり、まぶたが腫れて開かなくなっていたら獣医さんに相談すること。

鼻水

人間と同じで寒いとくしゃみをし鼻水を垂らす。通常より暖かくしてやる。
暖かくしても鼻水を垂らす場合は漢方薬をひとつまみごく少量えさに混ぜる。
改善しないときは獣医さんの処方薬(バイトリルなど)を飲ませる。
こじらせると肺炎になり死に至るので早めの対応が望ましい。
寒くない季節に床材のヤシガラの粉などで常にするくしゃみ風邪ではないので問題ない。

肥満

エサのやりすぎでおこる。エサの回数・量を減らす。ベビーなら毎日か隔日・ヤングなら隔日か二日おき・アダルトなら3~5日に一回というように調節する。
特に高たんぱくのえさが短命の危険因子と言われているため肉類や合成フードをひかえめにするとよい。おやつ程度の少量の野菜果物を毎日 水分補給として与えても問題はない。

爪飛び指とび

老化によって代謝が悪くなると爪飛び・指とびする。
老個体は爪が巻いたように長く伸びている。(その場合は爪切りしてやる)
若い個体は 栄養失調で脱皮不全が起きると指とびする場合がある。脱皮がうまくいかないと「くりんくりんに巻いた靴下」のようになり血行が阻害され壊死をおこし指が落ちる。(そのため脱皮の前後は温浴させる。脱皮の時 必要以上に皮をむかないで出来るだけ自力でぬがせる。手先指先などに皮が残っている場合は温浴させ取り除いてやる。)

クル病

紫外線不足でカルシウムが吸収できないと起こる。5分から10分程度の日光浴を週1~3日、それが無理であれば紫外線ライトを常設する。エサは同じものばかりでなくできるだけいろいろなものを与える。クル病は骨の代謝異常の病気であり紫外線要求量の少ないマツカサトカゲのようなスキンク類で起こることはまれである。
背骨が曲がったり腰やしっぽの骨がまがっていても大概はクル病ではない。

  • 生まれつきの背骨の曲がり(アオジタトカゲやマツカサトカゲにはよくある)
  • 成長途中に暴れていてぶつけて骨が曲がってしまった(腰折れ尾まがり
  • レバーの与えすぎによるビタミンA中毒による背骨の奇形(レバーを与えないようにする)
 などが考えられる。
食欲があり元気な場合は心配する必要はない。エサに煮干しや干しエビを与えていればカルシウム剤は必要ない。(カルシウムも過ぎれば尿酸結石の原因となる。)

うろこの剥離

けがなどで細菌がはいると化膿し治癒した後に、うろこがごっそりはがれ落ちて下の筋肉が露出することがある。
怪我して化膿した時はヨウ素で消毒し人間用の化膿止めの軟膏を塗る。
治癒した後、うろこがはがれおちたときはヘパリン配合の軟膏を塗り再生を促す。通常は剥がれ落ちた部分の肉が盛り上がりうろこは再生する。

下痢

下痢した場合は脱水が心配なので必ずスポイトなどで給水する。
特に心配ないが下痢が続くようなら獣医さんに相談する。

便秘

原因として考えられるのは

対処方法としては 水を与え、日光浴させ散歩させると大概 排便する。
それでも排便しないときは温浴させる。
頑固な便秘には整腸剤のレプラーゼビオフェルミン)を与える。
それでも排便しないときは獣医さんに相談する。

拒食

原因として

  • 温度が低すぎる(室温の見直し・底面ヒーターがきちんと機能しているか確かめる)
  • 精神的なストレス(床材がほるもぐることができないものであったりかくれるところがないとストレスを抱える。飼い主が触りすぎるのも良くない。)
  • クル病虫歯 あごの異常などの病気による疼痛
拒食の時はエサの種類をペースト状のささみ離乳食バナナプリンなどなめて摂取できる柔らかいものに変えてみる。
温度や床材・餌の種類を改善しても食べない場合は獣医さんに相談する。

偏食

「生肉や卵なら食べるが他の物を食べてくれない」というのは偏食であり、拒食ではない。
食べ物の好き嫌いがあることは病気ではない。
ひどく痩せていなければ食べてくれるものを与えればよい。
置き餌しておくと知らない間に食べることもあるので乾燥コオロギなどを置いておくとよい。

脱水

夏バテ・下痢・冬季の保温のしすぎなどで脱水を起こす。
脱水をおこすと目の周りがおちくぼみ、おなかが凹み、体に張りがなくなる。
健康な正常個体は体に張りがある。)
後頭部のうろこが小さくしぼむ。体全体のうろこもしわが多くなる。
温浴させると飲む」とよく言われるが実際は怖がって暴れるだけで飲んでくれない個体が多い。
水入れから自分で飲まない個体にはスポイトで鼻先にたらすと舐める。
脱水がひどいときには薄めたリンゴジュースなどを与える。

腫物・腫瘍

明らかに異常なはれものができた場合は獣医さんに相談する。
膿瘍と腫瘍に別れ
膿瘍は膿がたまったはれもので膿を排出し抗菌薬を塗布すれば治る。
腫瘍は悪性のものはいわゆる癌であり獣医さんに相談する。
顔や目の周りは危険なので自己判断せず獣医さんにお願いしよう。

ダニ

トカゲに寄生するダニがおり、駆除するのは難しいので獣医さんに相談して駆虫薬を処方してもらう。そのうえで水槽内をこまめに掃除する。
さらにオリーブオイルなどの油でマッサージして窒息させ洗い流す。
有機リン系の殺虫剤は強いので獣医さんの指示なしに安易にマツカサトカゲに使用しないこと。

出典

学習研究社刊行 学研の図鑑 「爬虫・両生類」1973年版 カラー38ページ

別表記

テラチドサウルスシングルバック松毬蜥蜴

注意事項

この記事は他の辞典で受け入れられず削除された記事です。ほかの辞典への引用・転載はおやめください。

関連項目

トカゲ爬虫類
ニシマツカサトカゲヒガシマツカサトカゲロットネスマツカサトカゲシャークベイマツカサトカゲ

pixivに投稿された作品 pixivで「マツカサトカゲ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 865

コメント