ピクシブ百科事典

ローリングタートル

ろーりんぐたーとる

ローリングタートルとは、星のカービィシリーズに登場するキャラクター(メイン画像右)である。

概要

 ローリングタートルとは『星のカービィ 夢の泉の物語』に登場した中ボスの一体で、撃破後吸い込むとスロウをコピーすることができる。
 眠そうな目をした亀のような姿をしている。
 小亀を転がしたり、自分が転がったり、カービィを投げ飛ばしたりして攻撃してくる。
 名前の由来は転がることから「ローリング」、スロウ(throw)→スロー(slow)→鈍い→→「タートル」だと思われる。









 さて、ここから本題に入るがこのローリングタートル。実は『夢の泉の物語』より後の作品で再登場したことが無い。
 リメイク作品である『夢の泉デラックス』でも何故かファンファンに差し替えられており、それ以降もキーホルダーステッカー等のチョイ役含み一度として再登場していない。

 一説には、子供(のような亀)を投げつける攻撃が倫理的に問題視された、見た目が某緑の恐竜をイメージするため等の説が上がっているが実際のところは不明。

 一応、『夢の泉の物語』の発売時期に連載した漫画(ひかわ版等)では『夢の泉デラックス』が発売された後も時たま出ていたため、覚えている人は結構いると思われる。

 尚、原作での出番が本当に一回しかないキャラは割と他にいるが、比較的最近登場したばかりだったり、ザコキャラをそのまま大きくしたような姿だったりが原因で、あまり話題に上げられない。ローリングタートルの場合、リメイク作品で全く別のキャラに差し替えられたというのが響いているのだろう。

 因みに初登場からだいぶ経つのに再登場せず、リメイクで差し替えられたキャラは他に『スーパーデラックス』のカプセルJがいる。こちらも完全に差し替えられているが、差し替えられたキャラがカプセルJ2と面影が多少残っている。まあそのカプセルJ2も後にカプセルJ3にポジションを取られてしまうのだが。

 また中ボスでは『星のカービィ2』で登場したワイユーも長らく出番がなかったのだが、こちらは『スターアライズ』にて反則レベルな方法で再登場を果たした

コミカライズ版『デデデでプププなものがたり』では旧作の1巻~25巻に至るまで何度もモブキャラとして登場し続けており、ある意味こちらが本命とも言える。原作での出番が本当に一回しかないキャラで出番が多いのは他にバッツがいる。

関連タグ

中ボス
ファンファン(カービィ)
スパイニーニードラス・・・同じく『夢の泉デラックス』で差し替えられた敵
バウンダーギップ・・・同じく『夢の泉デラックス』で差し替えられた敵
カプセルJカプセルJ2カプセルJ3・・・『USDX』『RBP』で差し替えられた敵
バッツ・・・同じくゲームよりもデデププが本命の敵
プログライズキー・・・「~ing+動物の英名」を主な名称とする変身アイテム

関連記事

親記事

夢の泉の物語 ゆめのいずみのものがたり

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ローリングタートル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 795

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました