2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

中ボスタワー

ちゅうぼすたわー

『星のカービィ』シリーズの作品にたびたび登場する、中ボスとの連戦をテーマにしたステージ。
目次[非表示]

概要

初登場は『星のカービィ 夢の泉の物語』におけるレインボーリゾート(7-2)。
タワーの名称どおり、塔を上りつつ各部屋に待ち構えている中ボスを相手に戦っていく。
中ボスを倒すことで獲得できるコピー能力が場合によっては次の戦いの攻略のカギになっていることもある。
広義のボスラッシュとも言えるが、あくまでも中ボスに限定した敵キャラクターだけを選定しているというテーマにこだわりがあり、大ボスの類は登場しない。
また、隠し扉から高難易度版のフロアへと侵入できるのも特徴で、スペックが大幅に上がり並みのボスより撃破が困難になった中ボスの連戦を勝ち抜けば多くの報酬を得てゴールできるという、挑戦状的なテーマも隠されている。

各作品ごとの特徴

夢の泉の物語/夢の泉デラックス

初登場作品。『夢の泉の物語』では隠し扉が分かりにくいが、『夢の泉デラックス』では鉄格子のような形になっているため分かりやすくなっている。
隠し扉の方は4戦目(ボンカース)以降のボスと戦うことになり回数自体は減っているが、スピードが上がっており動きは激しくなっている。その代わり、ファイアーライオン撃破後に1UPを5つ入手できる(『物語』では中央のものを取るとなぜか2UPするため、全部で6UPする)。
グランドウィリーのみ未登場。7-5に登場するから?
BGMは、『物語』では闘技場のもの、『デラックス』では所謂「デデデ大王のテーマ」である。

戦闘順戦う中ボス(スラッシュ右はリメイクでの差し替え)
1戦目ポピーブロスSr.
2戦目Mr.チクタク
3戦目Mr.フロスティ
4戦目ボンカース
5戦目ローリングタートル/ファンファン
6戦目バグジー
7戦目ファイアーライオン

星のカービィ3

5-6に登場。中ボスオンリーのステージではなく、途中にザコ敵のいるフロアもある。ザコ敵やボスの能力を持ち越さないとエンジェルの羽を集めることができない。
高難易度ステージは存在しない。

登場フロアキャラクター名
1フロア目スパーキー
2フロア目ブロッキー
3フロア目ジャンパーシュート
4フロア目ユキ
5フロア目サーキブル
6フロア目ハボキ
7フロア目ボブー
8フロア目キャプテンステッチ

星のカービィWii

レベル5「ナッツヌーン」のステージ5が該当。
BGMや隠し入り口等、『夢の泉デラックス』を強くイメージしていることがうかがえる。
初挑戦時は、倒した中ボスは必ずコピーしておくこと。エナジースフィアの入手に必要となる。
『夢の泉』と異なり、隠しルートの方が多くの中ボスと戦うこととなる。また、連戦や2対1といったシチュエーションも存在。

通常ルート

戦闘順キャラクター名
1番目ギガントエッジ
2番目マウンデス
3番目ウォーターガルボロス
4番目ドゥビア


隠しルート

戦闘順キャラクター名
1番目ウォーターガルボロス
2番目キングスドゥ→ドゥビア
3番目ザンキブル&ギガントエッジ
4番目ボンカース&マウンデス


関連動画

中ボスタワー(夢の泉デラックス)



関連タグ

星のカービィ 中ボス ボスラッシュ

星のカービィシリーズのボスラッシュモード

かちぬきボスバトル ぼすぶっち 格闘王への道 ヘルパーマスターへの道 真・格闘王への道 勝ち抜きサバイバル

関連記事

親記事

星のカービィ ほしのかーびぃ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 572

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました