ピクシブ百科事典

ヴァルゴショック

ゔぁるごしょっく

ヴァルゴショックとは、『仮面ライダーフォーゼ』の敵幹部であるヴァルゴ・ゾディアーツのスイッチャーが発覚したのを皮切りに起きた展開で多くの人々が受けたであろうショックのことである。
目次[非表示]

概要

仮面ライダーフォーゼ』の敵であるホロスコープスの幹部の一人、ヴァルゴ・ゾディアーツ
乙女座モチーフであることから女性的なフォルムを持ち、声が田中理恵であることから、殆どの人がスイッチャーは美女であるだろう、と思っていた。

ラストワン・・・


↑:注)中の人ネタによるイメージ画図です。

しかし現実はあまりにも残酷すぎるものであった。


※第40話以降のネタバレを含みます!














乙女座の男


そう、そのスイッチャーはオッサンだったのである。
アダルトでセクシーな女幹部を想像していた人にとってはトラウマ級の衝撃だったであろう。
もっとも、デザイン担当の麻宮騎亜も「まさかオッサンが正体だとは誰も思わなかったヴァルゴですが(中略)僕自身“ええ――!?”って(一同笑)」と公式読本では語っている。

さらにショックは続く。

フォーゼ40話


その直後、ヴァルゴの正体が江本であることを知ってしまった野座間友子がダークネビュラに葬り去られてしまったのである。

えっ?そういうこと?


さらに続く第41話では、流星に仮面ライダーメテオの力を与えライダー部にも助力を与えてきたであろうタチバナの正体がヴァルゴ・ゾディアーツであることが判明。
今度は仮面ライダーメテオがダークネビュラ送りにされてしまった。


42話のネタバレを含みます!









しかし、実は江本自身も友情よりも力に屈し、親友である賢吾の父・緑郎を殺してしまったことを後悔していた。
賢吾にゲートスイッチとフォーゼシステムを渡したことも、流星をメテオにしたことも、弦太朗に一人でコズミックステイツに変身するための特訓をつませたことも、我望の野望に対抗できる「仲間」を求めていたからだったのだ。
また友子と流星も、ダークネビュラには送っておらずM-BUSに匿っていたのであった。
弦太朗も江本の真意を確め、友情の契りを交わすのであった。
ここまで書いても42話は40〜41話の勢いの余波にしか感じられないのだが
本当のショックはここからである


しかし、ダチになったばかりの江本教授はなんと1分も経たないうち
そのことを我望=サジタリウス・ゾディアーツに知られてしまい、背後から矢で射抜かれ致命傷を受けてしまう。
瀕死の状態で仮面ライダー部のメンバー達を逃がし、自身は賢吾と共に転送する。
そして、そこで賢吾に緑郎を殺したこととホロスコープスの目的を告げ、最後に緑郎に関することを告げようとしたが、リブラレオによって処刑されてしまう。
そして江本は、「最後に···友達が···」と呟き、最期を遂げるのであった・・・。

切り裂く矢と守る翼



40話から始まり42話まで連続してショックを与えるとは、
ヴァルゴ・ゾディアーツ···恐ろしい人!!

関連 (上記程ではないがネタバレ有り)

江本の名前をローマ字(EMOTO)にしてそのうちのO一つをEに変えて並び替えるとメテオ(METEO)になる。
また、ヴァルゴの正体バレの前は友子が江本教授に関心を持っていたため、流友視点で見なおしてみても面白いかもしれない。
ちなみにリブラの絡みが多かったのも『正義と天文の女神アストライアー』と天秤座との関連がある(ヴァルゴ記事参照)ほか、リブラのスイッチャーの速水公平は役者ネタで橘さんと呼ばれていたりするため『ヴァルゴの正体がタチバナ』という意味の名前繋がりだったりもするかもしれない。

ちなみに39話で
「薄ぼんやり輝く、月···。」という発言から、
「やたらと乙女っぽいな。」と指摘され、
ついには「EMOTO(江本)→OTOME(乙女)」という名前の法則まで発見されたりして
『ヴァルゴの正体は江本かもしれない』と噂されたがその通りになってしまった。

ネット版にて

ネット版では,ホロスコープス大喜利にてヴァルゴ本人がネタにした。
「『こいつネビュっちゃおうかな…』リブラ,何と言った?」というお題にて,「これ実話。『中身どんな美女かと思ったらオヤジ!』」と回答してみせた。
実話だと前置きしているが,本編ではそんな余裕はなかったものと思われる。

関連タグ

仮面ライダーフォーゼ ヴァルゴ・ゾディアーツ ホロスコープス 江本州輝 リブラショック スコーピオン・ゾディアーツ・・・・こちらは逆に怪人体の声が男性、正体が女性
似て非なるもの→山羊座ショック

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴァルゴショック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 141413

コメント