ピクシブ百科事典

不可殺

ぷるさがり

韓国の伝承に登場する不死身の怪物の名称であり、その怪物の漢字表記。
目次[非表示]

概要

韓国伝承に登場する不死身怪物
高麗王朝の末期に出現したとされ、を常食とし、元々は小さかったが鉄を喰うたびにどんどんと成長して大きくなっていったらしい。

その正体はどうしようもない程にものすっっっっっっっっっっっっごく退屈な男が暇つぶしに米粒を適当に捏ねて動物のような何かのものに縫い針を与えたら誕生した存在とされ、最終的には尻尾にを付けられて何処かへ消えてしまったと言われている。

この名は不死身の再生能力を持つヒトデのことでもあるが、伝承では(少なくとも陸の生き物ではあるようで、後には新羅に現れたという「牛のごとき異獣」と同一視されたようだが)姿は諸説あり、
ルーツは大陸では鉄を食べるとも、仏典に登場する興味本位で禍を買い求める王を懲らしめるために遣わされた獣禍(妖怪)とも。

禍



詳しい詳細についてはこちらで。

余談

詳細のリンク先にある通り、某国で作成された怪獣映画に登場する怪獣及びその題名のモチーフとなっている。

関連項目

韓国の妖怪
トレマーズ-韓国での題名がこの名。

関連記事

親記事

韓国の妖怪 かんこくのようかい

兄弟記事

コメント