ピクシブ百科事典

伊集院静

いじゅういんしずか

日本の作家、ギャンブラー
目次[非表示]

概要

山口県出身の小説家。在日韓国人2世であったが日本に帰化している。
韓国系の人物ではあるものの、珍しく日本人を批判するような事を言わない人物であり、この国に完全に埋もれてしまっている印象すら受ける。交友関係は芸能界やスポーツ界に広く、多くの人から好かれているが、逆に政治的な話はあまりしない方である。
高身長でイケメン、元電通マンと、どこかの漫画の主人公みたいな人物であり、小説や作詞した歌が売れる一方で人生は苦難の連続であった。また、税金の申告漏れでで一回捕まっており、高齢期に入ってからは後述する長年の不摂生が祟ってか、いつの間にか前歯二本を残して入れ歯になってしまった。
2016年に紫綬褒章受章。

作品を読んだことのある人間ならば、その繊細な作風から「さぞ立派な人間に違いない」と一度は絶対に思うところではあるが、実際にはアルコールに溺れて、ギャンブル漬けになっているまるでダメなおっさんである。むしろ、訓練されたファンならば大体は「京都の真冬のゴミ捨て場で生ごみみたいに転がっている」姿か「出版社の近くの雀荘で鴨られている」様子を素早く思い浮かべるだろう。なお、エッセイについては嘘も多いので話半分に留めておく事。

ただ、このような生活になってしまったのも2番目の妻であった夏目雅子さんが亡くなられてしまったのが原因だったのもあり、もし生きていられれば少し違う人生になっていた可能性も十分にあった。この件が長いこと彼の心の中で尾を引いており、精神的に整理てきるまで非常に長い年月を要した。時々失言もあるが、基本的には弱者に寄り添う事のできる優しい人間である。

代表作

機関車先生
受け月
乳房

交友関係

長嶋茂雄現役当時からの仲
松井秀喜松井の大ファン
武豊武が競輪の面白さを知るきっかけとなった
色川武大彼の小説、いねむり先生のモデルとなった。伊集院の人生に影響を与えた人物
西原理恵子古い悪友。流石に老化に勝てず前歯が二本しかないことをばらされた
鴨志田穣生前は妻であった西原と共に交友が深かく、冗談半分で泥に例えられていた

その他多数いるが、書ききれないので割愛する

pixivに投稿された作品 pixivで「伊集院静」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17

コメント