ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

駅名大阪ビジネスパーク(おおさかびじねすぱーく)
StationOsaka Business Park
所在地大阪市中央区城見1丁目3-13
事業者Osaka Metro
路線長堀鶴見緑地線
駅番号N21


概要

大阪城公園北側の城見地区、再開発ビジネス街・大阪ビジネスパークの地下に位置している。地上面からホームまで32.3mの深さがあり、Osaka Metroの駅では最も深い場所にある。このため改札とホームを結ぶ階段とエスカレーターは非常に長い。
路線図には記載されていないが、車内アナウンスで「大阪城ホール前」と案内される。長い駅名のため、駅備え付けのポケット時刻表などには、略称を用いて「OBP駅」と表記する場合がある。

改札は1か所。ビジネス街であるため平日は朝夕の利用が多い。一方で大阪城ホールの最寄り駅(ホールへは森ノ宮寄りの1号出入口が近い)でもあるため、イベント開催日は混雑しやすい。

1号出入口は、シアターBRAVA!の跡地に建設され2019年1月31日に竣工した、読売テレビの新社屋につながる。建設工事中は閉鎖されていたが、2019年2月に再び通行できるようになった。

ドーム前千代崎管区駅に所属し、同副管区駅長が当駅と京橋駅、蒲生四丁目駅を管轄する。

ホーム

駅のホームは島式1面2線 (長さ135m、幅9.7m)。ホームドア設置済み。
世界初の3連型マルチフェイスシールド機で掘削された。3本のうち中央のシールド部分をホームとし、シールドトンネルの断面を活かしたデザインとなっている。

のりば方向行き先
1東行京橋門真南方面
2西行心斎橋大正方面

幻のホーム

松下IMPビルの地下には、ビル建設時に将来地下鉄を通すために造られたホームの一部がある。1987年7に着工したが、翌年に河川を横切る施設の認可基準が変わり、隣り合う寝屋川と第二寝屋川の底より最低10mのところに建設しなければならなくなった。松下興産(のちのMID都市開発。現・関電不動産開発)が造ったこのホームは川の底より5-6m下にあったため利用できなくなり、新基準に適合したホームが大阪市により建設されたために使われなくなったため「幻のホーム」と呼ばれる。改札とコンコースは計画通りに使用。幻のホームの一部は、電気関係やポンプなどの設備室となっている。

デザインテーマ

「未来と星空」
ホームはシールドトンネルの断面を活かした丸い天井が特徴で、タイルと金属パネルを使った未来志向のデザインとなっている。コンコース壁面はキラキラ光るガラス玉を埋め込んだもの。

周辺

  • 大阪ビジネスパーク
    • TWIN21
    • 松下IMPビル(IMPホール)
    • 大阪ビジネスパーク円形ホール
    • 讀賣テレビ放送株式会社本社
    • ホテルニューオータニ大阪
    • ホテルモントレ ラ・スール大阪
    • 住友生命本社
    • いずみホール
    • クリスタルタワー
    • OBPキャッスルタワー
    • 富士通関西システムラボラトリ
    • KDDI大阪ビル
  • 大阪城公園
    • 大阪城
    • 大阪城ホール
    • COOL JAPAN PARK OSAKA


利用状況

  • 大阪市営地下鉄時代の2017年(平成29年)度の1日平均乗降人員は13,268人である。


利用状況比較表

年度乗降人員増減数増減率
2008年(平成20年)度10,993人
2009年(平成21年)度10,877人-116人-1.1%
2010年(平成22年)度10,439人-438人-4.0%
2011年(平成23年)度11,767人+1,328人+12.7%
2012年(平成24年)度11,919人+152人+1.3%
2013年(平成25年)度10,431人-1,488人-12.5%
2014年(平成26年)度12,775人+2,344人+22.5%
2015年(平成27年)度13,422人+647人+5.1%
2016年(平成28年)度13,113人-309人-2.3%
2017年(平成29年)度13,268人+155人+1.2%


外部リンク

大阪ビジネスパーク駅 (Osaka Metro公式サイト)
大阪ビジネスパーク駅 - Wikipedia

関連項目

 大阪府内の駅一覧 大阪市営地下鉄(大阪市交通局) OsakaMetro 長堀鶴見緑地線
大阪城 大阪城公園 大阪城ホール 大阪城公園駅

関連記事

親記事

大阪府内の駅一覧 おおさかふないのえきいちらん

兄弟記事

コメント