ピクシブ百科事典

天馬夜行

てんまやこう

ペガサスの後継者の1人にして、『遊戯王R』のラスボス。
目次[非表示]

以下ネタバレ注意














概要

実子をもうけなかったペガサス・J・クロフォードが自身の後継者を確保する為に世界中から集め育てた孤児「ペガサスミニオン」の一人であり、双子の兄として月行がいる。
ペガサスを尊敬しており、彼の計画を誰よりも求めていた。

決闘者王国編終了後、ペガサス最愛の人物であるシンディアのカードだけが残されていた。
これによってペガサスが死んだと確信し、また決闘によってペガサスを撃破したのが武藤遊戯である事を聞かされた彼は、ペガサスの復活と同時に遊戯への復讐を決意する。
実際にペガサスを殺したのは闇バクラだったのでこの復讐は完全に的外れの相手へ向けられたものであり、また仮に遊戯との決闘が原因だったとしても完全な逆恨みでしかないのだが、この時点ではまだ誰も知らなかった。


復讐の為に超神秘科学体系(ミスティック・サイエンス・システム)と呼ぶ研究を進めていき、その過程で千年アイテムや三幻神に宿るエネルギーの解明・応用研究の中でペガサスの遺品となっていた三邪神のカードデータを盗む。

三邪神のカード化後、ペガサス復活計画の実験台としてバンデット・キースを復活させて『邪神イレイザー』を渡し、その彼から「ペガサスを殺したのは遊戯だ」と聞かされた事で遊戯を仇敵と定めるのだが、前述の通り殺したのは闇バクラである。
このキースの嘘が無ければ今作での事件は起こらなかったと思われるので、今作の真の黒幕はキースであるとの考え方もある。

そして海馬コーポレーションのメインシステムをハッキングして乗っ取った後、ソリッドビジョンシステムを利用して遊戯達の前へと現れ、復讐計画の鍵として選んだ杏子を誘拐する。

彼女を選んだのには『心身ともに健康である』・『決闘者でない』・『遊戯へダメージを与えるのに十分な者』という3つの理由がある。
このうち『決闘者でない』というのは、そうであった場合に決闘者としての本能によって魂が分裂してしまう危険があるからだという。

兄弟として

兄の月行は「完璧」と評される程の天才であり、ペガサスを含む誰からも評価される人物であった。
しかし同じ血を分けたはずの自分はペガサスからは「ラフ・ダイアモンド(未完成)」と呼ばれ、周囲には「月行の劣化コピー」などと侮辱され続けていくうちに兄への強い劣等感を抱くようになり、また嫌うようになった。

しかし、遊戯との最終決戦前に「完璧」「未完成」の本当の意味を、また兄自身から「ペガサスが未来を感じていたのは俺ではなくお前だ」と聞かされても納得できずに動揺し、兄を罵倒してしまう。


遊戯との決闘に敗北後は決闘を続けさせた月行に強い感謝をし、三邪神のカードを破り捨てた。



デュエリストとしての強さ

過去の彼は独自のプレイングをするものの、大して強くはなかった。
しかしR本編開始後は遊戯や闇マリクをも上回る神召喚への最速コンボやレベルを生かした戦術を用いるなど、シリーズ中でもトップクラスの実力を持つ決闘者へと成長し、あの海馬を撃破するまでになった。
作中では邪神の永続禁止級の強さがクローズアップされがちなために分かりづらいが、この強さの元となったのは彼の持つ兄への劣等感であり、邪神はあくまでもそのきっかけとなったに過ぎない。最終的な彼は邪神抜きでも十分に強いのである。

使用デッキ

三邪神の高速召喚に特化した従属神デッキを使用。
その名の通り神系カードを大量に入れている上、さらにはレベルを利用したカードも多く存在する。
低級モンスターを活かして上級モンスターのレベルを利用した分裂大量召喚戦術を発揮させるのも狙いである。
また、本編とは無関係だがソロモン72柱の悪魔をモデルとしたモンスターもいくつか存在する。


関連タグ


遊戯王R 三邪神
ペガサス・J・クロフォード 天馬月行 バンデット・キース 武藤遊戯 海馬瀬人

pixivに投稿された作品 pixivで「天馬夜行」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7904

コメント