ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
山本寛は、日本のアニメ監督、演出家。

概要

1974年9月1日生まれ。大阪府出身。通称「ヤマカン」。京都大学卒業後、京都アニメーションに入社。その後、京都アニメーションの関連企業であるアニメーションDoに異動。


2006年に『涼宮ハルヒの憂鬱』でシリーズ演出。2007年に『らき☆すた』で初監督を務めるも、京都アニメーション側から「その域に達していない」と公式HPにて掲載され4話で降板。後年、その言い回しを自らネタにしている。同年6月23日をもって京都アニメーションの関連会社であるアニメーションDoを退社し、フリーとなる。


その後、アニメ制作会社Ordetを設立。代表取締役に就任。2011年、初のオリジナルアニメとなる『フラクタル-FRACTALE-』を監督。「失敗すれば引退」と語っていたが、商業的には失敗。


その後、「引退引退騒ぐアホが身近にも出だしてウザいので一時引退撤回しまーす。気が向いたらまた引退しますので(笑)。」と引退宣言を撤回した。


2019年3月にウルトラスーパーピクチャーズとの金銭トラブルが原因で破産に追い込まれた。ウルトラスーパーピクチャーズ側が「耳をそろえて借金を返せそうにない」という理由で破産申請をしたものであり、自己破産ではない。


このように他人から破産させられる方法は債権者破産と言い、大変珍しいケースである。


2019年5月27日、「自分はそもそもアニメが作れない」として廃業を発表したが、直後に発生した京都アニメーション第1スタジオ放火事件を理由に、同年9月1日「アニメーション業界からの「廃業」を撤回すると同時に、今後一切「廃業」「引退」などを仄めかす発言を封印することを誓います。」と宣言。同月23日、新作『魔法少女たち⛤』の製作を表明した。


一言居士な性格で、事件事故等が起こる度に自身のブログTwitterで挑発的な発言をする傾向にある。エゴサーチを日常的に行っていると見られ、アンチだけでなく自身に苦言を呈するファンにまで一々噛みつくことから、トラブルが絶えない。そのため、2018年8月以降、Twitterアカウントを4度凍結されている。


京都アニメーションとの関係

冒頭の通り、山本は京アニの元社員であるものの、退社以降はTwitterやブログで社員の悪口など京アニを侮辱する発言を振りまいてきた。


例として、『らきすた』の後任監督である武本康弘(後に放火事件で死亡)を「人柄は一流、絵は二流、演出は論外」と語ったり、同アニメでの「その域に達していない」という理由の監督解任はパワハラに当たると主張して訴訟を検討していると仄めかすなど(名誉毀損の時効を過ぎていたため、どのみち訴訟は不可能だったが)。


2009年には、アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』のエンドレスエイトにおいて、社員ではないにもかかわらずメディアに向けて勝手に釈明・謝罪。この際、京アニから「当社とは一切関係のない人」と事実上の絶縁宣言を受けている。ところが、2019年の放火事件以降は一転して京アニの元関係者である事を強調する立場をとるようになる。


事件直後に「現場に行くな」という趣旨のツイートをしながら、自身は翌日に真っ先に現場に赴いてメディアに露出していたり、社員の無事を祈る新海誠氏のツイートに「ちょっと黙っといて」と引用RTで噛みつくなど、この際にも一悶着を起こしている。更には「自作の公開を明日に控えた時に誰よりも身内よりも先に火事場ドロボーみたく現場へ急行してナンマイダー、とか普通するかね?」と自分の所業を新海氏に擦りつけている。

本件は今日に至るまで謝罪がないどころか、時折無神経にもこの発言をネタにして茶化している。


京都アニメーション側はこれに不快感を示していると思われ、山本が亡くなった社員に関して無断で語った記事が産経新聞のネットニュースに掲載された際、顧問弁護士を通じて記事を削除させたことがある。


思想

近年ではTwitterやブログでオタクとアニメへの批判を繰り返している。オタクの定義は二転三転する上、名称を「ポタク」「チンポコ団」などと呼び変えたことがあったが、おおむね「自身のアンチ」という意味で使っている。


アニメも同様で、自身も一応はアニメ業界人(しかも引退の機会を自ら撤回している)であるにもかかわらず、「ええ歳こいてアニメ観てるような人間は障害者」「アニメ・イズ・デッド」といった壮大な主張をしている。


参加作品

監督

らき☆すた』2007年 - 第4話まで

かんなぎ』2008-2009年

となりの801ちゃんR』2009年

ブラック★ロックシューター(アニメB★RS)』2009年

フラクタル-FRACTALE-』2011年

WakeUp,Girls!』2014年

薄暮』2019年


演出

週刊ストーリーランド』1999-2000年

ジャングルはいつもハレのちグゥ』2001-2004年

旋風の用心棒』2001-2002年

あたしンち』2002年-

フルメタル・パニック? ふもっふ』2003年

AIR』2005年

涼宮ハルヒの憂鬱』2006年 - シリーズ演出

Kanon』2006-2007年

おおきく振りかぶって』2007年

撲殺天使ドクロちゃんセカンド』2007年

スケッチブック ~full color's~』2007年

ケメコデラックス!』2008年


実写

怨念戦隊ルサンチマン』1997年 - 監督。自主制作

私の優しくない先輩』2010年 - 監督

『OV監督』2014年


関連タグ

アニメーター

アニメ 監督 映画監督

京都アニメーション/京アニ Ordet A-1Pictures

神前暁 水島努 岡田麿里

次郎丸太郎 - 『花咲くいろは』の登場人物。山本がモデルと言う説があるが定かではない


関連リンク

オフィシャルブログ

公式ツイッターアカウント(これで「4代目」とのこと)

山本寛 (アニメ演出家) - Wikipedia

山本寛とは (ヤマモトユタカとは) - ニコニコ大百科

山本寛とは - はてなキーワード

弁護士ドットコムでの破産「させられた」件に関するページ

概要

1974年9月1日生まれ。大阪府出身。通称「ヤマカン」。京都大学卒業後、京都アニメーションに入社。その後、京都アニメーションの関連企業であるアニメーションDoに異動。


2006年に『涼宮ハルヒの憂鬱』でシリーズ演出。2007年に『らき☆すた』で初監督を務めるも、京都アニメーション側から「その域に達していない」と公式HPにて掲載され4話で降板。後年、その言い回しを自らネタにしている。同年6月23日をもって京都アニメーションの関連会社であるアニメーションDoを退社し、フリーとなる。


その後、アニメ制作会社Ordetを設立。代表取締役に就任。2011年、初のオリジナルアニメとなる『フラクタル-FRACTALE-』を監督。「失敗すれば引退」と語っていたが、商業的には失敗。


その後、「引退引退騒ぐアホが身近にも出だしてウザいので一時引退撤回しまーす。気が向いたらまた引退しますので(笑)。」と引退宣言を撤回した。


2019年3月にウルトラスーパーピクチャーズとの金銭トラブルが原因で破産に追い込まれた。ウルトラスーパーピクチャーズ側が「耳をそろえて借金を返せそうにない」という理由で破産申請をしたものであり、自己破産ではない。


このように他人から破産させられる方法は債権者破産と言い、大変珍しいケースである。


2019年5月27日、「自分はそもそもアニメが作れない」として廃業を発表したが、直後に発生した京都アニメーション第1スタジオ放火事件を理由に、同年9月1日「アニメーション業界からの「廃業」を撤回すると同時に、今後一切「廃業」「引退」などを仄めかす発言を封印することを誓います。」と宣言。同月23日、新作『魔法少女たち⛤』の製作を表明した。


一言居士な性格で、事件事故等が起こる度に自身のブログTwitterで挑発的な発言をする傾向にある。エゴサーチを日常的に行っていると見られ、アンチだけでなく自身に苦言を呈するファンにまで一々噛みつくことから、トラブルが絶えない。そのため、2018年8月以降、Twitterアカウントを4度凍結されている。


京都アニメーションとの関係

冒頭の通り、山本は京アニの元社員であるものの、退社以降はTwitterやブログで社員の悪口など京アニを侮辱する発言を振りまいてきた。


例として、『らきすた』の後任監督である武本康弘(後に放火事件で死亡)を「人柄は一流、絵は二流、演出は論外」と語ったり、同アニメでの「その域に達していない」という理由の監督解任はパワハラに当たると主張して訴訟を検討していると仄めかすなど(名誉毀損の時効を過ぎていたため、どのみち訴訟は不可能だったが)。


2009年には、アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』のエンドレスエイトにおいて、社員ではないにもかかわらずメディアに向けて勝手に釈明・謝罪。この際、京アニから「当社とは一切関係のない人」と事実上の絶縁宣言を受けている。ところが、2019年の放火事件以降は一転して京アニの元関係者である事を強調する立場をとるようになる。


事件直後に「現場に行くな」という趣旨のツイートをしながら、自身は翌日に真っ先に現場に赴いてメディアに露出していたり、社員の無事を祈る新海誠氏のツイートに「ちょっと黙っといて」と引用RTで噛みつくなど、この際にも一悶着を起こしている。更には「自作の公開を明日に控えた時に誰よりも身内よりも先に火事場ドロボーみたく現場へ急行してナンマイダー、とか普通するかね?」と自分の所業を新海氏に擦りつけている。

本件は今日に至るまで謝罪がないどころか、時折無神経にもこの発言をネタにして茶化している。


京都アニメーション側はこれに不快感を示していると思われ、山本が亡くなった社員に関して無断で語った記事が産経新聞のネットニュースに掲載された際、顧問弁護士を通じて記事を削除させたことがある。


思想

近年ではTwitterやブログでオタクとアニメへの批判を繰り返している。オタクの定義は二転三転する上、名称を「ポタク」「チンポコ団」などと呼び変えたことがあったが、おおむね「自身のアンチ」という意味で使っている。


アニメも同様で、自身も一応はアニメ業界人(しかも引退の機会を自ら撤回している)であるにもかかわらず、「ええ歳こいてアニメ観てるような人間は障害者」「アニメ・イズ・デッド」といった壮大な主張をしている。


参加作品

監督

らき☆すた』2007年 - 第4話まで

かんなぎ』2008-2009年

となりの801ちゃんR』2009年

ブラック★ロックシューター(アニメB★RS)』2009年

フラクタル-FRACTALE-』2011年

WakeUp,Girls!』2014年

薄暮』2019年


演出

週刊ストーリーランド』1999-2000年

ジャングルはいつもハレのちグゥ』2001-2004年

旋風の用心棒』2001-2002年

あたしンち』2002年-

フルメタル・パニック? ふもっふ』2003年

AIR』2005年

涼宮ハルヒの憂鬱』2006年 - シリーズ演出

Kanon』2006-2007年

おおきく振りかぶって』2007年

撲殺天使ドクロちゃんセカンド』2007年

スケッチブック ~full color's~』2007年

ケメコデラックス!』2008年


実写

怨念戦隊ルサンチマン』1997年 - 監督。自主制作

私の優しくない先輩』2010年 - 監督

『OV監督』2014年


関連タグ

アニメーター

アニメ 監督 映画監督

京都アニメーション/京アニ Ordet A-1Pictures

神前暁 水島努 岡田麿里

次郎丸太郎 - 『花咲くいろは』の登場人物。山本がモデルと言う説があるが定かではない


コメント

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    餅田むぅ

    読む
  2. 2

    河尻みつる

    読む
  3. 3

    アニキネコ

    読む

pixivision

カテゴリー