ピクシブ百科事典

忍者武芸帳

にんじゃぶげいちょう

白土三平による戦国時代を舞台とした長編貸本漫画。
目次[非表示]

概要

白土三平による、戦国時代を舞台とした長編貸本漫画
1959年から1962年にかけて三洋社から全17巻が出版された。
1967年に大島渚監督により映画化。

主な登場人物

影丸
「陰の流れ」に属し影一族を率いる。各地で百姓一揆を煽動する忍者だが、その目的は謎。

結城重太郎
出羽国伏影城主・結城隼人光春の子。父を殺し城を奪った坂上主膳を追う。

坂上主膳
伊賀抜け忍。伏影城を乗っ取るが一揆により追い出され、明智光秀影武者となる。

螢火
坂上主膳の妹。結城重太郎に思慕の念を抱く。明智十人衆を率いて影一族と戦う。

明美
影丸の妹。結城重太郎と祝言を挙げるが、蛍火に惨殺される。

無風道人
影丸の師。忍法に精通し暗殺を請け負う怪僧。

上泉信綱
陰流」の達人。戦国時代が終わろうとしている事を感じ、新時代に「陰流」を「新陰流」として残すため、その一派の邪法「陰の流れ」を隠滅するため無風を殺そうとする。

関連タグ

白土三平 忍者 漫画

関連記事

親記事

白土三平 しらとさんぺい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「忍者武芸帳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 229

コメント