ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

白土三平による、戦国時代を舞台とした長編貸本漫画
1959年から1962年にかけて三洋社から全17巻が出版された。
1967年に大島渚監督により映画化。

主な登場人物

ある種の群像劇であり、謎の人物・影丸を中心として様々な人々が交差していく。

影丸
「陰の流れ」に属し影一族を率いる。野武士を装い、各地で百姓一揆を煽動する忍者だが、その目的は謎。一度は無風道人の手で斬られて晒し首になるが、復活する。

結城重太郎
東北地方の出羽国、伏影城主・結城隼人光春の子。父を殺し城を奪った坂上主膳を追う。上泉秀胤、無風道人、宗忍性らから剣術の指南を受ける。
「陰の流れ・疾風剣」「陰の流れ・吹毛剣」「唐忍法・波の鼓」等の技を会得。

林崎甚助
坂上主膳に殺された浅野重治の子で、仇を討つため旅を続ける。結核を患い脆弱な体力を補うため、抜刀術「神明夢想流」を編み出す。結城重太郎と容姿が酷似しており、よく人違いされる。

影一族
影丸の配下。「蔵六」「くされ」「しびれ」「岩魚」「三つ」の符号で呼ばれ、それぞれ固有の特殊能力が徐々に明かされていく。「八本しめじの術」で最大8人に分身。

明美
結城重太郎が吹毛剣の特訓をする時に知り合った少女。実は影丸の妹で、様々な術を駆使する。後に結城重太郎と祝言を挙げるが、蛍火に惨殺される。

無風道人
影丸の師。忍法に精通し暗殺を請け負う怪僧。織田信長との交渉の結果、弟子の影丸の命をも狙う。

上泉信綱
「陰流」の達人。「陰流」を「新陰流」として残すため、その一派の邪法「陰の流れ」を隠滅するため無風を殺そうとするが、無風からは「出世のかざりもんに剣法を下落させた」と言われる。

坂上主膳
伊賀抜け忍。謀反を起こして伏影城を乗っ取るが、影丸が煽動した一揆によって伏影城そのものを失う。その後、自分に瓜二つの殿様を殺してすり替わろうとするが、それは影武者に過ぎず、主膳は明智光秀の影武者として生きていく羽目に陥る。

螢火
坂上主膳の妹。「忍剣・地摺り斬月」で結城重太郎の左腕を斬り落とすが、彼女自身も影丸の居合で左腕を失う。後に何度も対決するが、徐々に結城重太郎へ思慕の念を抱く。明智十人衆を率いて影一族と戦う。

織田信長
全国統一に向けて進撃中の大魔王。影丸率いる百姓一揆の抵抗に苦戦している。

木下藤吉郎
織田家家臣、非常に知恵の回る人物。後には一揆を防ぐ為に刀狩を実施する。

明智光秀
織田家家臣、明智十人衆という忍者軍団を指揮する。自分の影武者を殺した坂上主膳を脅迫し、忍術まで使える便利な影武者として配下に収めてしまう。

関連タグ

白土三平 忍者 漫画

関連記事

親記事

白土三平 しらとさんぺい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「忍者武芸帳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6735

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました