ピクシブ百科事典

惑星連合宇宙軍

わくせいれんごううちゅうぐん

「惑星連合宇宙軍」とは、「宇宙一の無責任男シリーズ:無責任艦長タイラー」に登場する、地球勢力側の宇宙軍の名称である。メイン画像は、アニメ版特別編に登場する、惑星連合宇宙軍所属の強襲駆逐艦「あらなみ」である。
目次[非表示]

概要

惑星連合宇宙軍」とは、「宇宙一の無責任男シリーズ無責任艦長タイラー」に登場する、地球勢力側の宇宙軍の名称である。

なお本項では、本作品内における地球勢力の名称である「惑星連合」に関する解説も行う。

惑星連合

地球人類を中心とした、惑星国家の連合体。
主人公・ジャスティ・ウエキ・タイラーが属する勢力である。

以下は基本的に原作版『宇宙一の無責任男シリーズ』における設定の解説となる。

下記の年表の通り、地球に残存した統合地球政府からの、宇宙に進出した地球外各惑星政府の連合体による「独立戦争」の結果、地球外各惑星政府連合体が勝利した。
という経緯で「惑星連合」が誕生した。

その後、地球で「ぶちこわしの一週間」と呼ばれる核戦争が発生し、放射能に汚染された地球を離れる形で、地球人類の銀河系内各星系への移住が進む。

そして「神聖ラアルゴン帝国」と接触、戦争が勃発する事となる。

敢えて国家元首を置かず、各惑星国家の代表議員による合議制となっており、その公平さでは長けているが、「事の決定」という点では神聖ラアルゴン帝国に劣っていた。

後にジャスティ・ウエキ・タイラーにより「銀河統一」が為され、ラアルゴンと共に「汎銀河連邦」の一勢力となり、宇宙軍ともども「タイラー一族」によって牛耳られるようになっていく。

惑星連合宇宙軍

「惑星連合」が有する宇宙軍の名称。

原作版及びリライト版では、神聖ラアルゴン帝国との長きに渡る戦争により人材が枯渇し、軍自体が疲弊してしまっていた。
そんな中、ジャスティ・ウエキ・タイラーが入隊する事により、物語が始まる。

原作版

宇宙一の無責任男シリーズ
宇宙一の無責任男

大日本帝国海軍をモチーフとしており、組織構成も近く、階級、軍服などの設定もそれに倣う。
佐官軍服の基本色は青色であり、作中では「スペース・ブルー」と呼ばれている。
また佐官用制帽には「太陽と下弦の月」の意匠が用いられている。

艦隊司令部は惑星「ブルネイ」に置かれる。

「最高司令長官」が最高上位職となり、第1シリーズ『宇宙一の無責任男』ではアドリアン・アンダーソンが在任。
他に作中では、マコト・ヤマモトイサム・フジビクトリー・キサラ・ウエキ・タイラーなどがこの要職に就くことになるが、主人公:ジャスティ・ウエキ・タイラーがこの地位に就いたことはない。

続編シリーズではタイラーが「汎銀河連邦 大統領」となったことにより、主にキサラの手により「タイラー一族の傀儡」となっていく。

アニメ版

無責任艦長タイラー

軍の階級呼称や佐官制帽に「太陽と下弦の月」の意匠が用いられるなど、原作版を踏襲している部分もあるが、
軍旗などに「白地に橙色の『日の丸』に、右上に緑色のフラッシュマーク」のデザインが主に用いられている。
戦艦乗艦員の軍服の基本色は「ブルーグレー」となっており、軍服というよりはある種の作業服に近いデザインとなっている。
なお主人公:ジャスティ・ウエキ・タイラーのみ「赤色の作業服」的な軍服を着用している

テレビアニメ版では、基本的にセッシュウ・ミフネススム・フジが、「タイラーの存在を煙たがる軍上層部」を象徴するキャラクターとして扱われていた。

新OVAシリーズでは、ミフネやフジの上位職として「幕僚長」という役職名が登場しているなど、テレビアニメ版とは更に異なる設定が存在する。

なお、アニメ版における、タイラーを艦長とした「そよかぜクルー」は、軍から「厄介者」扱いをされながらも、「組織の中の異端」として一目を置かれる存在として描かれている。

リライト版

真タイラー

基本設定は原作版に準じる。

過去編である『無責任黙示録』においては、昔は貴族制が用いられており、「貴族株」を買う事により、軍の要職に就くことか出来た。
またこの時代には、日系人の名前などに、未来世界では古語となる「漢字」が用いられていた。
(本編では漢字は公用されなくなっている。)

真・タイラーシリーズ』では、軍服は原作版、アニメ版及び、従来の軍服のイメージを踏襲しながら、全体的に極めて近未来的なデザインに変更。
メインマークがアニメ版を基とした「橙色の太陽に、右上に小さな緑色の五芒星」に統一。
佐官制帽は「鳥」や「翼」をモチーフとした意匠に変更されており、キャラクターごとにそのデザインも異なっている。
また、原作版、アニメ版に見られなかった「略帽」を被るキャラクターも存在する。

惑星連合年表

この年表のとおり、作品世界は「現在」よりも約7000年後の未来、となっている。
キャラクターの誕生年の設定を鑑みるに、年数の経過は原作版、アニメ版共通のものと思われる。

基本的に原作版である『宇宙一の無責任男シリーズ』からの年表とし、アニメ版とリライト版の設定を付け加えながらの解説とする。

西暦1993年(宇宙歴元年)
1月25日、後の「地球外国家独立運動」の主導者「マリウス・ボルツ」が誕生。

ちなみに、この1993年1月25日は、アニメ版「無責任艦長タイラー」のテレビ放映開始日であり、
この日にあやかっての追加設定となっている。

西暦2073年(宇宙歴0081年)
地球人類、金星に入植を開始。

西暦2092年(宇宙歴0100年)
金星独立戦争勃発。

西暦2093年(宇宙歴0101年)
金星、火星カリストエウロペタイタンの、各地球外国家が、統合地球政府に対して独立を宣言。
同時に「惑星連合」の発足を通告。

そして、この時点から100年を遡った1993年に誕生した、地球外国家独立運動の主導者である「マリウス・ボルツの誕生日の1月25日を「宇宙記念日」とし、
同時にその1993年を「宇宙歴元年」とした。

宇宙歴0106年
独立戦争集結。
「惑星連合」の勝利に終わる。

宇宙歴0188年
カタツムリの生態研究から、偶然ワープ航法が発見される。

宇宙歴0189年
地球人類が、銀河系内の他星系に進出を開始。

宇宙歴0209年
地球で「ぶちこわしの一週間」と呼ばれる核戦争が勃発。
これにより、放射能に汚染された地球にいられなくなった地球人類は、その全てが宇宙進出を余儀無くされ、本格的な宇宙移民時代に突入した。

宇宙歴5228年
「ぶちこわしの一週間」から約5000年後、地球人類は自然浄化が完了した地球に帰還。
しかし、惑星連合の中枢にいる、一部のエリートのみが帰還したため、地球に帰還した惑星連合首脳部と、各惑星国家の伝統的な対立の図式が確立された。

以降、各他星域で内乱や暴動が盛んに発生する。

宇宙歴6527年
地球にほど近い惑星「ブルネイ」に、惑星連合宇宙軍の艦隊司令部が置かれる。

宇宙歴6556年
銀河の中心を挟んで、地球と正反対の位置に存在した「神聖ラアルゴン帝国」との戦争が勃発。
(原作版『宇宙一の無責任男シリーズ』及びリライト版『真タイラー』での設定。)

宇宙歴6600年
平松巌」の孫娘である「平松=タイラー・真魚」がウエキ家の養子となり「真魚=ウエキ・タイラー」と名乗る。
「ウエキ・タイラー家」の誕生となる。
(リライト版『無責任黙示録』での設定。)

宇宙歴6974年
7月7日、地球、旧日本領、コシガヤ・シティーにジャスティ・ウエキ・タイラーが誕生する。
(原作版設定。)

宇宙歴6978年
アニメ版でのジャスティ・ウエキ・タイラーの生誕年。

宇宙歴6998年
ジャスティ・ウエキ・タイラー、惑星連合宇宙軍に入隊。
そして駆逐艦「そよかぜ」艦長に就任。
原作版、アニメ版、その過程は異なるが共通設定である。
アニメ版ではこの時点より、神聖ラアルゴン帝国との戦争が勃発する。
(アニメ版「無責任艦長タイラー」での物語の開始。)

宇宙歴6999年
原作版にて、ジャスティ・ウエキ・タイラーが巡洋艦「阿蘇」艦長に就任。
(原作版第1作目『無責任艦長タイラー』での物語の開始。)

関連タグ

吉岡平

宇宙一の無責任男シリーズ

宇宙一の無責任男:原作版タグ
無責任艦長タイラー:作品総合タグ及びアニメ版タグ
真タイラーリライト版タグ

神聖ラアルゴン帝国
ラアルゴン

地球 地球人
銀河

宇宙軍

pixivに投稿された作品 pixivで「惑星連合宇宙軍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87

コメント